D2C

アフターコロナでより重要になる、D2Cビジネスの顧客との関係性

今、企業と顧客が新しい関係性を作り出していると言われているビジネスモデル「D2C」は、海外だけでなく、日本でもどんどん展開が広がっており、さまざまな事例も登場してきました。

D2Cビジネスとは、企業やブランド自らが商品の企画と製造を行い、そして自社独自のチャネルを設け、その場で消費者に直接商品を販売する仕組みです。

D2Cビジネスを展開することで、企業はビジネスのすべてを担うことができ、ビジネスの自由度が高く変化できるポイントが多いこと、そして顧客からのフィードバックが得やすい環境にあるので、PDCAを素早く回すことができるので、非常にメリットが多いと考えられているのです。

多くの企業から注目されているD2Cビジネスですが、今現代の世界は新型コロナウイルスが猛威をふるう状況下にあり、それぞれの企業がさまざまな課題を抱えていることでしょう。

そこで課題に挙がってくるひとつに、「アフターコロナ」があるかと思います。

コロナの状況が収まったアフターコロナは、D2Cビジネスにおいてどのような変化を遂げるのか、気になりますよね。

D2Cビジネスにおいて最重要視しなければならないことは顧客との関係性ですので、顧客との関係をいかに持続させるか、ということが重要になってきます。

そこで今回は、アフターコロナでより重要になるD2Cビジネスの顧客との関係性について、詳しくお話させていただきたいと思います。

アフターコロナに対する課題を持たれている方、この時代だからこそD2Cビジネスに挑みたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アフターコロナでは国内外でD2Cビジネスが成長する予想

D2Cビジネスが拡大する以前から、EC市場のシェアが拡大していました。

ですが、2020年が始まったと同時に世界中で新型コロナウイルスが問題となり、まだまだ新型コロナウイルスの問題は深刻化してくることが考えられます。

だからこそ、今後はさらに国際的にD2Cビジネスの普及が加速するのではないか、と考えられているのです。

その理由としては、消費者が外出する機会が減ったことにあるでしょう。

外出する機会が減ったからこそ、オンラインで完結することができるD2Cビジネスの需要はどんどん高まっていくのです。

実際にもD2Cとして展開していたアパレルブランド「ALL YPURS」は、新型コロナウイルスの拡大以前は店舗を併せて運営していたものの、外出自粛を一区切りと考え、ショールームの働きをしていた実店舗を休業し、全面的にオンライン接客に切り替えたのです。

この結果、新型コロナウイルスの影響により業績悪化の企業が続出するなかで、ALL YOURSの業績は昨年度と比較してプラスを記録し、異例の存在になったのです。

ALL YOURSは従来から、顧客がストレスなく着ることができるアパレルブランドとして認識されていたのですが、リモートワークが進む世の中ではさらに需要が増し、さらにオリジナルマスクを販売するなど、状況に応じてスピーディな対応を行うことができることも、D2Cビジネスの強みであり、ALL YOURSが成功したポイントになったのでしょう。

このように、D2Cビジネスとして業績を伸ばすケースは、国内外で非常に多く、アフターコロナにも十分に対応することが出来ると考えられるでしょう。

大手企業もオンライン化の傾向

コロナ禍において、イベントなどもどんどんオンライン化を余儀なくされていますが、これが顕著となったことが、ミラノやパリで行われたファッションウィークです。

大手企業やハイブランドもオンライン化が進み、これらのショーコンテンツをデジタルで配信し、これが大きな話題を呼ぶことになりました。

さらにここから、オンラインにて期間限定ショップがオープンするなど、新たなサービスがどんどん展開され、オンラインショッピングの新しい形が提示されたのです。

もちろん、新型コロナウイルスの感染状況は国によって異なるものの、今後もオンラインを重視する動きは続くでしょう。

D2Cビジネスにおいて最重要となる顧客との結びつき

アフターコロナにおいては、上記で説明した通り、デジタルの空間やデジタル技術を十分に活用したD2Cビジネスがより普及すると考えられています。

そしてこのD2Cビジネスを成功させるキーワードこそ、「顧客との結びつき」なのです。

顧客との確実な結びつきを作り、そしてそれをいかに強固なものにしていくか、ということが非常に重要なのです。

顧客の声をしっかり聞き、それを改善点に向け、そして顧客満足度を高め、顧客とブランドが共に成長するD2Cブランドこそ、愛されるブランドになるのです。

まとめ

以上、アフターコロナでより重要になる、D2Cビジネスの顧客との関係性についてお話させていただきました。

アフターコロナの社会でも、オンライン化がさらに続くことが予想されていますので、D2Cビジネスを展開する企業はさらに多くなってくるでしょう。

このような状況においても、顧客との関係性をしっかり築くことができれば、D2Cビジネスは成功します。

デジタルを通じてしっかり顧客との関係を構築し、アフターコロナの状況でもD2Cビジネスを継続して売り上げを向上させてくださいね。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ