D2C

可能性を秘めているD2Cアパレル事業

今、企業と顧客の新しい関係性を作り出しているビジネスモデル「D2C」が大きな注目を集めています。

海外だけでなく日本でもD2Cを導入する企業が徐々に多くなってきているため、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

D2Cとは、「Direct to Consumer」の頭文字を取った略語であり、企業自らが商品を企画、製造し、自社内独自のチャネルで消費者に直接商品を販売する仕組みのことを言います。

流通業者を介さないので、その際に必要となる手数料やコストを削減することができますので、高品質な商品を低価格で販売することができることが特徴ですね。

D2Cでは、生活用品やアパレル用品、化粧品などの製品を扱っていることが多いでしょう。

インターネット環境やSNSが普及したとともに、D2Cブランドが盛り上がりを見せており、企業がインフルエンサーを起用してディレクターを立てていたり、明確なコンセプトや世界観を持ち、ひとつの商品のみを販売するブランドがあったりと、さまざまな形状のD2Cがあるでしょう。

D2Cビジネスの展開を検討される企業もどんどん多くなり、まだまだま今後も盛り上がりを見せることが予想されるでしょう。

そこで今回は、可能性を秘めているD2Cアパレル事業について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

今後アパレル事業をD2Cとして展開していきたいと考えられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cブランドの特徴

D2Cブランドの特徴は、広告を使用せずに販売することができるため、広告費を削減することができること、そして卸業者や小売業者を介さずに商品販売を行いますので、工数や費用を削減することができること、店頭在庫を抱える必要がないので最小限の生産数でビジネスをスタートすることができること、顧客からのフィードバックが聞きやすく反映しやすいこと、SNSや自社サイトを通じて世界観を表現しやすいことでしょう。

D2Cブランドがこのように大きな盛り上がりを見せた背景には、消費者のネットショッピングのハードルが下がったことや、SNSが普及したことで消費者と直接コミュニケーションを取ることができるようになったことが要因となっています。

またそれだけでなく、ネットショップ開業サービスが増えたことで、個人であっても気軽にECサイトを持てるようになり、さらにクラウドファンディングなどが広がり、ビジネスに挑戦しやすくなったこと、そして個人の時代であるからこそ、人そのものがブランドの形成の軸になることなどがあるでしょう。

このように従来までの「当たり前」が無くなり、多くのブランドが生まれてきたのです。

ネットからリアル店舗へ進出している

D2Cアパレルブランドが多くなり、ここ数年でネット上での販売だけにとどまらず、D2Cブランドのポップアップ開催や、期間限定でポップアップストアが開催されたりすることも多くなってきました。

初めはオンラインストアやSNSでの運用を軸とし、小規模でD2Cビジネスをスタートしたとしても、ある程度人気が出てきて売上を見込むことができるようになってくると、ネットだけでなくリアル店舗を出店し、そこで商品販売を行うことが主流になっています。

従来まで消費者は、雑誌などでファッションの情報を得ていたのですが、今ではSNSから十分な情報を得ることができますので、SNSを活用して消費者を巻き込み、熱量の高いファンを多く獲得すればするほど、リアル店舗へ踏み出すリスクが低くなります。

SNS運用は絶対に欠かせない

D2Cブランドは仲介業者を挟まないので、「いいもの」作ることはもちろんですが、その商品をどう見せるか、どう届けるか、魅力をどう伝えるか、ということがかなり重要になってきます。

従来までであれば卸業者がいいものを選定し、それを店舗に並べ、その商品をスタイリストや雑誌編集者の目に留まることで雑誌に掲載され、そして世に広まっていきましたので、いいものを見つけ出す人が限られていましたが、今の時代では個人がそれぞれいいものを見つけることができる時代になっています。

だからこそ、ブランドや企業にとってはいいものを作り、それを見つけてもらうための努力が必要になってきたのです。

ですが、D2Cビジネスは基本的にオンライン上で販売しますので、いいものが出来上がったとしても、実際にそれを見て触って確かめてもらうことができませんし、その機会も少ないでしょう。

また、今消費者の選択肢が広がっていますので、ただおしゃれな写真を並べて掲載するだけでは消費者の心に刺さることは難しいのです。

そのブランドの世界観やストーリーを動画や画像を用いて工夫して伝え、その商品にどのような魅力があるのか、ということを伝えていかなければならないのです。

まとめ

以上、可能性を秘めているD2Cアパレル事業についてお話させていただきました。

D2Cはアパレル業界と非常に相性がよく、まだまだたくさんの可能性を秘めているのです。

多くの工数を減らし、コストを削減することができるD2Cは、消費者に直接ブランドストーリーを伝えることに注力することができます。

D2Cは今までのアパレル業界の常識を覆し、今後のあり方も大きく変えるものとなるでしょう。

まずは気軽に問合せ