D2C

D2Cビジネス知っておいた方が良いメリット・デメリット

ネットが発達している現代において、D2Cビジネスは非常にネットやデジタルと相性の良い、現代型のビジネスと言われています。

そのため、多くの企業や事業主D2Cビジネスに参入しようとしています。

しかし、そんなD2Cビジネスにももちろんメリット・デメリットがあります。

今回は、そんなD2Cビジネスのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

メリット1:高い利益率を確保することが出来る

従来のネット通販は、小売店や中間サイトの手数料などが掛かるケースが多く、どうしても純利益は下がりがちになります。

しかし、D2Cビジネスはいわゆる「メーカー直販」でもあるので、中間サイトや小売店などを経由する際に発生する手数料が掛かりません。

ですので、一般的なネット通販よりもより高い利益率を上げることが可能となっています。

メリット2:制約に縛られることがない

D2Cビジネスは、全て自社で完結させることが出来るため、楽天やAmazonなどで販売する際の諸経費はもちろん、独自のキャンペーンやマーケティングを展開することが出来るため、独自のルートを確保することも可能です。

他社の販売サイトなどを利用すると、どうしても様々な制約が掛かってしまいますが、D2Cはそのような制約を気にする必要もありません。

ですので、そういった意味では伸び伸びとビジネスを展開することが出来るため、より自社ブランドの魅力を消費者へと発信することが可能となっています。

デメリット1:構築する際のコストと手間が掛かる

先のメリットで、中間手数料などが発生しないとご紹介しましたが、D2Cビジネスは全て自社のページで完結させる必要があるため、D2Cサイトを運営する際のプログラミングやシステム・デザインなどの構築が必要になります。

自社で技術を持っている方がいればよりコストを抑えることも可能ですが、多くは専門業者などに外注依頼をされると思います。

しかし、それでも長期的なビジネスとして運用していくのであれば、小売店や中間サイトを介する際に発生する手数料よりは、はるかにコストを抑えることが出来ると思います。

ですので、最低限の費用はどうしても必要になってくると思っておいた方がよいと思います。

デメリット2:ブランド力や発信力がないと意味がない

D2Cビジネスの多くはネット上で完結することが多いため、現在星の数ほどある通販サイトの中で、D2Cビジネスを展開するのであれば、魅力的なブランド力や商品力が無いと、いくら莫大なコストを掛けても他の競合他社の商品に埋もれてしまいます。

初期投資で掛かった費用を回収するためにも、SNSやリアル配信と言った消費者が注目してくれるような発信を常に行う必要があります。

発信すること自体は難しくは無いですが、工夫を凝らした発信を行わなければせっかくのSNSも効果を発揮することは出来ません。

ですので、継続的でユーザーにとって有益な情報を発信する忍耐がどうしても必要になってくるので、この辺りは根気強く続けるのが難しいので、デメリットの一つになると思います。

特に、D2Cビジネスの多くはECサイトなどでの販売をメインに行うケースが多いため、実際に消費者が購入する前に商品を手に取ることは出来ません。

だからこそ、ライブ配信などを継続的に行い、より消費者に商品を身近に感じてもらう必要があると思います。

まとめ

今回は、D2Cビジネスにおいて知っておいた方が良いメリット・デメリットをご紹介してきました。

まずメリットとしては、

・自社で全て完結するため、中間マージンが発生しないため余計な手数料が発生しない
・販売サイトなどを経由する必要が無いため、制約に縛られることがない

と言ったメリットがあります。

逆にデメリットとしては、

・自社でサイトを構築する必要があるため、どうしても初期段階でコストが掛かる(ただし、中間マージンよりは遥かにリスクもコストも安く済む上に回収しやすい)
・商品を販売する側のブランド力や発信力が重要になる

と言った点が挙げられます。

現在注目されているD2Cビジネスですが、しっかりとメリット・デメリット、そしてどのようなビジョンで展開していくかをしっかりと計画をしておかなければ成功することは難しいと思います。

特に、モノや情報が溢れかえっている現代では、他との差別化が出来なければ埋もれてしまいますし、利益を上げることも難しいと思います。

ですので、上記でも紹介している通り、SNSなどのデジタルマーケティングを活用した継続的な発信力がものを言うと思います。

しっかりと効果を発揮出来れば、余計な広告費をかけずに最低限のコストで最大限の利益を得ることが出来るのもD2Cビジネスの魅力ではあるので、今後D2Cビジネスを展開するのであれば、しっかりとした計画と構成を考えた上で取り組んだ方が良いと思います。

まずは気軽に問合せ