D2C

D2C立ち上げ前に覚悟しておくべきこととは?

近年、D2Cビジネスが注目を集め、多くの企業がD2Cブランドを立ち上げています。

このビジネスが企業から注目を集めているのは、従来よりもブランドが立ち上げやすいと言うことが大きな理由です。

しかし、ブランドと言うのは、立ち上げてからが重要なのです。

立ち上げやすいと言うだけで安易に始めても、上手くいく可能性は低いのです。

そこで今回の記事では、D2C立ち上げ前に覚悟しておくべきことについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cブランドは立ち上げてからが重要!

D2Cビジネスは、今や大ブームと言えるような状況となっており、あらゆる業界から続々とD2Cブランドが誕生しています。

このビジネスは、商品開発から販売まで全ての工程を自社で内製し、SNSでマーケティングを行い、自社ECで消費者に直接販売すると言うのが基本的な仕組みとなっています。

従来とは異なり、広告代理店や小売店、物流業者などの中間業者を介さず、実店舗を持たないため、それにかかるコストの削減が可能であり、小さな事業者であっても立ち上げやすいと言うメリットがあります。

そのため、D2Cでは、スタートアップ企業が立ち上げたブランドが多くなっています。

しかし、ブランドの立ち上げが容易になったからと言って、そのブランドを維持していくのが容易になるわけではありません。 

自社ですべてを内製すると言う仕組みは、裏を返せば、自社で全ての工程を完結しなければならないということであり、それは簡単なことではないのです。 

考えてみれば分かる通り、ブランドが商品を生産し、その商品が消費者の手元に届くまでには、多くの工程が必要です。商品を企画、生産するにも、配送するにも、その管理には専門的な知識が必要であり、コストもかかるのです。

D2Cブランドを立ち上げ、SNSを活用して、ブランドに興味を持ってくれた消費者と触れ合い、商品を作り出していくと言葉にすれば簡単に感じますが、商品の企画、商品の生産、広告宣伝、販売、配送と大きく分けてもこれだけの工程があり、それぞれに知識や経験が必要となります。 
 
例えば、配送をとってみても、ただ商品を発送すればよいわけではないのです。 

配送業務の中にも多くの工程があり、それを管理する体制を整えることも重要なのです。 

しかし、それぞれの部門にその専門知識を有した人材を確保すると言うことは困難ですし、もし集められたとしても、今度は膨大な人的コストが発生することになります。

しかし、初期の段階であっても、ブランドを一から立ち上げた場合、業務量が多いためスタッフが必要です。 

さらに、この業務量は、事業の規模が大きくなればなるほど増えていきますので、その都度スタッフを増やしていく必要があるのです。 

このように、D2Cによってブランドの立ち上げが容易になったからと言って、ブランドを維持していくためには、膨大な業務があり、それに対応する人材の確保が必要なのです。

D2Cブランドで収益を上げるには時間がかかる!

また、D2Cブランドを立ち上げたからと言いて、すぐに収益を上げることができるわけではありません。

ゼロから立ち上げるD2Cブランドは、初めは全く認知されていないことが前提となります。

そこから、SNSやブログなどを活用し、地道にアピールを行い、顧客を集めて行くのです。

そのため、ある程度の顧客を持ち、売り上げが安定するまでには時間がかかります。 

商品の発売と同時に、事業が急成長することなど、そうそうあることではないのです。 

実際に、多くのD2Cブランドは毎日ブログやSNSを公開し、ブランドに興味を持ってくれた顧客とまめにコミュニケーションを取り、コツコツと地道に顧客を集めているのです。 

そのように集めた顧客は、ブランドへの愛着が高くなる傾向があり、他のユーザーにブランドをアピールしてくれるようになります。 

それを繰り返すことで徐々にブランドの認知度は高まり、顧客が集まってくるのです。 

しかし、それには毎日のようにブログやSNSを更新し、顧客とコミュニケーションをとり続ける忍耐強さが必要です。 

しかも、それは1か月2か月と言った短期間で考えるのではなく、半年、1年と言った長期間で考える必要があるのです。 

D2Cブランドを立ち上げるのであれば、この忍耐強さも重要なのです。 

そして、さらに大きな問題は、顧客が集まるまでの期間財政的に耐え続けることができるかということです。 

新規にブランドを立ち上げるわけですから、ある程度の資金の余裕は持っているはずです。 

しかし、1年間耐えられる余裕があるかと言うと、それほどの余裕がないケースも多いのです。 

ブランドを立ち上げさえずれば、すぐに売り上げを上げることができるわけではないのです。 

そして、それは、知名度のないブランドであれば、尚更です。D2Cブランドを立ち上げる場合には、この点を留意し、資金的に余裕を持つことが重要となります。

まとめ

D2Cビジネスは、その特徴から従来よりもブランドの立ち上げが容易となっています。 

そのため、これまで資金的な問題からブランドの立ち上げを諦めていたような小さな事業者であっても、参入することができるのです。 

しかし、今回説明したように、ブランドとは立ち上げればそれで終わりではありません。 

立ち上げはスタートに過ぎず、そこからどう経営していくかが重要なのです。 

そして、ブランドの経営には膨大な業務や運用コストが必要なのです。 

D2Cブランドを立ち上げるのであれば、まずこの点を留意しておくことが重要となるのです。

まずは気軽に問合せ