D2C

D2Cビジネスを成長させるためのカートシステムの選び方

今、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、さまざまなビジネスモデルが登場し、注目を集めています。

中でも特に今の時代から需要が高まっているビジネスモデルと言えば、「D2C」でしょう。

D2Cビジネスは、2000年代後半から徐々に注目を集め、国内外で需要が伸びているビジネスモデルです。

D2Cの特徴は、ブランドやメーカーが自社内で商品を企画、製造し、購入者に直接商品を販売する仕組みであることです。

流通業者を介すことがありませんので、高品質な商品を低価格で提供することができるのです。

D2Cビジネスを本格的に始める際、まず考えておきたいことは「カートシステム」でしょう。

カートシステムはさまざまな種類があり、どれが良いのかを判断するためにはそれぞれの視点によって異なってきますが、中でも重要な判断基準としては「カスタマイズ性」が挙げられるでしょう。

そこで今回は、D2Cビジネスを成長させるためのカートシステムの選び方について、詳しくお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスに興味があり、本気で取り組みたいと思われているのであれば、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスのカートシステム選びは「最初」が重要

D2Cビジネスを導入する企業が多くなり、今ではさまざまな形態のD2Cが存在します。

それぞれのビジネスモデルに合ったカートシステムを選定することが非常に重要なのですが、とにかく低コストを重視するのであれば、無料から始めることができるカートシステムを選ぶことをおすすめします。

もし将来的に、億単位の年商を得ることができるようなビジネスを行いたいのであれば、カートシステム選びはより重要になります。

D2Cは、どのタイミングで急成長を遂げるか分かりません。

たとえばインフルエンサーにより急に注目を集めたり、何かに取り上げられ思いのほか反響があったりと、D2Cビジネスは急拡大をすることも珍しくはありません。

需要はコントロールできないからこそ、急激に需要が多くなってしまうと、データ量が今までに比にならないほどに増加してしまい、利用している一般的なパッケージ型のカートシステムでは処理が追いつかなくなってしまい、最悪の場合、サーバーがダウンしてしまう場合もあります。

D2Cビジネスではついカートシステムに関しては適用に判断してしまい、ビジネスを進めていく上で大きな機会を逃してしまうこともあるのです。

「カスタマイズ性」が求められる

D2Cビジネスにおいて重要な要素は「カスタマイズ性」です。

D2Cビジネスは、前述した通り需要が急激に増加する可能性が十分にあるビジネスモデルです。

もちろん自社ビジネスに対する需要の増加は喜ばしいものであるのですが、カートシステム自体にカスタマイズ性が無ければ、その需要に合わせた最適な対応を行うことができないのです。

D2Cブランドの需要に合わせ、可用性、拡張性、自由度など柔軟に対応できるカートシステムを選ばなければなりません。

システム拡張、もしくは縮小をシームレスに行い、需要が最大限に増している時にでもサイジング対応をすることができるカートシステムが理想でしょう。

将来的に、かなり大きなビジネスを目指すのであれば、その際日々取り扱うデータ量はかなり膨大なものになります。

カートシステムと倉庫管理室を連携する際にも、CSVの出力形式だけで大きなトラブルになってしまうこともあります。

そうなるとかなり不効率なビジネスになってしまいますので、自社の規定の仕様を保ち、さらに他のシステムの仕様に対し柔軟にカスタマイズすることができるか、ということが求められているのです。

カートシステムのカスタマイズ性を活かし売上を伸ばす

カートシステムにより成果を出したあるD2Cブランドでは、カートシステムのカスタマイズ性はもちろん、Webサイトの構築や決済機能までもカスタマイズ性にこだわりました。

そうすることで、ページデザイン構築の自由度が高まり、ページ更新の際にもストレスに行うことができるようになりました。

またさらに、広告一元管理やLPのEFO機能の活用、CVRの向上、モールサイトやLPのアドコードの大量生成も行うことができるようになったのです。

これにより、従来までのカートシステムよりも、CVRが約3倍改善され、売上が急増したのです。

D2Cビジネスは、ブランディングやマーケティングが重要だと考えられているのですが、基はECが主なビジネスモデルであるからこそ、このECを支える逸材なカートシステムこそ、D2Cビジネスの成長には重要なのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスを成長させるためのカートシステムの選び方についてお話させていただきました。

D2Cブランドを構築する際、ついカートシステムは後回しにしてしまい、今の現状を対応することができるカートシステムを選定してしまいますよね。

ですが、自社との相性をしっかり判断しなければ、大きなビジネスチャンスを逃してしまうことがあるということを忘れてはいけません。

D2Cビジネスにおけるカートシステムの選定にお悩みの場合は、ぜひこの記事を参考に、自社に合ったカートシステムを選定してくださいね。

まずは気軽に問合せ