サブスクリプション

サブスクリプション売り上げ向上のためには「顧客管理」が必要

サブスクリプションビジネスにご興味を持たれているみなさま。

サブスクリプションビジネスは、今の時代に伴った新たなビジネスモデルであると言われています。

サブスクリプションが注目されている背景には、消費者が「モノ」を消費するのではなく「コト」を消費するようになったこと、「所有」するよりも「共有」することに価値を感じ始めたこと、「所有価値」よりも「使用価値」を重視するようになったこと、このような考えのシフトにより、サブスクリプションの需要が年々高まって来ているのです。

サブスクリプションビジネスを行うには、新規顧客獲得はもちろんですが、安定した収益を保つためには既存顧客を増やすことが非常に重要であると考えられているのです。

さまざまな戦略を考案し、新規顧客を既存顧客にする工夫をされている運営者の方が多いかと思いでしょう。

そして、サブスクリプションの売り上げを向上させるためには、「顧客管理」が何よりも重要であることをお分かりでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプション売り上げ向上のためには「顧客管理」が必要である理由について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスにて、大きな利益を得たいと考えている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

顧客管理とは

顧客管理を英語に変えると「CRM」と表記されます。

CRMとは、「Customer Relationship Management」の頭文字を取った略語であり、顧客管理、顧客関係管理という意味を持ちます。

最近ではビジネスシーンで有効活用することができる顧客管理システムが非常に発達しており、多くの顧客データを一括管理することも容易になりましたよね。

さらに、そのツールによっては、顧客の年代や性別、購入した商品やサービスについての情報といった項目に分けて集計することもできるのです。

他のネットショッピングでもそうですが、特にサブスクリプションサービスを提供する場合、年代や性別によって好まれる商品やサービスが大きく異なりますので、顧客管理は非常に役に立つことになるのです。

サブスクリプションビジネスでは、顧客満足度を常に向上させ、より満足度の高い商品やサービスを提供し続けなければ、サービス利用の継続を見込むことができませんので、収集したデータを元に顧客分析を行い、商品やサービスの開発と改善を行っていきましょう。

顧客管理が必要な理由

なぜ顧客管理が必要だと言われているのか、その理由は顧客の傾向や好みを把握することで、その人により適切な商品やサービスを提供することができますので、結果的に顧客満足度に繋がるからです。

顧客自身が「求めていたものが手に入った」と感じ、それが満足感に繋がります。

サブスクリプションマーケティングを行う上では、消費者の購買プロセスを分析した「AIDOMA(アイドマ)」を活用することをおすすめします。

AIDOMAは、消費者が商品やサービスを認知してから、それを購入や契約に至るまでのプロセスです。

「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲望)」「Memory(記憶)」「Action(購買)」という5つのプロセスの頭文字を取って作られた言葉です。

商品やサービスについて何も知らない状態から、戦略的に顧客の興味を惹き、関心を持ってもらい、さらにその関心からそれを手に入れたいという欲某に変換することで、顧客の記憶に残り、最終的には購入・契約という行動に至ります。

ここ数年、顧客はさまざまな方法を用い情報収集を行うことができるようになっていると言われていますが、考え方を変えると、運営側もSNSやブログなどを利用することで自社の情報の拡散が容易になったことが挙げられるでしょう。

ですので最近では、上記のAIDOMAだけでなく、「AISAS」「AISCEAS」といったモデルも主流になりつつあるのです。

最新のサブスクリプションに合ったマーケティング

上記で説明した「AODOMA」は、インターネットが今ほど発達していない時代に提唱されたものでありますので、広告や宣伝こそ消費者の購買行動に繋がると考えられていました。

ですが、今はその時代と違い、インターネットが非常に普及していますし、購入する前にかなり詳細な情報を簡単に得ることもできるようになっていますので、新たに加わったマーケティングとして「AISCEAS」を活用しましょう。

AISCEASは、「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Search(検索)」「Comporison(比較)」「Examination(検討)」「Action(購買)」「Share(情報共有)」の頭文字を取った言葉です。

多くの現代人はスマートフォンやパソコンを所持しているからこそ、興味を持った商品やサービスに関しては簡単にスペックや価格を比較することができます。

ですので、消費者の購買行動をより細かく分析するには、AISCEASの方が、最新のサブスクリプションに合っていると考えられるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプション売り上げ向上のためには「顧客管理」が必要な理由についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスを行う上で、顧客管理を徹底し、消費者の心理をくみ取ることで売り上げ向上に期待することができますので、ぜひこの記事を参考に顧客管理に重視した戦略を考案してくださいね。

まずは気軽に問合せ