D2C

D2Cブランドに求められる透明性とは?

現在、D2C市場は急速に成長し、数々のD2Cブランドが消費者の人気を得ています。

このD2Cというビジネスが、ここまで消費者の支持を得ることに成功しているのは、従来のブランドビジネスとは異なり、ビジネスに透明性があるからです。

現在の消費者は、ビジネスに透明性を求めており、それを実現できるのがD2Cビジネスなのです。

そこで今回の記事では、D2Cに求められる透明性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アパレル業界でD2Cが躍進する理由

D2Cは、企業やメーカーが商品を製造から販売まで内製し、消費者に直接販売するビジネスモデルです。

従来のように、小売店などの中間業者を介さないため、余計なコストがかからない事から、容易にブランドを立ち上げることができるとして、あらゆる業界から関心を集めているのです。

特に、このD2Cに関心が高く、ブランドの立ち上げが多いのがアパレル業界です。

アパレル業界は、独自の仕組みを持つ業界であり、これを根底から覆す革新的なモデルとして、このD2Cに期待が集まっているのです。

従来のアパレル業界は、商品の企画の段階から中間業者が介入することが一般的であり、製造、宣伝、販売、物流に至るまですべての工程において、それぞれの部門を専門の業者が担当すると言う細かい役割分担がされている状況でした。

このように、介入する専門業者が多ければ、その分コストはかさみます。

そして、そのかかったコストは、商品の価格に上乗せされる形で消費者が負担していたのです。

この特異な状況は長らく続いていましたが、時代は変わり、近年このビジネスは通用しなくなってきたのです。

ここ数年の間に、アパレル商品の売り上げは大幅に低下し、現在アパレル業界は苦境に立たされています。

以前から、ビジネスモデルを転換すべきと言う声も多く聞かれていましたが、それにもかかわらず、ビジネスを変化させることは無かったのです。

そのため、アパレル業界はさらに低迷し、この状況を打破すべく登場したのがD2Cというビジネスモデルなのです。

このような理由によって、アパレル業界は他の業界よりも、D2Cへの注目度が高くなっているのです。

D2Cに求められる透明性とは何か?

このアパレル業界の悪しき体質を改革するために登場したのが、アメリカのD2Cブランド「WarbyParker」です。

このブランドは、D2Cブランドの元祖とも言われるブランドであり、D2Cの特徴である、商品の企画から製造、販売までのすべての工程を自社で一貫して行い、中間業者を排除することに成功しています。

これにより、品質の良い商品を従来よりも低価格で販売し、消費者からの圧倒的な支持を得ることができたのです。

このブランドが消費者の支持を得ることができたのは、ビジネスの仕組みが消費者にも分かりやすく、透明性が高いことです。

従来のアパレル業界のように、間に消費者には分からない業者が介入し、高額なマージンを取り、それが価格に影響すると言ったことはないのです。

全てをブランド内で完結し、それはSNSによって消費者に伝えられているのです。

この透明性に対し、多くの消費者が賛同したのです。

しかし、アパレル業界には、D2Cより以前に、D2Cと同様に中間業者を排除するビジネスが存在しています。

それが、ユニクロなどのファストファッションに代表されるSPA型と呼ばれるビジネスモデルです。

このSPA型は、自社内で商品を企画し、多数ある実店舗において販売する仕組みです。

商品の製造は、東南アジアなどの低コストで生産するのが可能な提携工場で行われ、実店舗での販売データを基に、売れ筋の商品を大量に生産し、大量に販売するのが特徴です。

このビジネスモデルは、効率的に商品を生産、販売することができ、一時期大ブームとなりました。

しかし、SPA型企業が増加したことにより、このビジネスにはひずみが生じてしまいます。

SPA型企業のブランドのターゲット層は似通っているため、購入データも同じ傾向となってしまうのです。

SPA型が製造する大多数の消費者を対象とした売れ筋の商品と言うのは、言い方を変えればどれも似たような商品であり、差別化を図ることができなくなってしまったのです。

SPA型のどの店舗に行っても、同じような商品が並ぶようになり、結果として、消費者は商品を買わなくなってしまったのです。

このSPA型も登場時には、アパレル業界を変えるビジネスとして注目されていました。

実際に、自社ですべてを内製する仕組みを構築していますし、それがD2Cに繋がっているとも言えるのです。

しかし、現在では消費者のニーズは多様化し、消費者は自身それぞれの嗜好に合った商品を求めています。

SPA型のような、消費者のニーズを平均化した商品では、現在の消費者のニーズが満たされることはないのです。

さらに、SPA型は、商品の価格設定に関しても、市場の平均価格を参考に価格を決定しています。

つまり、多くのSPA型企業が似たような商品を大量に販売すれば、価格競争が起こり、販売価格は下がっていくのです。

これは、価格を決定するのは市場でと言うことであり、そこに消費者は存在していないことになります。

このように付けられた価格に、現在の消費者は納得しません。商品の価格には透明性が必要であり、それは、商品が製造され販売されるまでのすべての工程にも言えることなのです。

そして、この透明性を重要視するのがD2Cというビジネスなのです。

商品がどこでどのように製造されているのか、どのような材料が使われているのかを消費者に公開することにより、商品の価格設定に納得してもらうことを重要と考えるのです。

この透明性を強調することで、消費者は多少商品価格が高くても、納得して商品を購入してくれるようになるのです。

まとめ

以上のように、D2Cというビジネスには、透明性と言うキーワードが重要となるのです。

この透明性は、ビジネスの仕組みや商品が製造されて販売されるすべての工程において重要であり、これを消費者に見せることで、消費者は商品やその価格に納得して商品を購入してくれるのです。

このビジネスの透明性は、従来のブランドビジネスでは求めることができなかった事ですが、D2Cでは、強く訴求してくことで消費者の支持を得ることができるのです。

まずは気軽に問合せ