D2C

最先端のビジネスモデル「D2C」の重要度が高い理由

最先端のビジネスモデル「D2C」の重要度が高い3つの理由

D2Cビジネスは、海外だけでなく今では日本でも注目されており、どんどん成功事例が多くなってきています。

D2Cとは、Direct to Consumerの略であり、仲介業者を介すことなく商品開発から顧客販売までの、全ての流れを一貫して自社内で行うビジネスモデルです。

ここ数年でインターネット環境が格段に整っていること、SNSの利用者が急増していること、顧客の消費行動に変化が見られていることなどが、その要因として挙げられるでしょう。

特にアパレル業界がD2Cビジネスを始めることが多いですね。

D2Cのトレンドの躍進に伴い、企業ブランドは新しいビジネススタイルを取り入れて、積極的に顧客に自社ブランドをアピールしていく必要があるでしょう。

D2Cに取り組むことで、企業と顧客が直接コミュニケーションを取ることができますので、自社サイト内で顧客情報を集めることができ、問題に素早く対応できることができます。

だからこそ、企業のビジョンや思想を、消費者に明確に伝えやすいですよね。

そこで今回は、最先端のビジネスモデル「D2C」の重要度が高い3つの理由について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

D2Cビジネスに取り組もうと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:小売業界が縮小している

実店舗を運営している方であれば、もうすでに理解できる状況であるかとは思いますが、今小売業や卸売業の商業販売額はかなり減少しており、店舗閉鎖や業務縮小を余儀なくされる状況になっています。

アマゾン一極へ向かっているといわれている小売業界にとっては、このD2Cビジネスは非常に魅力的だと考えられます。

SNSを活用して直接商品やサービスをアピールし、そして販売までを行うことで、より適切で魅力的な情報を顧客に発進することができますよね。

従来からあるECと今ならではのソーシャルを掛け合わせることこそ、D2Cの本質であり新しい手法を取り入れたいと考える企業こそ、生き残る企業になることでしょう。

2:消費者リテラシーが向上している

年々消費者リテラシーが向上しています。

たとえば、大手オンラインECショッピングモールのAmazonや楽天であれば、そこで販売されている商品の購入を検討した際、数百や数千のレビューを読んでから購入することができますよね。

さらに企業が発信しているSNSを見ると、その企業の世界観やブランドストーリーを理解することができ、それに共感をしてもらって商品購入に繋げることもできるでしょう。

もちろんコストに余裕があるのであれば、大々的な広告出稿やマス広告を利用して、商品やサービスを宣伝することができるのですが、大々的に宣伝したとしても、この時代消費者の購買意欲に繋がるとは限りません。

消費者は自身で何が良くて悪いのか、ということを的確に判断することができるようになっていますので、消費者の目はさらに厳しく、商品への期待感も高まっていくことでしょう。

企業と顧客がしっかりコミュニケーションを取り合うことで、直接意見を参考にし、その意見を商品やサービスに反映させましょう。

そうすることで、企業と顧客は信頼関係を築くことができますよね。

今の時代、顧客との信頼関係がなければ、どの業界においても生き残ることはかなり難しくなってくると言われています。

D2Cビジネスであれば、自然と顧客とコミュニケーションを取ることができますので、D2Cビジネスがトレンドになることも必然だったのではないでしょうか。

3:サブスクリプションが台頭している

2020年のビジネストレンドになると言われている「サブスクリプション」が台頭していることも、理由のひとつですね。

消費者が、メーカーから定期購入型として直接商品を購入するという流れは、サブスクリプションとして日本でも主流になりつつあります。

月額、もしくは年額利用料金を支払うことで、定期的に消費者の手元にその商品が届いたり、契約しているサービスを好きな時に好きなタイミングで利用することができます。

サブスクリプションが広がり始めた当初は、デジタル商材と相性が良いと考えられていたのですが、今ではサブスクリプションとして提供出来ない商材は無いと言われるまでになり、多くの物がサブスクリプションとして提供されているのです。

「今後も続けて購入したい、利用したい」と思ってもらえるようなブランドにすることで、固定客の獲得に繋がるでしょう。

まとめ

以上、最先端のビジネスモデル「D2C」の重要度が高い3つの理由についてお話しさせていただきました。

このような理由から、D2Cの需要度はどんどん増していますし、今後も時代の流れが後押しし、より一般に普及することが考えられるでしょう。

D2Cビジネスを導入する際は、ぜひこれらの要因をしっかり理解した上でビジネスを進めてくださいね。

まずは気軽に問合せ