D2C

D2Cビジネス成功のため「本質」を理解するためのポイント

今、EC業界のみならず多くの企業から注目を集めているビジネスモデルのひとつに、「Direct to Consumer」の略称である「D2C」があります。

D2Cはメーカーやブランドが、自社内で企画、生産した商品を、仲介業者を介すことなく自社独自ECチャネルを用いて直接消費者に販売するビジネスモデルのことをいいます。

「自社内で製造した商品を直接消費者に販売する」という点だけで考えると、これ自体はすでにIT企業がWeb上にてデジタルサービスの提供がされているため、それほど新規性は感じられないのですが、D2Cではファッションアイテムや生活用品など、実体のあるものが取り扱われているため新規性があるのです。

特にアパレル業界や美容業界においては、EC事業が盛んになっていくにつれて、販売のみを販売店や卸業者を通すのではなく、企画や生産の一部、あるいはすべてを委託する「ODM・OEM」の仕組みが多く採用されていた経緯があるからこそ、D2Cビジネスモデルがより革新的なものとして注目を集めているのでしょう。

日本国内においてもビジネスのトレンドの一つとして耳にする機会が多くなりましたが、D2Cの本質を理解していなければ、ビジネスの成功はありませんよね。

そこで今回は、D2Cビジネス成功のため「本質」を理解するためのポイントについてお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスについて理解を深めたい方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:商品<世界観

D2Cビジネスの本質を理解するための一つ目のポイントは、商品よりも自社ブランドの「世界観」を重視するということです。

従来までのメーカー直販や中抜きビジネスの場合、まず商品のトレンド性や機能性、利便性を重視し、優先してきましたので、その時代やニーズによって、商品のラインナップはもちろん、コンセプトなどが大きく変化していましたよね。

ですがD2Cビジネスを開始する場合、まずブランドの世界観を明確に定め、それを軸にビジネスのコンセプトやビジョンを構築していく必要があるでしょう。

D2Cビジネスは、世界観ありきのビジネスモデルであるからこそ、最初に定めた世界観を統一して貫く必要がありますので、あえて時代のトレンドやニーズからわざと距離を置いたり、従来のビジネスモデルでは非効率と考えられるような手法も用いられています。

ブランドそのものに「ストーリー」を持たせることで、ユーザーはそのストーリーに共感し、商品購入に繋がります。

さらに継続して魅力的なストーリーとともに商品を提供し続けることで、自社ブランドのファンになってもらうことができるのです。

D2Cは、「商品ではなくライフスタイルを売る」と言われているには、このような世界観を重視した戦略が理由となっているのでしょう。

ポイント2:デジタルテクノロジーの活用

二つ目のポイントは、デジタルテクノロジーを積極的に活用するということです。

ポイント1で説明した通り、D2Cでは世界観を重視した情報発信が重要なのですが、これをするにはデジタルテクノロジーを活用することが有効な手法と考えられているのです。

デジタルテクノロジーとは主に「SNS」や「オウンドメディア」のことを言います。

これらのデジタルツールには、基本的に広告のスペース枠などの制限が設けられていませんので、自社の世界観やビジョン、コンセプトを自由に思う存分発信することができます。

自社ブランドが自社内でメディアを完全運用することで、世界観を崩すことなくユーザーにアプローチをすることができますよね。

さらにこのようなアプローチ方法を用いることで、ユーザーと直接繋がることができ、従来までよりも距離感を近くコミュニケーションを取ることができますので、顧客満足度の向上にも繋がるでしょう。

さらに、顧客との深い関係性を作ることで、従来までのビジネスモデルよりもより質の高い顧客情報を収集することができるでしょう。

この顧客情報をもとに、すぐに自社内で共有し、素早く施策に反映することができるという点においても、デジタルテクノロジーを活用すべきポイントと言えるでしょう。

ポイント3:カスタマーサクセスの重要性

三つ目のポイントは、カスタマーサクセスの重要性をより考えるということでしょう。

カスタマーサクセスとは、ビジネス用語の一つであり、今多くの企業が注目しています。

たとえばEC構築サービスの場合、サービスを導入すれば終了というわけではなく、導入した企業の売り上げの向上のためのサポートや、事業拡大に関するサポートまでを行うことが一般的です。

D2Cビジネスでは、ユーザーが一度商品やサービスを購入すれば終了ではなく、その商品購入後、もしくはサービス利用後のユーザーのライフスタイルをいかに充実させるか、より良い体験を提供するにはどうすれば良いのか、ということを考案し、長い期間メリットを提供することで、良好な関係性を中長期的に構築していきます。

まとめ

以上、D2Cビジネス成功のため「本質」を理解するためポイントについてお話させていただきました。

D2Cビジネスにおいて重要な「世界観」を重視するためには、商品ありきではカスタマーサクセスを実現することができませんし、ユーザーと継続的な関係を構築するにはデジタルテクノロジーの手軽さと利便性こそ理にかなっていると言えるでしょう。

新しいビジネスモデルとして注目されているD2Cビジネスの本質は、これらのポイントから理解できますので、D2Cビジネスを成功させたいと思われている方は、ぜひこれらをしっかり理解してビジネスを進めてくださいね。

まずは気軽に問合せ