D2C

顧客の声を聞かないD2Cブランドは成功しない!

D2Cは、近年急成長を遂げ、現在市場は急激な拡大化を続けています。

D2Cブランドがいくつも誕生し、消費者からの注目も高くなっていますが、中には、苦戦してるブランドや撤退を決めたブランドも存在しているのです。

そのようなブランドの多くには、共通した失敗の理由があり、それが消費者の声、つまり自社の顧客の声を聞いていないのです。

そこで今回の記事では、D2Cブランドにおける顧客の声の重要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cと従来のマーケティングの違い

D2Cとは、商品の企画、開発から販売まで全てを内製する仕組みのビジネスモデルで、現在最も注目を集めています。

このD2Cには、販売は自社ECで行い、SNSを活用してマーケティングを行うという特徴があり、D2Cに参入する企業の中には、このマーケティングに苦戦しているケースが多く見受けられます。

その理由は、D2Cの特徴であるSNSを軸としたデジタルマーケティングというのが、従来のマーケティングとは根本から全く異なる考え方を必要とするものであり、より難易度の高いものであるからです。

D2Cのマーケティングが、従来のマーケティングと異なるのは、何を起点としているかということです。

従来では、まず商品を作り出し、その商品を起点としてマーケティングを進めていきます。

できる限り多くの消費者にその商品を広め、商品を購入してもらう事を目的としているのです。

つまり、すでに商品は完成されており、その商品をどう売るかということが目的となるのです。

一方、D2Cマーケティングは、消費者の声を起点として、商品の開発からマーケティングサイクルを回していきます。

分かりやすくいうと、実際に消費者に商品やブランドを体験してもらい、その消費者の声を基に、商品開発、商品の改良、サービスの改善を行い、それを積み重ねていくことで事業を拡大していくのです。

つまり、消費者の体験を起点して、マーケティングを進めてことになります。

このように、D2Cマーケティングと従来のマーケティングでは、マーケティングの軸となる起点から大きく異なっているのです。

D2Cマーケティングは消費者の声を起点とする!

そして、このD2Cマーケティングの起点となる、消費者の声、体験というのは、D2Cビジネスにとって最も重要な要素となります。

実際に、成功しているD2Cブランドのほとんどは、この消費者の声をビジネスに最大限に活かしているのです。

例えば、健康食品を取り扱うD2Cブランドでは、商品の開発段階から、モニターサイトを活用し、消費者と直接繋がり、消費者の意見を積極的に取り入れていく取り組みを行っています。

実際に商品を体験したモニターの声やアンケートの結果などをベースとして、そこに、自社が蓄積したデータや外部から収集したデータなどを合わせて詳細な分析を行い、事業計画を作成しているのです。

つまり、重要な事業計画を消費者とともに作っているのです。

従来のビジネスでも、商品の企画、開発段階で、市場調査などによって消費者の声を収集するということは行われていました。

しかし、従来の場合、外部の調査会社に依頼することが多く、その分、時間やコストがかかってしまっていたのです。

一方、前述のD2Cブランドでは、全てを自社で完結できるため、商品のコンセプトの時点で、早期に調査を実施することが可能なのです。

さらに、実施から集計まで時間もかからず、コストも抑えることができるのです。

また、美容商品を取り扱うD2Cブランドのケースでは、商品を企画する前からSNSにおいて、消費者と繋がりを持ち、その声を基にどのような商品を作り出すのかを決定し、さらにその企画に対するフィードバックを基に改善するという仕組みを取り入れています。

その仕組みにより、実際に販売された商品は、Instaglamのストーリーズを活用することにより得られた消費者の声を基に生み出されました。

そして、商品販売後においても、使用した消費者の声を参考に、さらに商品を改良し、消費者が満足する商品を提供し続けているのです。

このケースで特に注目すべき点は、商品を企画する前から消費者の声を重用している点です。

これは、すなわち、実際に販売する商品を、消費者とともに考え、作り出すということです。

これにより、従来では考えつかないような商品が生み出されているのです。

これは、従来の商品ありきのビジネスでは考えられないことであり、顧客とのつながりを重要視するD2Cだからこそできることといえます。

成功しているD2Cブランドは、常に消費者と積極的にコミュニケーションをとり、それを継続していくことで、消費者との繋がりは強固なものとなり、熱狂的なファンを作り出しているのです。

まとめ

これほどまでにD2Cというビジネスモデルが普及したことで、安易に市場に参入するブランドも増えてきています。

それらのブランドの多くは、D2Cを簡単に立ち上げが可能で簡単に成功できるビジネスと勘違いしているのです。

しかし、D2Cのマーケティングはそれほど簡単なものではないですし、顧客の声を最も重要と考えるという、従来とは全く異なる考え方をするものなのです。

成功しているD2Cブランドは、今回説明したように、この容易ではないD2Cマーケティングにおいて、顧客の声を最大限に活用し、成功を収めているのです。

つまり、成功するには顧客の声を聞くことが重要であり、顧客の声を聞かないD2Cブランドが成功することはないのです。

まずは気軽に問合せ