D2C

D2Cビジネスを成功させるために導入すべき、おすすめのチャットボット

企業と顧客の新しい関係性を作り出すと言われている「D2Cビジネスモデル」。

D2Cビジネスモデルが登場した当初は、海外で多く採用されていたのですが、今では日本でも続々と導入事例が多くなってきています。

企業やブランド自らが商品の企画や製造を行い、自社独自チャネルで顧客に直接商品を販売するという仕組みであり、特にアパレル業界や美容業界での導入事例が多いでしょう。

D2Cビジネスモデルを展開することで、業務すべてを担うことができますので、自由度が高く柔軟に変化しやすい上、顧客からのフィードバックを得やすいのでPDCAを素早く回すことができるので、企業にとっては多くのメリットがあるのです。

D2Cビジネスを行う上で、「チャットボット」というキーワードを目にすることがあるでしょう。

特にD2Cビジネスではデジタルマーケティングに従事しており、消費者にとってもチャットボットが一般的な生活シーンに入り込むことが多くなってきていますので、

D2Cビジネスでもぜひ活用したいところですよね。

そこで今回は、D2Cビジネスを成功させるために導入すべき、おすすめのチャットボットをご紹介したいと思います。

D2Cビジネスでのチャットボットにお悩みの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

チャットボットを導入する目的

チャットボットを導入することで、離脱率の防止フォーム入力の簡易化に期待することができるでしょう。

Webサイトに訪れたユーザーに対し、すぐに離脱されてしまうことを防ぐため、チャットボットでコンテンツを表示し、引き止めることができますよね。

また、通常フォームの入力はLP下部に表示されますが、ユーザーによっては見つけることができなかったり、スクロールすることが面倒だと感じる場合もあるでしょう。

ですがチャットボットにより、ポップアップで分かりやすく表示させることで、フォーム入力を促すことができます。

D2Cビジネスがチャットボットを導入することで、顧客との長期的な関係を築きやすく、LTVを伸ばしやすいのです。

D2Cビジネスにおすすめのチャットボット

KARTE(カルテ)

KARTEは、まだWeb集客が一般的でない時代から、ユーザーにWebサイトに訪れてからの体験価値を最大化することを重視して取り組んできました。

KARTEは自らをチャットボットとして位置づけているのではなく、顧客体験プラットフォームとして位置づけています。

チャットボットの導入は、機能が十分備わっているため価格が安高くなってしまいますが、それでも非常に高いレベルでWebサイトに訪れたユーザーに対する顧客体験を向上させることができるでしょう。

KARTEはユーザー1人1人のアクションをリアルタイムで可視化することができ、それに合わせて最適なアプローチを行うことができますので、ユーザー体験のパーソナライズを行うことができます。

SYNALIO(シナリオ)

SYNALIOの特徴は何と言っても、チャットボットとして十分な機能が備わっているのですが、価格が非常に安いので、導入しやすいことでしょう。

直観的にも理解しやすい仕組みになっていますので、初心者でも活用しやすいツールでしょう。

もし、チャットボット導入コストが限られている、必要機能のみで十分、チャットボットツールを使いこなせる自信がない、という場合にはぜひおすすめです。

このように聞くと、チャットボットとしてのクオリティが気になるのですが、低いことはまったくなくWebサイトに訪れたユーザーに対して問題なくさまざまなシナリオを行うことができますし、

簡単な操作で成果を上げることができるのです。

qualva(クオルバ)

qualvaは、新規顧客獲得に特化したチャットボットであることが特徴です。

広告成果のトラッキングやレポーティングサービスに注力しており、特にD2Cビジネスには活躍するチャットボットでしょう。

新規顧客がなかなか増えない、という課題を持たれている方は、ぜひqualvaを導入することをおすすめします。

SMART DIALOG(スマートダイアログ)

SMART DIALOGは、D2CビジネスやWebマーケティングに関して十分な経験と実績を積んだ企業が運営するチャットボットですので、

インターフェイスや入力、サイトデザインを損なわないカスタマイズ性など、さまざまな装備を兼ね備えCVRの改善のための強力なプロダクトです。

まとめ

以上、D2Cビジネスを成功させるために導入すべき、おすすめのチャットボットをご紹介させていただきました。

D2Cビジネスの中には、チャットボットを導入することで、解約阻止率が約4倍にもなった事例があります

今の時代のD2Cビジネスにおいて、チャットボットを活用することは、もはや必要不可欠だとも考えられていますので、チャットボットの導入を検討されている方は、ぜひ今回おすすめしたツールを導入してはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ