D2C

大手にはできないD2Cブランドの作り方

D2Cは、近年急速な成長を遂げているビジネスモデルであり、実際に、多くのD2Cブランドが消費者からの支持を集めています。

今後もこの成長は続いていくことが予想されるため、名の知れた大企業の多くがこのビジネスモデルに関心を示しています。

しかし、大手企業だからと言って、D2Cにおいて成功できるかと言うとそうとも言えないのです。

D2Cビジネスには、従来にはない考え方が必要であり、その切り替えができなければ成功することはできないのです。

そこで今回の記事では、大手企業にはできないD2Cブランドの作り方について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cが消費者に支持される理由

D2Cは、商品の企画から販売に至るまでを自社で一貫して行い、消費者に直接商品を販売する仕組みのビジネスモデルです。

基本的には、販売は自社ECのみで行い、SNSなどのデジタルを活用してマーケティングを行うと言う特徴があります。

このD2Cは、2010年頃からアメリカで普及し始め、日本では2013年頃からアパレル業界を中心にその名をよく耳にするようになりました。

現在では、あらゆる業界に広く普及し、様々なD2Cブランドが誕生しています。

このビジネスモデルが、ここまで広く普及したのにはいくつかの理由があります。

その一つが、スマートフォンが広く普及したことにより、デジタル化が急激に加速したことです。

これにより、多くの消費者がオンラインで商品やサービスを購入することに抵抗がなくなり、さらにSNSが日常的に利用されるようになったのです。

D2Cは、自社ECを販売の軸とし、SNSをマーケティングの軸とするビジネスであるため、このデジタル化の波に上手く乗ることができたのです。

そして、さらに大きな理由が、従来のビジネスではモノが売れなくなっているということです。

従来では、企業やメーカーは、自分たちの売りたい商品を大量に作り、大量に市場に流通させ、商品を販売していました。

商品を開発するための市場調査などは行われますが、基本的には、企業やメーカーが主体となって作った商品を消費者は購入していたのです。

そして、そのような商品にはどれも差がなく、似たような商品が市場にあふれる事となったのです。

その結果、消費者はそれらの商品に関心を示さなくなり、以前ほどにはモノが売れなくなってしまったのです。

このような状況の中で、登場したのがD2Cであり、従来のビジネスとは全く異なる考え方でビジネスを展開し、多くの消費者の心を掴んだのです。

商品起点のビジネスから消費者起点のビジネスへ

D2Cが従来のビジネスと大きく異なるのは、商品を起点としていないということです。

前述のように、従来のビジネスは企業やメーカーが商品を作り、広告などでその認知度を上げ、消費者がその商品を購入するという仕組みでした。

これは、まず商品ありきのビジネスであり、商品を起点として成り立っているのです。

しかし、D2Cでは、まず消費者がどのような商品を求めているのかを追求し、SNSを利用し消費者のニーズや悩みなどを掬い上げていく事に重きを置くのです。

そして、消費者が求めている商品を、消費者とともに作りあげ、さらに、消費者の声を基に改善を重ねていくのです。

つまり、商品ではなく消費者を起点としてビジネスを展開していくことになるわけです。

これが、従来のビジネスとD2Cの大きな違いであり、D2Cが現代の消費者に支持される所以なのです。

D2Cが注目されたことにより、大手企業もD2Cビジネスに関心を示しています。

実際に、アメリカでは大手企業が成長しているD2Cブランドを買収するケースが相次いでおり、日本国内でも、アパレル大手がD2Cブランドを買収しています。

従来のビジネスが頭打ちとなっている状況では、今後この流れは加速していくことが予想されます。

しかし、いくら資金力がある大手の企業であっても、従来の考え方を、D2Cの消費者を起点とするという考え方に切り替えることができなければ、ビジネスとして成功することはできないのです。

D2Cブランドとは、企業やメーカーが作り上げるものではありません。

デジタルを活用し、消費者とコミュニケーションをとることで、消費者の実際の声を聞き、消費者とともに作り上げていくものです。

そして、その体験を共有した消費者がブランドの顧客となり、その体験をSNSなどで発信することにより、その輪が広がっていくのです。

そして、それらの顧客の声を商品やサービスに開発・改善に繋げていくことで、さらにその輪は広がり、ブランドの価値も高められていくのです。

つまり、D2Cとは、商品を作り出す前から、徹底的に消費者の視点に立って考えていくものであり、それが商品購入後も続いていくことで、消費者との関係性が構築されるのです。

これは、従来の考え方ではできないことであり、D2Cブランドを成功させるには、まず考え方を変えることが必要なのです。

まとめ

D2Cは、現在では一般にも広く認知され、多くの企業がD2Cブランドの動向に注目しています。

しかし、認知度が高く、資金力があるからと言ってD2Cで成功できるとは限らないのです。

D2Cには、D2Cに必要となる考え方があり、今回説明したように、この考え方に変えることができなければ、いくら資金力があったとしても、D2Cビジネスとして成功することは難しいのです。

まずは気軽に問合せ