単品リピート通販

単品リピート通販においてクリック率が上がる記事タイトルの付け方!

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOの台頭により、現在のマーケティングではコンテンツの出来が最重要視されるようになっています。

しかし、いくら良いコンテンツを作成しても、コンテンツのタイトルによっては、成果を得られないこともあるのです。

そこで今回の記事では、記事タイトルの付け方について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

タイトルの重要性

ユーザーがコンテンツを読む場合、まずキーワード検索を行い、その検索結果から気になるコンテンツを選択します。

その選択に、大きく影響するのがコンテンツに付けられたタイトルです。

タイトルは、ユーザーがそのコンテンツの中で初めて目にするものであり、この出来によって、ユーザーに選択されるかどうかが決まるのです。

このタイトルが、どの程度ユーザーから選択されているかは、クリック率を計測することで明確にすることが可能です。

そして、このクリック率は、コンテンツマーケティングの成果につながる重要な指標であるため、定期的に計測することが必要となります。

つまり、集客を成果と考えた場合、タイトルのクリック率を上げることができれば、集客量も大きく変わってくるということになるのです。

タイトルの出来によってクリック率が変わる!

実際に、記事タイトルの出来不出来によって、クリック率は大きく変わります。

タイトルの出来が良ければ、平均的なクリック率の倍以上の数値が出ますし、出来が悪い場合には、平均的なクリック率の半分以下ということもあるのです。

また、良い記事のタイトルを付けるというのは、その人の文才やセンスによるものだと思われがちです。

しかし、それは間違いであり、センスだけでユーザーの関心を惹く魅力的なタイトルを作成しているわけではないのです。

タイトルを作成するのに必要なのは、正しい作成方法とちょっとしたコツであり、これを正しく理解して作成することで、クリック率を上げることが可能となるのです。

タイトルの作成方法

タイトルの作成は、3段階に分けて行います。

まず初めに行うのは、タイトルを分解して考え、タイトルに含む要素を明確にするということです。

この要素は、6W2Hと呼ばれるフレームワークによって明確にすることが可能です。

6W2Hとは、誰が(WHO)、誰に(WHOM)、何を(WHAT)、なぜ(WHY)、どこで(WHERE)、いつ(WHEN)、どのように(HOW)、どのくらい(HOUMUCH)の頭文字をとったものであり、これに分解したタイトルの要素を当てはめて、作成していきます。

具体的な例として、ダイエット中の女性に向けた記事タイトルの場合

誰が   (WHO)    ダイエットインストラクターが
誰に   (WHOM)   ダイエットに失敗ばかりしている女性に
何を   (WHAT)    ダイエットに重要な5つのポイント
なぜ   (WHY)    ダイエットに苦労したからこそ伝えたい
どこで  (WHERE)   どこでもできる
いつ   (WHEN)    今すぐ使える
どのように(HOW)    誰でも簡単に5分でできる
どのくらい(HOUMUCH) 無料で教える

ダイエット中の女性に向けた記事タイトルを作成するには、その要素を上記のように、フレームワークに当てはめて考えていくのです。

このように、分解して考えていくことにより、特に重要となる要素が明確になります。

ただし、この例ではそれぞれの文言は一つですが、実際にタイトルを作成していくためには、できるだけ多くの文言を当てはめていくことが大切です。

次に行うのは、上記で当てはめたフレームワークから、特に重要となる要素を抜き出し、それを中心としてタイトルを考えていくことです。

クリック率の高い記事タイトルから分析した場合、このフレームワークの中で重要となるのは、WHAT、WHY、HOWとなるとされています。

従って、上記の例の場合、特にユーザーに訴求するべき要素は、何を伝えたいのかと言うWHATの、ダイエットに重要な5つのポイント、何を伝えたいのかと言うWHYの、ダイエットに苦労したからこそ伝えたい、どのように伝えるかと言うHOWの、誰でも簡単に5分でできるとなります。

この3つの要素を中心として、そのほかのよそも考慮しながら考えていきます。

最後に行うのは、フレームワークに当てはめた文言の選択です。

第1段階では、思いついた複数の文言を当てはめていますので、その中から適切な文言を選択していきます。

実際にクリック率の高いタイトルに使用されている文言の多くは、イメージしやすいという特徴があります。

もちろん、ユーザーそれぞれに抱くイメージは異なるものですが、できるだけ多くのユーザーが同じイメージを抱くような文言を選択し、タイトルを作成することが重要なのです。

この選択は魅力的なタイトルを作成するために非常に重要なプロセスであり、この選択によってタイトルの出来不出来が決まるといっても過言ではありません。

そのため、この選択は慎重に行う必要がありますが、自身の好みやセンスではなく、あくまでもユーザーの視点に立って行うことが大切です。

まとめ

以上のように、コンテンツにつけるタイトルは、コンテンツをユーザーに読んでもらうために非常に重要となります。

そのため、安易にタイトルを作成するのではなく、ユーザーを惹きつけ、実際にクリック率を上げるタイトルを作成することが大切なのです。

そして、そのようなタイトルを作成するためには、今回説明したようなプロセスを実践することが効果的なのです。

良質なコンテンツを作成しても、タイトルが良くないというだけで読んでもらえないということも多くあります。

そのようなことにならないように、コンテンツの作成と同様に、タイトルの作成にも注力する必要があるのです。

まずは気軽に問合せ