D2C

顧客インサイトの発掘がD2C成功の鍵である!

D2Cビジネスは、新たなビジネスとして現在広く認知されており、一般にも普及し始めています。

このビジネスの特徴は、従来のビジネスにはできない、消費者の多様化するニーズに対応できるという点です。

そして、この多様化するニーズに対応する為に重要となるのが顧客インサイトであり、これを知ることにより消費者が本当に求めているモノを知ることができるのです。

そこで今回の記事では、D2Cにおける顧客インサイトの重要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

デジタルを最大限に活用するD2C

D2Cビジネスは、今や大流行と言っても過言ではない状況となっており、日々続々と新たなD2Cブランドが誕生しています。

このビジネスが、これほど急激に成長したのは、従来の大量生産、大量消費のビジネスでは、消費者の支持を得られなくなったことがあります。

大多数の消費者に向けて作られた商品では、現代の消費者は満足できなくなっているのです。

このような状況の中で求められているのが、大企業では対応しきれない消費者の多様化するニーズに対応できるD2Cと言うビジネスなのです。

D2Cビジネスは、デジタルを主軸とした小規模なビジネスを得意とします。

大きな企業とは異なり小回りが利くため、消費者が求める細かな要求にも対応することが可能なのです。

そして、この消費者の細かな要求やニーズを探り出すことも、デジタルを駆使するD2Cだからこそできることなのです。

多様化している消費者のニーズに対応するためには、そのニーズを探り出すことが必要です。

そして、ニーズを探り出すために重要となるのが、SNSなのです。

D2Cビジネスでは、商品を企画する段階やブランドを立ち上げる前から、SNSを活用し消費者とコミュニケーションをとっていくことを重要と考えています。

消費者が本当に求める商品を作り出すには、消費者の生の声を聞き、それを商品の開発に素早くフィードバックしていくことが必要だと考えるのです。

そして、このように消費者とともに作り出された商品は、消費者の熱狂的な支持を得ることが可能であり、消費者を顧客へ、顧客を熱狂的なファンへと変えていきます。

そして、商品やブランドのファンとなった消費者は、さらにSNSを活用しブランドのファンを増やしてくれるのです。

SNSの活用で顧客インサイトを発掘する!

このように、SNSを活用して、消費者と繋がることはD2Cにとって最も重要な事なのです。

しかし、ただSNS上で消費者とやり取りをするだけでは、消費者の本当に求めているモノを理解することはできません。

SNSを上手く利用し、消費者の心理の奥まで探り出すことで、消費者が求めているものを理解することができるのです。

この消費者の心理の奥から本当の心理を探ることは顧客インサイトと呼ばれ、D2Cにおいて非常に重要なキーワードとなっています。

この顧客インサイトをどこまで掘り出すことができるかが、D2Cビジネスにおける勝負の分かれ目なのです。

従来のビジネスにおいても、この顧客インサイトは重要と考えられていました。

しかし、従来型において顧客インサイトを探り出すためにとられていた手法は、市場調査やアンケートといったリサーチです。

この手法は、基本的には、ターゲットに合わせて事前に質問の内容を設定し、それに応えてもらうという方法で行われますが、消費者は自身が本当は何を求めているのかということを、はっきりと自覚しているわけではありません。

そのため、単に通り一遍の質問をしたところで、消費者の深層心理にまでたどり着くことは困難であり、有益な情報を得ることはできないのです。

この手法で得られるのは、消費者の一般的、平均的な意見や要求であり、それを基に商品を開発したところで、目新しさのない無難な商品を生み出すことしかできないのです。

一方D2Cでは、消費者と常にコミュニケーションをとることで、自然な会話の中から消費者が抱えている悩みや課題などの顧客インサイトを引き出していきます。

そして、このコミュニケーションは、常にとり続けていくものであるため、その情報は蓄積され、更新され続けていくのです。

このように掘り出した顧客インサイトは、消費者自身も自覚してはいないものの、消費者の心の奥に隠されていた本当の欲求です。

これを知ることにより、D2Cは消費者が求める商品を作り出すことができるのです。

まとめ

D2Cビジネスは、そもそも消費者と積極的にコミュニケーションをとり、その繋がりを持ち続けていくことを重要と考えるビジネスです。

これにより、消費者の意見や欲求などの生の声を受け取ることが可能であり、それを商品の開発やサービスの改善に役立ているのです。

そして、そのために重要となるのが、SNSを上手く利用することです。

SNSは消費者の声を聞くために、最も有効なコミュニケーションツールであり、これを上手く使いこなし、消費者の心理の奥に隠された顧客インサイトを掘り出すことがD2Cビジネスにとって最も重要な事なのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ