D2C

D2Cビジネスの集客が上手くいかないときの対策

2010年よりアメリカで登場した「D2C」ビジネスモデル。

今は日本でも導入している企業が多くなり、特にアパレル業界や美容業界との相性が良いといわれていますので、耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。

D2Cとは、Direct to Consumerの頭文字を取った略語であり、メーカーやブランド自体が自社内で商品やサービスを企画、製造し、そして流通業者を介すことなく自社ECサイトを用いて消費者に直接商品を販売するというビジネスモデルです。

中でもアパレル業界においては、企画や生産、もしくは一部を外部委託する「ODM」や「OEM」の仕組みが多く利用されていた経緯がありますので、このD2Cビジネスモデルはより画期的なビジネスとして見られることでしょう。

このD2Cビジネスを成功させるには、知名度を上げて集客活動を行うことこそ非常に重要なポイントなのですが、実際ビジネスを始めるとなかなか思うように集客ができない、と課題を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、D2Cビジネスの集客が上手くいかないときの対策についてお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスでの集客にお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Webサイトからの集客ができない場合

ファーストビューで訴求点を明確にする

まずはD2Cブランドの顔となるWebサイトからの集客がうまくいかない時の対策を見ていきましょう。

そのブランドのECサイト、ホームページというものは、実店舗の外観や看板と同様、お店の顔、会社の顔となるものです。

Webサイトで集客が出来ない場合、まずはファーストビューで訴求点を明確にする必要があるでしょう。

Webサイトでのターゲットに対する訴求点が明確であるか、まずはそこを見直していかなければなりません。

ターゲットがそのWebサイトを一目見て、どんな商品やサービスがあるかをイメージできるか、競合他社と差別化ができる訴求点をアピールすることが出来ているか、ということでしょう。

ファーストビューのみで「自分には必要ない」と判断されてしまうことは、かなりもったいないことなのです。

問い合わせ、予約への導線をしっかりする

二つ目の対策として、消費者から見て、問い合わせや予約への導線がしっかりしているか、ということを見直してみましょう。

もし今現状で問い合わせが少ないと感じている場合、「問い合わせや予約へのバナーがフッターにある」「料金やサービス内容など訴求の強いページから問い合わせページへの導線がない」「ボタンの配色が目立っていない」ということがないか確認してください。

これらに当てはまっているWebサイトは、問い合わせが少ないWebサイトにありがちなことです。

実際消費者が問い合わせをしたい、予約をしたいと思うタイミングはそれぞれ異なりますし、Webサイトで知りたい情報量も異なります。

ですので、出来る限り多くの状況を想定し、それぞれの消費者が必要なときにアクションしてもらいやすい導線を作らなければ、見込み顧客を簡単に逃してしまうのです。

SNSからの集客ができない場合

利用しているSNSの特性を理解する

Webサイトと同じように、SNSも集客には欠かすことのできないツールでしょう。

今はスマートフォンが主流になっている時代であるからこそ、数多くのSNSが存在し、消費者の生活の一部となっています。

TwitterやFacebook、Instagramなどを活用し、ビジネスを成功させている企業がかなり多いのに、なぜ自社は上手くいかないのか、ということを考えられていることもあるでしょう。

その大きな要因となっているものは、そもそも自社が利用しているSNSの特性を理解していないことが挙げられます。

たとえば利用層に関して簡単な特性を挙げると「Twitter=若年層が多い」「Instagram=女性の比率が高い」「Facebook=ビジネス用途が多い」ということがわかります。

つまりそれぞれのSNSの特性を明確に理解して、必要なものを必要としている人に届けることこそ、効果的に集客をするには欠かせないことなのです。

自社がターゲットとしているユーザーの年齢層やSNS利用時間、自社商品やサービスは写真で伝えたほうが分かりやすいのか、それとも文章としてしっかり説明したほうがわかりやすいのか、という自社が提供したい情報に合わせてSNSを選びましょう。

SNSはコミュニケーションツールである

大前提として、SNSはコミュニケーションツールであることを忘れてはいけません。

ですのでユーザーとしっかりコミュニケーションをとり、まずは自社ブランドや企業を好きになってもらい、ファンを作ることが重要です。

ファンが多くなってくると、自然と集客に繋がっていきます。

SNSを活用する際には、商品やサービスの情報だけでなく、SNSを見たユーザーにとってお得なうきうきする情報を提供することが大切です。

時にSNS担当者の個性を出した投稿をすることもおすすめですよ。

まとめ

以上、D2Cビジネスの集客が上手くいかないときの対策についてお話させていただきました。

D2Cビジネスを行う上で、WebサイトとSNSを活用することは必須であるからこそ、これらの集客は確実に行い、見込み顧客を取りこぼさないようにしなければなりません。

ぜひそれぞれの対策を参考に、自社集客施策を一度見直す機会を設けてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ