D2C

消費者はD2Cに何を求めているのか?

D2Cビジネスは、近年、かつてないほどの盛り上がりを見せているビジネスモデルです。

既に多くのD2Cブランドが誕生しており、現在でも、さらに続々と新たなブランドが立ち上げられています。

このD2Cと言うビジネスがここまで支持されるようになったのは、現代の消費者のニーズに上手く合致したことが大きな理由であり、現代の消費者が求めていたビジネスであるからなのです。

そこで今回の記事では、消費者がD2Cに求めていることについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスの特徴

D2Cビジネスは、企業やメーカーが商品の企画、製造から、広告宣伝、販売に至るまでを、自社で一貫して行う仕組みのビジネスモデルであり、マーケティングにはSNS、販売には自社ECとデジタルを最大限に活用すると言う特徴があります。

ビジネスに関するすべての工程を自社で内製するのが基本であるため、従来のブランドビジネスのように広告代理店や小売店などいくつもの中間業者を介す必要がありません。

また、販売は自社ECのみで行うため、基本的には実店舗の運営も行う必要がないのです。

D2Cは、このような特徴から、これまでブランドを立ち上げるためにかかっていたコストを大幅に削減することが可能であり、これまでブランドビジネスに携わることが難しかった小規模な事業者であっても、ブランドを立ち上げることが容易となったのです。

このD2Cビジネスの登場により、実際に多くの小規模事業者がD2Cビジネスに参入しており、現在、様々なD2Cブランドが続々と誕生しています。

そして、これらのD2Cブランドに多くみられる共通点が、取り扱う商品の数が絞られているという点です。

D2Cビジネスは、前述のように、小規模な事業者でもコストを抑えてブランドを立ち上げることができるビジネスです。

それ故に、商品を絞り込み、こだわり抜いた商品だけを販売しているブランドが多いのです。

また、D2Cには、商品数を絞り込み、それに関わる全てを自社で内製する為に、一貫したブランディングができると言う特徴もあります。

このブランディングにおいてD2Cブランドは、SNSや自社ECを最大限に活用し、ブランドの世界観やイメージを消費者に強く訴求、それに共感してくれた消費者を取り込んで行くことができるのです。

この一貫したブランディングとこだわり抜いた商品と言うのがD2Cブランドの最大の売りであり、従来のブランドとは大きく異なる点なのです。

多様化したニーズに対応するD2Cビジネス

このD2Cビジネスがここまで盛り上がりを見せているのは、現代の消費者のニーズが大きく変化し、多様化していることが大きな理由と言われています。

現代の消費者は積極的にモノを買うことがなくなっており、現在はモノが売れない時代と言われています。

そして、この消費者がモノを買わなくなったと言うのは、現在の市場に流通する商品に対して関心がなくなったからなのです。

現在の市場は、大量に生産された、似たような商品、個性のない商品が溢れています。

例えば、アパレル商品であれば、どのブランドも似たようなトレンドの商品を大量に生産し、安価な価格で大量に流通させているのです。

これらの大量生産商品は、消費者がいつでも簡単に入手することが可能であり、その価格も誰もが手を出しやすい手ごろな価格です。

しかし、このような個性のない大量生産商品に多くの消費者は魅力を感じなくなっており、関心を示すことがなくなっているのです。

現代の消費者は、自身の感性や個性を大切にすると言う考えが強くなっています。

それらの消費者は自身が魅力を感じない商品には関心を持ちませんし、いくら安価だからと言って必要のないモノを購入したりはしないのです。

現代のブランドビジネスにおいては、消費者にはそれぞれの好みと言うものがあり、興味や関心が個々に異なり、ライフスタイルも大きく異なると言うこと、それ故に、求めているモノ、必要なモノも大きく異なるのだと言うことを理解することが必要なのです。

そして、それらの消費者が求めている個々の感性や個性に合った商品を提供していくことが重要であり、それを実現しているのがD2Cと言うビジネスなのです。

これが、D2Cが現代の消費者に求められている理由であり、現在の状況でモノを売るためには、D2Cと言うビジネスが必要となるのです。

まとめ

このように現代の消費者は、自身のニーズに合った商品を求めているのです。

従来のように、大量に生産された個性のない商品をいくら並べ立てても、現代の消費者の関心を引くことはできなくなっているのです。

消費者のニーズがこれほど大きく変化しているのであれば、そのニーズに対応していかなければ、モノが売れるわけはありません。

モノが売れないのは、消費者が求めている商品を提供できていないからであり、消費者が求めている商品を理解し、提供していかなけらばモノが売れることはないのです。

現代の消費者がD2Cを求めているのは、D2Cが多様化している消費者のニーズを理解し、本当に求めている商品やサービスを提供してくれているからなのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ