D2C

D2Cビジネスを成功させるためのASP運用テクニック

2000年代後半より、徐々に注目を集めているD2Cビジネスモデル。

インターネットやスマートフォンの普及に伴い、ECコマースが徐々に拡大し、国内外で需要が伸びているビジネスモデルです。

D2Cとは、Direct to Consumerの略称であり、ブランドやメーカー自らが企画、製造した商品を直接消費者に販売する仕組みです。

この直販型とも言われるビジネスモデルは、もうすでにIT企業において一般的であったのですが、
D2Cとしては、生活用品やアパレル商品、化粧品など実体のある商品を取り扱っていることが大きな特徴でしょう。

実際にもD2Cブランドを立ち上げる起業家も多くなってきているのですが、現実的に見ると、成功している企業よりも失敗している企業のほうが圧倒的に多いようにも感じますよね。

それはなぜなのでしょうか。

もちろんまだ新しいビジネスモデルであるから、という理由が大きいのですが、細かく見ると「注文を獲得できない企業が多い」という理由が挙げられるでしょう。

例えば、広告運用のため、ASPを登録しアフィリエイターを募集すると、注文獲得率を上げることができるのですが、
そもそもアフィリエイターに興味を示してもらえず、広告運用が進まないという場合もあるでしょう。

そこで今回は、D2Cビジネスを成功させるためのASP運用テクニックについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスを成功させるたい、とお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ASPに「登録するだけ」では不十分

まず大前提として、ASPに登録するだけでは不十分です。

ASPに登録されている案件数自体が非常に多く、多い場合では1万件以上にも及ぶでしょう。

アフィリエイターには、ASPを通じて新着案件が届けられるものの、実際こ多くのアフィリエイターは「見ていない」のです。

また、ASPに登録されている案件で多いものが、美容品、コスメ、健康食品、ダイエット食品などが多く、D2Cとして取り扱われている商材が多いのです。

そして、ASP担当者がもしアフィリエイターを紹介する案件があったとしても、自身が担当しているものをお勧めすることが多いので、
多くの案件はアフィリエイターに気付かれないまま埋もれていってしまうのです。

アフィリエイターが始めやすい案件の条件

アフィリエイターが始め康い案件の条件を考えるために、注目すべきポイントがあるのです。

「報酬単価」「CVRが高い」
「素材が豊富」「商品LPの改善相談可能」
「参考記事あり」「獲得上限件数」
「クローズド案件」「初回価格が安い」

ということを意識しましょう。

最後の「初回価格が安い」というポイントに関しては、もちろん初回価格が安ければCVRが向上し、アフィリエイターに選ばれやすくなるのですが、

クレームになりやすく、消費者庁に指摘される可能性が高いこと転売リスクがあることLTVが低くなってしまうことがありますので、あまりおすすめはできません。

パワーアフィリエイターに運用してもらうには

パワーアフィリエイターに運用してもらうことができれば、獲得率は格段に向上するでしょう。

ですが、パワーアフィリエイターに案件の依頼をするのは簡単なことではありません。

パワーアフィリエイターに依頼するためには、ASP担当者と密にコミュニケーションを取り、
どのような条件であれば取り上げてもらうことができるのかということをしっかり聞き、運用開始初期であればクローズド化、そして媒体も被らないよう調整しましょう。

こうすることで、ASP担当者にリーチし、アフィリエイターにリーチしてもらうことができる確立が上がるのです。

つまりパワーアフィリエイターに運用してもらうためにはまず、ASP担当者と仲良くなることが大切なのです。

ASPでは、ある一定以上を稼ぐアフィリエイターには専任の担当者が付き、その担当者と繋がることパワーアフィリエイターに直接案件相談をすることができます。

パワーアフィリエイターにとっては、魅力的な案件が多くありますので、依頼を避けられたとしても、どんな条件であれば行ってくれるのかをしっかり聞くことも大切です。

報酬単価に関しては、企業によっては少し難しい場合があるかもしれませんが、少しばかり無理をしてでも、依頼することで、後に運用してもらえるアフィリエイターが少しずつ増えていくでしょう。

ですが、むやみやたらとアフィリエイターを増やしてはいけません。

ASP運用開始当初は、ひとつのモノにつき、ひとりにアフィリエイターを起用することをおすすめします。

まとめ

以上、D2Cビジネスを成功させるためのASP運用テクニックについてお話させていただきました。

アフィリエイトによる注文獲得は、やり方次第では非常に効率的な広告手法です。

ASPに登録し、どのような案件であれば運用してくれるのか、パワーアフィリエイターに運用してもらうにはどうすれば良いのか、
ということをしっかり考え、D2CビジネスのためにASPを運用してくださいね。

まずは気軽に問合せ