D2C

今D2Cビジネスに取り組むべき理由

今世の中では小売事業者が実店舗を閉鎖したり縮小する中で、D2Cビジネスモデルが非常に大きな注目を集め、人気が高まってきています。

今さまざまな技術が進歩し、消費者の趣味嗜好が変化し、ブランドは新しい課題に直面するようになりました。

特にデジタル経済の影響により、消費者のブランドとの関わり方やモノの購入方法こそ、大きな変化が見られるようになっています。

このような変化のもと、消費者の期待値は今まで以上に向上しその期待値に応えることができるブランドこそ、消費者からの厚い信頼を得ることができるのです。

つまり、そのブランドがどんな場所でどのように消費者との関係性を築くかということを考案する上で、D2Cビジネスが欠かすことができないのです。

そこで今回は、今D2Cビジネスに取り組むべき理由について、詳しくお話していきたいと思います。

今後D2Cビジネスを展開しようとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

カスタマーエクスペリエンスが中心になっている

たとえばAmazonを考えてみると、ユーザーにシームレスなショッピング体験を提供し、無料配送や無料返品などを実現しています。

これらのことが消費者の期待値を押し上げたため、ブランドは顧客との関係性を重視する必要性が高まり、D2Cビジネスにおけるデータ取得、分析、活用といって今までにない取り組みを行うことを余儀なくされているのです。

そして、カスタマーエクスペリエンスを向上させるための機能を取り入れようとすることで、新たな機会と課題に直面します。

だからこそ、消費者がブランドを選定する際のカスタマージャーニーから顧客と企業との関係のライフサイクルまで考えなければならないのです。

小売事業者が実店舗を閉店している

今、多くの小売業者の実店舗が閉鎖されています。

実店舗の閉店を余儀なくされる小売業者は、進化するオムニチャルと変化する消費者の好みを把握することができていないのでしょう。

従来までであれば、消費者は小売業者を経由して商品を購入するということがメインの方法ではあったのですが、今ではオンライン上でリアルタイムで商品を比較することができ、選択肢が広がっています。

だからこそ、他社に負けない強みを持っていなければ、商品が選ばれることはないのです。

消えてゆくであろう販売チャンネルに頼っていると、どうしてもこの時代ではビジネスの成功が遠のいてしまいますので、多くのブランドがオンライン上で直接消費者に販売する方法を選定しているのです。

現代の消費者ニーズをしっかりキャッチし、フレキシブルでかつ強いECエンジンを構築し、さらにブランドイノベーションとブランド成長のために顧客データを有効活用できるブランドこそ、成功には最も近いでしょう。

地域の販売店に協力を求め、付加価値を生み出す

ここ数年で実店舗の閉鎖が多く続いていますが、ブランドはバリューチェーンにディーラーを取り込もうとさまざまな試みがされています。

実店舗の運営をしている地域販売店と、D2Cがパートナー契約を結ぶことによって、ディーラーは直接商品を販売するということではないものの、消費者との接点を手に入れ、アフターサービスなどを通じて顧客との関係性を築いていくことができるでしょう。

そうなるとブランドの売り上げとしては、エンドユーザーの獲得だけででなく、商品の在庫を正しく管理し、地元の消費者に十分なアフターサービスを提供してくれる販売パートナーに付加価値を提供することができるでしょう。

Amazonはより複雑になる

現代の消費者は、スピードとカスタマイズ、そして質を求めています。

この需要に応え続けているものこそ「Amazon」ですよね。

Amazonは全米のEC売上のほぼ半数を占めており、その勢いは止まることなく続いています。

ブランドがもしこのAmazonを販売チャンネルとして扱う場合、しっかりとした戦略を考案しなければなりません。

たとえば、サードパーティの販売業者に商品を販売する3P、アマゾンリテールと卸売りの契約を結ぶ1Pは重要な方法です。

Amazonの仕組みは非常に複雑で、かつ変化をしていますので、Amazon内で販売する方法、そしてAmazonに販売する方法など、明確な戦略を持つことが重要で、明確な戦略を持っているブランドこそ、成功しやすいブランドなのでしょう。

まとめ

以上、今D2Cビジネスに取り組むべき理由についてお話させていただきました。

D2Cビジネスのトレンドは、まだまだ衰えることはありませんし、今後もさらに拡大していくことが予想されます。

D2Cの流行を新たな機会だと捉え、複雑化し変化をするECに対応していきましょう。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこれらの理由と背景をしっかり理解した上でビジネスを進めてくださいね。

まずは気軽に問合せ