D2C

消費者がD2Cを選ぶ本当の理由

新型コロナウイルスの流行による外出自粛の影響により、ECの利用者が大幅に増加し、現在EC市場はかつてないほどの盛り上がりを見せています。

これは、ECを販売の軸としてるD2Cビジネスにおいても同様であり、D2Cブランドの多くがこのコロナ禍においても収益を上げているのです。

この流れは、今後しばらくの間は続くものとみられ、D2Cの利用者も増え続けていくものと予想されています。

しかし、消費者がD2Cを選択するのはコロナ禍であることだけが理由ではありません。

そもそもD2Cは、コロナ以前より消費者の注目を集めていたビジネスであり、現代の消費者から選択される理由のあるビジネスなのです。

そこで今回の記事では、消費者がD2Cを選ぶ理由について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

消費者がD2Cを選ぶ理由

現代の消費者が、ECで商品を購入しようと考えた場合に、どこで購入するかという選択の基準は、従来とは大きく異なってきています。

現代の消費者が選択の基準として重要と考えるのは、まず、環境問題などの社会問題に対し、何らかの取り組みを行っているということです。

現在、世界的に地球の環境破壊が大きな問題となっています。

そして、地球の環境を保護する為に、世界全体、国全体で活動していこうという流れとなっているのです。

この環境問題を解決する取り組みのために生まれたのがサスティナブルという言葉であり、現在、様々な方面で使用されるようになっています。

このサスティナブルは、ビジネスにおいても重要な言葉となっており、多くの企業やブランドがサスティナブルな取り組みに力を入れているのです。

ビジネスにおいてこのサスティナブルが重要となるのは、消費者のサスティナブルに対する関心が高まり、企業やブランドに対してもサスティナブルな取り組みを行うことを求めているからです。

特に、この問題に関心が高いのが今後消費の中心となる若い世代であり、この世代は商品やブランドよりも、その企業やブランドがサスティナブルな取り組みを行っているかどうかを選択の基準とするのです。

D2Cブランドは、その多くがこの若い世代をターゲットとしています。

それ故にほとんどのブランドが何らかのサスティナブルな取り組みを行っており、それを消費者に示すことで消費者の支持を得ることに成功しているのです。

また、現代の消費者は、企業やブランドと直接コミュニケーションをとれる事を重要と考え、それを商品を購入する基準としています。

従来では、商品を購入する際に、企業やブランドが消費者と直接関わるのは、購入するときだけに限られていました。

しかし、現代の消費者は企業やブランドとの繋がりを求めており、気軽にコミュニケーションがとれる事を求めるのです。

D2Cブランドは、そもそもSNSで消費者と繋がることを前提としたビジネスであり、商品の企画段階、あるいはブランドを立ち上げる段階から、SNSにおいて消費者とコミュニケーションをとり続けて行くことを重要視しています。

そして、このコミュニケーションは、消費者が商品を購入した後も継続されるのです。

このD2Cブランドが積極的に消費者とコミュニケーションをとろうという姿勢が、現代の消費者の心を掴んでいるのです。

消費者はブランドの透明性に共感する!

このように、消費者はサスティナブルな取り組みを行っていること、積極的にコミュニケーションをとっていることを重要と考え、D2Cを選択しているのです。

そして、この2つの理由に通じるのが企業やブランドの透明性です。

以前より、アパレルブランドなどで問題となっているのが、商品の製造に関する労働環境の問題です。

商品の製造コストを下げるために、多くの企業が海外で商品を生産していますが、賃金が安く、労働環境も劣悪であるというケースが多々あるのです。

サスティナブルを標榜するD2Cブランドは、このような社会問題に対しても関心が高く、環境の改善のための取り組みを行っています。

また、食品ロスの問題や、商品の廃棄に関する問題など、ごみを減らすことで環境を改善する取り組みを行っているD2Cブランドも多いのです。

D2Cブランドは、このようなサスティナブルな取り組みを行っていることを消費者に向けて発信しますが、それに伴い、自身のブランドがどのような原料を使用し、どのように商品を製造しているかということも、消費者に示しているのです。

サスティナブルを標榜する以上これは当然のことではありますが、こうしたブランドの透明性に、現代の消費者は強く共感するのです。

まとめ

コロナ禍において、EC市場は急速に拡大化し、利用者も大幅に増加しています。

それに伴い、ECを販売の軸とするD2Cビジネスも順調に成長を続けていますが、D2Cが消費者に選ばれているのは、コロナ禍であることだけが理由ではありません。

今回説明したように、D2Cには、企業やブランドの透明性という現代の消費者の心を掴む理由があり、それゆえに、多くの消費者の支持を得ることに成功しているのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ