D2C

アフターコロナを見据えたD2Cビジネス成功のキーワード

企業自らが商品の製造から販売まで一貫して行うビジネスモデル「D2C」が今、多くの企業から注目を集めています。

D2Cとは、Direct to Consumerの略称であり、企業内ですべての行程を完結させるからこそ、従来のように問屋や小売業者を介すことがありませんので、その分の中間手数料を削減することができるのです。

実はD2Cのような直販型のビジネスモデルは新しい概念かというとそうではありませんが、従来までの直販型とD2Cの大きな違いは「テクノロジー」にあるのです。

今インターネットが普及し、誰しもが世界中の情報を瞬時に検索できるようになっているからこそ、SNSなどを通じて企業と顧客は直接的にコミュニケーションを取ることができるようになったことこそ、D2C旋風の後押しをしているのでしょう。

D2Cビジネスは、新型コロナウイルスの流行前から注目されていたものの、今のコロナ禍においてさらに注目が集まってきていることをご存知でしょうか。

コロナ前と後では、SNSの利用頻度やインターネットショッピングの利用頻度の増加など、消費者の消費行動は大きく変わってきています。

そこで今回は、アフターコロナを見据えたD2Cビジネス成功の2つのキーワードをお教えしたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アフターコロナを見据えたD2C戦略

新型コロナウイルスの影響により、SNSの活用拡大や、ネットショッピングの利用者が大幅に増加したものの、コロナ流行前から続いていた現象とも言えますよね。

もちろんD2Cビジネスにおいても、コロナ流行前から注目されており、さまざまなブランドが立ち上げられて盛り上がっていたことも事実です。

コロナ禍はD2Cビジネスにとって、間違いなく追い風になっているものの、その状況のみに頼っているだけでは、アフターコロナに十分に対応することができるD2Cブランドになることはできません。

今だからこそ、アフターコロナを見据えて的確なD2Cブランド戦略を練っていくことが重要なのです。

1:「顧客体験」

一つ目のキーワードは「顧客体験」です。

D2Cビジネスの特徴は、商品を開発、販売を行い、行程すべてが顧客体験と密に関わっていることです。

従来までのマーケティングでは、商品を店舗などに並べ、そこからの顧客の声や、アンケートなどから消費者の声を聞くことが主流であったため、商品の売れ行きなどを考慮しながら次の企画や新しい商品の開発を行うことが一般的でした。

このようなマーケティングは、顧客自身が「自分たちが関わっている」「自分たちの声が反映されている」という意識を持ってもらいにくいのです。

ですがD2Cの場合は、SNSなどを活用することで、企業が直接消費者の声を聞くことができ、ダイレクトでよりスピーディーに次の展開へと進めることができるでしょう。

このようなマーケティングでは、顧客が自分自身もその商品に関わっていると感じることができるため、他の商品よりも思い入れが深くなり、結果的により強固な固定客になってもらえるのです。

2:「フラットなコミュニケーション」

二つ目のキーワードは、「フラットなコミュニケーション」です。

D2Cビジネスでは、見込み客や潜在顧客を含め、顧客とのフラットなコミュニケーションを取ることが重要です。

たとえば美容系D2Cブランドの場合、Instagramのストーリーズにて商品に関する質問を多数募集し、ひとつひとつ丁寧に応えていくことで消費者とより親密なコミュニケーションを図ることができるでしょう。

もし店舗に出向き、買い物をすることが難しい場合であっても、消費者がSNSで気軽に質問できる環境があれば、安心感を与えることができますよね。

新型コロナウイルスにより、店舗で実際に商品を購入すること自体が不安要素となっているからこそ、D2Cビジネスがより注目されているのでしょう。

新型コロナウイルスの流行前までは、ブランドと消費者がコミュニケーションを取る機会がほとんどなかったのですが、コミュニケーションを取るきっかけにもなり、消費者が手軽にSNSでコミュニケーションを取りながら商品の購入を検討することができる仕組みは、今後もさらに利便性が高いものとして受け入れられていくでしょう。

まとめ

以上、アフターコロナを見据えたD2Cビジネス成功の2つのキーワードについてお話させていただきました。

新型コロナウイルスの影響により、少なからず生活スタイルが変わった方が多い今、消費者に対していかにD2Cビジネスの利便性が高いか、ということを知ってもらうためのビジネスチャンスにしなければなりません。

なぜD2Cビジネスが受け入れられているのか、ということをしっかり考え、これらのキーワードを自社D2Cビジネスに活かしてくださいね。

まずは気軽に問合せ