D2C

D2Cビジネスを成功させるために知っておくべき「キーワード」

D2Cビジネスを成功させるために知っておくべき3つのキーワード

今話題に上がってくるビジネスモデルと言えば「D2C」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

D2Cとは、Direct to Consumerの略語であり、メーカー自体が企業内で商品の開発や製造を行い、ECサイトを通じて直接消費者へ直売するというビジネスモデルです。

先行してビジネスを開始したアメリカでは、もうすでに一領域を形成しつつありますので、今後の日本でもかなり加速するものだと考えられるでしょう。

今、どんどんテクノロジーが進化しており、消費者のライフスタイルは大きな変化を見せています。

インターネット環境が普及し、SNSが大きく拡大し始め、消費者はありとあらゆる情報を自身で入手することができるようになりましたし、趣味嗜好も多様化しています。

そして従来までであれば、購入チャネルは実店舗だけであったのですが、それ自体もどんどんECサイトに移行しつつありますよね。

メーカーや実店舗も今の消費者の購入スタイルに向き合い、新たな考え方が必要とされているのです。

このような時代を牽引するビジネスこそ、「D2C」なのです。

そこで今回は、D2Cビジネスを成功させるために知っておくべき3つのキーワードについて、詳しくお話していきたいと思います。

今後D2Cビジネスを展開し、成功させたいと思われている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:「EC直販」

D2Cのそもそもの根幹は「直販」ですよね。

自社内で商品の企画や製造、販売までを担うことによって、従来であれば必要であった「中間業者へ支払うべきコスト」を大幅にカットすることができるでしょう。

さらに実店舗を持たないのであれば、その分の固定費用をカットすることができ、商品価格を抑えることができるでしょう。

そうすると結果的に、良質な商品を低価格で販売するうことができますよね。

特にアパレル業界では、このD2Cを取り入れているケースが増えてきています。

たとえば、メーカーが製造した商品を商社を介してブランドに流れ、そして実店舗にて商品を販売する場合、メーカーが商品を出してから消費者の手に渡るまで、非常に多くの手が入りますし、中間業者すべてに手数料が必要になり、どうしても価格が上昇してしまいます。

たとえメーカーが高品質の商品を製造したとしても、価格やブランド戦略がその良質な商品を「無駄」にしてしまうことがあるのです。

「いいモノが安く買える」を提供し、消費者の心をしっかりと掴まなければなりません。

2:「SNS」

上記で説明したとおり、D2Cでは高品質なものを低価格で提供することができるということが特徴ですが、だからと言っても安いというだけで商品が売れることはありません。

とくに20代前後のミレニアル世代は、その商品やブランドの背景にあるストーリーや品質など、自身が納得したものを購入したいと考えています。

D2Cビジネスを展開し、商社や実店舗の力を借りることなくブランドとしての地位を確率させるためには、自社で商品をアピールするための努力が必要になります。

そうなると今の時代は「SNS」が非常に有効でしょう。

D2Cビジネスの代表的な成功事例として「Glossier」を挙げてみましょう。

Glossier創業者のエミリーワイス氏は、有名ファッション誌でのスタイリングアシスタントの経験を生かし、美容ブログを開設しました。

そのブログ上で読者とコミュニケーションを取り合う上で、読者の声を反映させたコスメを作成しようと考え、Glossierを設立しました。

設立当初からSNSを積極的に活用し、多くのファンを獲得し今ではかなりのフォロワーを持っています。

ユーザーとの密なコミュニケーションを欠かすことなく、徹底的にSNSを活用していますので、トータル的でのSNS戦略がファンの心をつかんでいるのでしょう。

このように、D2CビジネスにおいてはSNSにてユーザーと直接対話し、反応を収集し、新商品の開発に生かすことができることが醍醐味と考えられるようになったため、ビジネスの成功には欠かせない要素になったのです。

3:「サブスクリプション」

D2Cビジネスが盛り上がっている背景には、定額や定期購入として拡大している「サブスクリプション」も大きくかかわっています。

もちろん、D2Cを展開しているすべての企業がサブスクリプションを導入しているというわけではないものの、サブスクリプションを組み合わせて成功している企業が多いことも事実です。

どんな商材であっても、その商品に需要がありファンが居れば、そのファンは少なからず定期的に商品を購入してもらえるでしょう。

このサブスクリプションの概念と組み合わせることによって、インターネット上でシームレスに繋がることのできる現代人に受け入れられたのでしょう。

まとめ

以上、D2Cビジネスを成功させるために知っておくべき3つのキーワードについてお話させていただきました。

D2Cは今、非常に注目を集めているビジネスモデルであるからこそ、自社もぜひ導入し成功させたいと思う方も多いのではないでしょうか。

D2Cビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひこの3つのキーワードを意識して、ビジネスを行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ