単品リピート通販

ECサイト作成を初心者でも簡単にできる方法について

ECサイトを作成するには?初心者でも簡単にできる方法があった

近年、通販市場はスマホやタブレットの普及によって拡大を続けており、大手企業なども続々と参入しています。

その中で、個人でECサイトを立ち上げる方も増えていますが、ECサイトを一から構築するには特別な技術が必要であり、初心者が簡単に行えるものではありません。

メリカリやヤフオクで出品するのであれば誰でも簡単にできる時代になっておりますが、楽天などに正式にお店を出したり、自社サイトを立ち上げたりするのは非常にハードルが高いのです。

では一体どうしたら初心者でもECサイトを立ち上げることができるのでしょうか?

そこで今回の記事では、初心者でもできるECサイトの構築方法について説明したいと思います。 

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ECサイトを構築する方法は?

ECサイトを立ち上げる場合、実店舗の必要はありませんが、サイトを構築する必要があります。

その方法には、ASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチと言う4種類の方法があり、それぞれに特徴が異なり向き不向きがありますので、自身が作ろうとしているサイトに最適な方法を選択することが大切です。

ECサイト構築方法の選び方は?

上記の4種類の構築方法の中から、自身のサイトに最適な構築方法を選択するには、まず、どのくらいの予算をかけることができるのかを明確にする必要があります。

ECサイト構築には初期費用が掛かりますし、初期費用が抑えられた場合であっても、月額使用料などのランニングコストがかかります。

また、自身でECサイトを構築するには技術が必要ですし、サイトを構築後もメンテナンスや常に最新の状態に対応するため新しい機能を追加する必要がありますので、相応の知識と技術力のあるスタッフが常駐していることが重要となります。

そういった知識や技術がない場合、初心者でも手軽の構築できる方法を選択することになります。 

今ではBASEといった簡単にウェブサイトがつくれるサービスがあったりしますが、実際に集客をして販売をするとなると専門知識がないとうまく収益を残せません。

4種の構築方法のメリット・デメリットは?

【ASP】

ASPは、特別な開発を行う必要がないため、初心者でもECサイトを構築することができる方法です。

ASPはアプリケーションサービスプロバイダの略称で、インターネット上のアプリケーションとして提供されるサービスやその事業者のことを意味しています。

このASPは、特別な開発やサーバーを立てる必要もないため、導入にかかる時間も短く、初めての方でも簡単に始めることが可能です。

また、ASP側でシステムの管理やアップデート、セキュリティ対策などを行ってくれますので、運用の手間もかかりませんし、サポート体制も充実していますので、問題があってもすぐに対応してもらうことができます。

ただし、ASP側であらかじめ用意された機能を利用するため、基本的にカスタマイズはできず、自由に運用することは難しいと考えたほうが良いです。

また、初期費用は掛かりませんが月額使用料や各種手数料などのランニングコストがかかり、売り上げが上がるにつれて負担が増える場合もあります。

さらに、セキュリティ対策をASP側で行うため、自社で顧客管理を行うことができないというのもデメリットです。

 

【オープンソース】

オープンソースは、自由にサイトを構築することができますが、技術が必要で構築に手間がかかります。

オープンソースソフトウェアは、無料でソースコードが公開されており、誰でも自由に使用することができるため、費用を抑えることが可能です。

サーバーは自身で立てる必要がありますが、プログラミングでカスタマイズすることができます。

ただし、カスタマイズにこだわると開発に費用や時間がかかりすぎてしまうことがあります。

また、サイト構築から、導入、運営管理とすべてを行うことのできる高い技術を持ったスタッフが必要です。

さらに、ソースコードが公開されているということはセキュリティホールも公開されているということですので、万全のセキュリティ対策を行うことが重要となります。

 

【パッケージ】

パッケージは、企業が販売しているECサイト構築用のパッケージソフトを使用する方法です。 

パッケージソフトは、提供している企業のサポート体制が充実しているため、特別な技術は必要なく、導入から運営管理、セキュリティ対策まで行うことが可能です。

機能を追加開発することもでき、他のシステムとの提携を行うこともできます。

ただし、このパッケージソフトを導入するには数千万規模の初期費用が掛かり、さらに、月額の保守費用、機能追加やバージョンアップに数十万・数百万単位の費用が必要となります。

そのため、安定したサイト運営を必要とする企業のECサイトなど、大規模なサイトの構築向けと言えます。

【フルスクラッチ】

フルスクラッチは、ECサイトシステムを一から作成する方法です。

フルスクラッチは、ソフトウェアやサービスを利用せず最初からプログラミングにてECサイトを構築するため、制約もなく自由に思い通りにサイトを構築することができます。

大掛かりな開発を行いますので、かなりの時間と多大な費用がかかりますし、豊富な知識と高い技術力を必要とするため、大手企業の大規模なECサイトなどに向いた方法になります。

まとめ

上記のように、ECサイトを構築するには4種類の方法がありますが、初心者でも行える方法は費用や技術の面から考えるとASPのみです。

他の方法は、高い技術が必要であったり、多額の費用が必要であったりするため、ある程度大きな企業でなければ構築し、運営していくことが難しいと考えられます。

初心者でも手軽に行えるASPは、小規模サイトだけでなく中規模サイトでも使用できる高機能なタイプもありますので、ASPで構築する企業が増加しているようです。

まずは気軽に問合せ