D2C

D2Cブルーオーシャンで戦うため、潜在層マーケティングに重要な「記事広告」

実店舗を持っていない企業、もしくはスタートアップ企業であっても消費者に自社ブランドイメージを直接伝えることができ、低コストで始めることができるD2Cビジネスが今注目を集めていることでしょう。

D2CビジネスはデジタルマーケティングとEC販売で完結することができますので、実店舗型ビジネスよりも商圏が広くなりますし、手数料なども削減でき、分利益率の高いビジネスを行うことができることが特徴です。

D2Cビジネスでは、いかに顧客と長期的な関係を築くことができるのかということが重要なポイントになりますので、継続的に購入してもらうことができるよう、アプローチをすることが大切です。

従来までであれば、とにかく広告を出稿して新規顧客を増やし短期的な売り上げを作るためのアプローチ方法が多かったのですが、今のD2Cビジネスは潜在層に向けたレッドオーシャンではなく、ブルーオーシャンで戦わなければならないのです。

そこで今回は、D2Cブルーオーシャンで戦うため、潜在層マーケティングに重要な「記事広告」についてお話させていただきたいと思います。

今後D2Cビジネスをスタートさせようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

潜在層マーケティングとは

潜在層マーケティングを理解するにはまず、集団の構成比を理解しなければなりません。

パレードの法則を引用しWebマーケティング視点で見ると、商品名や悩みで検索する顕在層~準顕在層が20%、そして潜在的に悩みを解消したい、もしくは興味がない潜在層が80%となります。

レッドオーシャンでは、20%という小さな中で、多くの競合企業と競い合わなければなりませんので、ブルーオーシャンを狙うほうが良いのです。

80%の潜在層の中の「興味がない人」は、どのようなアプローチをしても意味がないのですが、それを除いたとしてもかなり大きな市場になるでしょう。

レッドオーシャンから抜け出し、ブルーオーシャンに注力してこの大きな市場にアプローチをすることこそ、潜在層マーケティングなのです。

潜在層マーケティングのポイントは「記事広告」

今はモノが余っており、ECサイトの数が非常に多くなっている時代です。

D2Cビジネスにおいてのアプローチ方法を考えても、工夫なしのバナー広告では商品が売れることはありません。

消費者が聞いたこともないブランドの商品を購入するにはそれなりの理由が必要であり、潜在層にも心理的にもその商品が欲しいと思ってもらわなければならないのです。

この理由をつくることができるものこそ「記事広告」なのです。

広告ではあるものの、広告らしくない第三者の視点から書かれた記事は、ユーザーの潜在的なニーズに上手く訴求することができるのです。

記事広告で重要なポイント

記事広告で重要なポイントは

「潜在的ニーズに気付かせる」
「ニーズに共感する」
「解決策の提示=商品紹介」
「限定性でメリットを伝える」
「最後の背中を押す」

ということでしょう。

潜在的なニーズに気付かせるというと、まず記事広告で大事なことはファーストビューですよね。

記事を見たユーザーが一目見た瞬間にその商品の魅力が分かるようにしなければなりません。

最近のファーストビューではGif画像が主流になっており、動きをつけて目を惹いたり、芸能人を起用して信頼性を高めるなどの工夫がされています。

このように潜在的なニーズに気付かせることで、ユーザーは新たな解決策に期待するでしょう。

そして、ユーザーの潜在的なニーズに共感することも重要です。

論理的に訴求することはもちろん重要なのですが、人は感情の生き物であるからこそ多くの面で共感することでユーザーは「理解してくれている」と感じ、安心感を得ることができるのです。

そして、解決策の提示である商品の紹介を行いましょう。

記事のトップにタイトルを表示し、そのタイトルになるべく分かりやすいメリットを伝え、他の商品と比較すると自社商品がいかに魅力的であるのかを分かりやすく訴求します。

この際、ユーザーに誤解を与えるような表現をしないよう注意が必要です。

この段階になると、ユーザー自身もその商品が欲しいと思い始めていますので、限定性によってさらに商品のメリットを伝え今すぐ購入することのメリットを伝えましょう。

そして最後のひと押しが重要です。

人は得をするよりも損をすることを避ける傾向がありますので、ユーザーがどう思っているのかを理解し、ニーズにしっかり共感し後押しすることが重要なのです。

まとめ

以上、D2Cブルーオーシャンで戦うため、潜在層マーケティングに重要な「記事広告」についてお話させていただきました。

それぞれ細かいポイントかもしれませんが、潜在層にアピールするためにはそれぞれが記事広告に大事なことなのです。

D2Cビジネスを成功させたい場合は、ぜひ記事広告を活用し、ブルーオーシャンに挑んでくださいね。

まずは気軽に問合せ