D2C

D2Cビジネスを成功させる4つの要因

今世界的にD2Cビジネスが大きな注目を集めています。

D2Cビジネスとは、企業内で商品を開発し、製造した商品を直接消費者の元へ届けるというビジネスモデルであり、SNSやインあターネットの普及により、企業は続々とD2Cビジネスの導入を始めているのです。

D2Cビジネスを展開することで、卸売業者や小売店舗を介すことなく、直接商品を届けることができますので、中間手数料や無駄なコストを削減して、スピーディに商品を販売することができるのです。

今多くの企業がD2Cビジネスを開始し、成功事例が多くなってきていますので、自社ビジネスでもD2Cビジネスを導入しようと考える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、D2Cビジネスを成功させる4つの要因についてお話しさせていただきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:客観的に商品の特性を見る

D2Cビジネスを成功させるには、そもそも自社が商品開発をし製造しているからこそ、その特性を客観的に知り、より魅力的にアピールする、ということが大切です。

どれほど自社内で商品が優れていると認識していたとしても、それが消費者に伝わらなければ意味がありません。

商品を客観的に見て、魅力的なポイントを効果的にアピールしていきましょう。

その際は、商品の「魅せ方」も重要です。

企業によっては、商品の種類を設け、ラインナップのようにして豊富にあることをアピールするのか、それともこだわった一品を徹底的に押し出すのか、という違いがあるでしょう。

どちらでもアピールをすることができるのですが、この姿勢が少しでもブレてしまえば、企業のブランドイメージを確立することは難しいと言えるでしょう。

2:SNSや動画を有効活用する

SNSが普及しているこの時代、SNSがあるからこそD2Cビジネスは盛り上がりを見せていると言われているのです。

特にSNSでは、商品に興味を持っている人だけでなく、自社商品を知らない顧客にまでも商品の認知度を向上させることができます。

企業専用の公式SNSアカウントを作成し、ターゲット層のユーザーに的確にアピールしていきましょう。

SNSインフルエンサーを起用して商品アピールを行うことも有効的な方法ですね。

また動画配信も非常に有効な方法です。

実際にアメリカでは、ECビジネスを展開している企業が、商品が自宅に届いてから使用するまでの動作をまとめた動画を配信しているケースや、実際にその商品を作っている行程を映した動画などを配信し、多くの消費者から興味を惹き、売り上げが向上しているという事例があります。

消費者にとって動画配信とは、広告よりもかなり信頼感を持つことができるという認識がありますし、企業にとってもマーケティング費用を抑えることができますので、おすすめの方法です。

3:オンラインECショッピングモールとの関係性を認識する

ネットショップを利用する半数以上のユーザーは、欲しいものがある場合、まずは「Amazon」や「楽天市場」で商品を検索すると言われています。

これは日本でもアメリカでも同じような結果が出ていますので、無視できないポイントですね。

基本的に日本のオンラインECショッピングモールでは、楽天市場が主に食品やファッションアイテム、Amazonが家電製品や安価な消耗品という認識で分けられているでしょう。

この2社はかなり巨大なオンラインECショッピングモールであり、かなり強く大きなパワーを持っていますので、無知のまま挑んでしまえばまったく売り上げが上がらない状況になる可能性もあるのです。

おそらくこの大手2社は、今後よほどの大きなことが無い限りは求心力が衰えることはありませんよね。

だからこそこの2社を前に、どのようなWebサイトを構築するのかを考えることはかなり重要なのです。

ですがAmazonや楽天市場に商品を出品することで、消費者の目に留まりやすくはありますが、価格競争に巻き込まれる可能性があります。

それをマーケティングによって自社企業のファンを増やすような工夫が大切なのです。

4:ブランドイメージを確立させる

今誰でも簡単にECビジネスを始めることができる時代だからこそ、D2Cビジネスを成功させるためには企業や商品のファンを多く集めなければなりません。

ファンの獲得にはまず自社ブランドイメージを確立させることが大切で、そのブランドイメージに対してポジティブな印象を持つ消費者層、そしてブランドを拡散して広げたいと思う消費者層を増やすことが重要です。

どれだけ魅力的な商品を開発したとしても、それを検索する人がいなければ売り上げが伸びることはありませんし、ただ商品を紹介するブログの運営だけでは熱狂的なファンを作ることは難しいでしょう。

ブランドイメージを確立させるためには、計画的なWebマーケティン戦略は必要不可欠なのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスを成功させる4つの要因についてお話しさせていただきました。

D2Cは今のトレンドビジネスであり、今後のEC業界を大きく変え主流になるのでは、と予想されているビジネスモデルです。

ですがもちろん、即効性や確率した効果的な施策などはありませんので、自社独自の工夫が必要になってくるでしょう。

D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこれらの要因をしっかり理解して、良いスタートを切ってくださいね。

まずは気軽に問合せ