D2C

アパレルD2Cビジネスの特徴と強み

今日本の企業の多くはD2Cビジネスに興味を持たれている方が多いかと思います。

D2Cとは、Direct to Consumerの頭文字を取った略語であり、特にアパレル業界や美容業界に注目されているビジネスモデルです。

D2Cは従来の販売手法とはまったく異なり、自社内で商品開発から製造、販売までの一連の流れをすべて行いますので、今まで必要であった仲介手数料などが必要なくなりますし、オンライン上ですべて完結させるため、店舗を運営するコストも削減することができますので、高品質な商品を低価格で販売することができるようになったのです。

アメリカではこのD2Cビジネスモデルをベースにスタートアップ企業が急激に増え、今は主流のビジネスモデルとなっているのです。

アメリカのビジネスは日本の2年先の未来と言われていますので、今後日本でもさらにD2Cビジネスの拡大が予想されることでしょう。

そこで今回は、アパレルD2Cビジネスの特徴と強みについて詳しくお話していきたいと思います。

アパレルビジネスを行われている方で、今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アパレルD2Cビジネスの特徴

厳選された少数精鋭のアイテム

アパレルD2Cビジネスで多いことは、厳選された少数精鋭のアイテムが販売されていることでしょう。

今成功している大きなD2Cブランドであっても、最初は少ないアイテムのみでのスタートである場合がほとんどであることをご存知でしょうか。

たとえば有名ブランドであるルイ・ヴィトンは、まず鞄をメインアイテムとして取り扱い、鞄メーカーとしてのブランドを築いたのちに、新たなライフスタイルを提案するという流れで販売商品をどんどん増やしていったことは有名な話ですよね。

このように、まずはブランド力を築いてから販売商品を増やすということは、アパレルD2Cの特徴でしょう。

ストーリーによるブランディング

D2Cは有名なデザイナーを起用しているわけではありませんし、歴史もそんなに深くはありませんので、ストーリーを組み立ててそのストーリーを提供するD2Cブランドが多いのです。

自身の経験や、そのブランドを設立したきっかけとなった出来事、今までの辛かったこと、嬉しかったことなどをもとにストーリーを作っていきましょう。

従来のように実店舗を運営して商品販売を行うことをメインとするよりも、ブランドストーリーによってブランディングできるD2Cビジネスと相性が良いといえるでしょう。

またそのストーリーが魅力的であったり消費者の共感を得るようなものであれば、その商品を思わず買ってしまいたくなる気持ちにもなりますよね。

アパレルD2Cビジネスの強み

商品でブランドビジョンを伝えることができる

D2Cビジネスの何よりもの特性は、自社内で商品企画から開発、販売までを行うことです。

だからこそ、企業のブランドビジョンや伝えたいこと、思想を消費者に直接伝えることができますよね。

従来のアパレル企業であれば、企業と消費者の間に多くの業者が介入する場合がほとんどです。

仲介業者も数多くのアパレル企業から依頼を受けますので、タグだけはブランドごとに異なるが、それ以外はほとんど同じということにもなる可能性があるのです。

こうなってしまうと実店舗無くしてのブランディングは不可能ですよね。

だからこそ、D2Cを展開し独自の魅力的な商品でブランドビジョンを伝えることができるということは、かなり強みになるでしょう。

顧客と良好な関係を構築することができる

D2Cでは販売に関しても自社で行いますので、顧客との関係を構築する機会を自ら作り出すことができます。

なぜ関係性を作ることができるのか、その理由はまずブランドを知ってもらうことから始まり、商品を購入してもらうべくその魅力を存分に伝えるために、コミュニケーションを取り合い、さらに発送中のやり取り、そして返品や交換のオペレーションなど、少しずつ蓄積されていきます。

これがD2Cではなく、ECサイトに卸すとなると、消費者に商品を販売した後、企業としては関係性を築かなければならない対象は他社になりますよね。

そうなると、大きな機会損失になってしまいます。

詳細な顧客データを収集することができる

アパレル業界であっても顧客データは企業の財産となりますので、かなり重要性が高いものです。

D2Cビジネスでは、より詳細なデータを収集、そして蓄積することができ、得たデータは新商品の開発にも役に立てることができるでしょう。

今までは、実店舗とECサイトメインでビジネスを展開することが多かったアパレル業界であっても、他のビジネスと同じようにデータの重要性は日に日に増しているのです。

まとめ

以上、アパレルD2Cビジネスの特徴と強みについてお話させていただきました。

特にアパレル業界においては、D2Cビジネスと相性が良いといわれているからこそ、ご興味を持たれている方はきっと多いですよね。

アパレルD2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこのビジネスモデルの特徴と強みを理解して、ビジネスに活かしてくださいね。

まずは気軽に問合せ