D2C

D2Cブランドの実店舗進出が加速している理由

D2Cブランドの実店舗進出が加速している理由

D2Cビジネスは、デジタルを最大限に活用するビジネスモデルであり、デジタル化の加速に伴い、近年急速に成長を続けています。

デジタルで完結するのが特徴のビジネスであるため、販売は自社ECのみで行うのが基本ではありますが、最近になって、実店舗を出店するD2Cブランドが増えてきています。

そこで今回の記事では、D2Cブランドが実店舗に進出する理由について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスとデジタルの関係性

D2Cは、商品の生産から販売に至るまでを自社で一貫して行うビジネスモデルであり、マーケティングにはSNSなどのデジタルを活用し、販売は自社ECで行うのが基本とされています。

従来のブランドのように、広告代理店や卸業者、小売店などの中間業者を介することなく、ビジネスをデジタルで完結できると言うのが大きな特徴です。

実際に、D2Cビジネスは、デジタルを最大限に活用することで、ここ数年で急速に成長をしており、デジタルの恩恵がなければここまで急激に成長することはなかったとも言われています。

しかし、デジタルでビジネスのすべてが上手くいくと言うわけではありません。

デジタルの活用は、消費差にとって効率が良いものではありますが、デジタルだけでは伝えきれないこともあるのです。

D2Cでは、従来のブランドとは異なり、商品を売ることだけでなく、ブランドの世界観を重要視しています。

従来のブランドが重要視していた商品の機能的な価値だけではなく、どのような思いが込められているのか、なぜこのブランドを立ち上げたのかと言うようなブランドのストーリーや世界観を伝えていくことを重要と考えるのです。

そして、D2Cの特徴である、自社ですべてを一貫して行えると言う仕組みは、このブランドの世界観を作り上げていくのに最適な仕組みです。

しかし、いくら他にはないブランドの世界観を作り上げたとしても、デジタルでそれを表現する場合、制限が多いと言うもの事実なのです。

D2Cブランドが実店舗出店を進める理由

基本的に、D2Cブランドは初期の段階では、デジタルマーケティングを行い、自社ECで商品を販売し、デジタルでビジネスを完結しています。

しかし、ブランドが広く認知され、事業が拡大していくにつれ、デジタルだけでは成長できなくなっていきます。

そして、そのようなブランドが行き着くのが実店舗の出店なのです。

実際に、現在多くのD2Cブランドが、実店舗の運営に乗り出しています。

ただし、この場合の店舗と言うのは、従来のように販売を目的としたものではありません。

あくまでも、ブランドの世界観をリアルに体感してもらうために、それを表現する場として店舗を設けるのです。

現在は、EC化が進み、ECの利用率も向上しています。

ECは、わざわざ足を運ばなくても、欲しいものを手に入れることができると言う、消費者にとって利便性の高いツールです。

しかし、ECはECであり、商品を確認することはできません。

その欲しいものを実際に目で見て、触れて感じることができるという点で、ECは実店舗にはかなわないのです。

多くのD2Cブランドが、この実店舗の大きなメリットを再確認しているために、D2Cブランドの店舗の出店が加速しているのです。

特に、アメリカのD2Cブランドは、ブランドの魅力を最大限に活かした店舗を作り出し、消費者の支持を得ています。

その代表的なブランドが、香りのD2Cブランド「LeLabo(ルラボ)」です。

このブランドは香水だけにとどまらない「香り」を販売するブランドであり、香りと言うプロダクトの性質上、デジタルだけでその世界観を伝えるのは非常に困難であると考えたのです。

そのため、このブランドは香りを実際に体験してもらえるよう積極的に実店舗を出店しているのです。

そして、このブランドが他の香水ブランドと一線を画しているのは、既に作られた香水を売るのではないということです。

店舗を訪れてくれた消費者に入念にカウンセリングを行い、その場で最も適した香りを調合してくれるのです。

このような体験はなかなかできるものではありません。

唯一無二の香りを目の前で作り出してくれると言う体験に、店舗を訪れる多くの消費者が興奮し、満足しているのです。

これは、実店舗であるからこそ可能となる商品体験であり、ECではこのような体験を提供することは不可能です。

このような実店舗の優れたメリットを生かすために、D2Cブランドは実店舗を出店するのです。

まとめ

このように、D2Cブランドは自身のブランドの特徴や強みを活かした実店舗を設け、消費者にブランドの世界観を強く訴求しているのです。

D2Cブランドは、そもそもこの世界観の追求が重要であり、そして、その世界観を訴求するのに最も適しているのは、ECではなく実店舗なのです。

D2Cはデジタルを起点とするビジネスであり、それ故に急速に成長できたと言うのは事実であり、ECが消費者にとって利便性が高いと言うのも事実です。

しかし、やはり強く伝えたいことは、実際に感じてもらうことが必要であり、体験してもらうことが重要なのです。

そのために、多くのD2Cブランドが実店舗を出店し、消費者に商品の体験を提供しているのです。

まずは気軽に問合せ