D2C

D2Cにおいて消費者は体験を共有するパートナーである!

成長を続けるD2Cビジネスでは、次々に新たなブランドが立ち上げられています。

今後もこの勢いは続いていくことが予想されており、多くの企業がD2Cビジネスに高い関心を示しています。

そして、このビジネスがこれほど注目を集めるのは、現代のビジネスに最も重要とされる消費者との関係を重要と考えているからなのです。

そこで今回の記事では、D2Cビジネスにおける消費者との関係性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cは消費者を起点とする新しいビジネスである!

D2Cビジネスは、短期間で瞬く間に成長し、続々と新しいD2Cブランドが誕生しています。

このビジネスがこれほどまでに成長することができたのは、D2Cが、現代の消費者のニーズに合致し、消費者が求めているビジネスであったからです。

その最たる点が、このビジネスが消費者を起点として考えられるものであるということです。

従来では、企業が商品を作り、それを消費者が買うと言う関係が一般的でした。

企業にとっての消費者とは、単に企業が作り出した商品を買ってくれると言うだけの存在にすぎなかったのです。

一方D2Cでは、商品を作り出す以前から、消費者と積極的に関係を持っていくことが重視されます。

どのような商品を作るのか、どうやってそれを広めていくのかと言う、従来では企業が単体で行っていたことを、消費者とともに共有していくのです。

従来の商品ありきのビジネスでは、新しい商品を開発する際には、その商品の仕様、パッケージ、価格などは開発前に既に決定しています。

しかし、消費者を起点とするビジネスであるD2Cの場合、これらの商品の関する詳細は後回しにされるのです。

D2Cでまず重要となるのは、消費者とどのような接点を用いて関係を構築するか、そしてその関係をどのように継続していくかということなのです。

このように消費者との関係が構築されることで、消費者が本当に求めているモノは何かを知ることができます。

D2Cの商品開発はまずその消費者の視点に立つことから始まるのです。

消費者とコミュニケーションをとり関係を深めていく事で、消費者を深く知り、その上で、どんな商品をどのように提供すれば良いのかを共に考えていくのです。

成功するD2Cはストーリーで消費者を惹きつける!

しかし、売るべき商品が開発されていない段階で、消費者と接点を持つためには、消費者を惹きつける何かが必要です。

その何かと言うのが、ブランドのストーリーや世界観、コンセプトと言ったものです。なぜこのブランドを立ち上げたのか、どんな商品を作りたいのか、どのようなブランドにしたいのかと言ったことを消費者に強く訴求し、消費者の共感を誘っていくことが必要となるのです。

実際に、成功しているD2Cブランドの多くは、独自の強いブランドのストーリーを持っています。

そしてそれをSNSを活用して消費者に伝え、消費者からの高い支持を得ているのです。

ブランドのストーリーに共感した消費者は、その多くがブランドに愛着を持ち、ファン化してくれます。

そして、商品を共に作り上げていくことで、さらにブランドへの愛着度は高まり熱狂的なファンとなるのです。

このように、ブランドのファンとなった消費者は、自身が商品を愛用するだけでなく、他の消費者に、そのブランドの良さや商品の良さを広めてくれるのです。

ファン化した消費者を逃さないためには商品体験を共有する!

D2Cでは、このように一消費者をブランドのファンとし、さらにファンとなった消費者を逃さないようにすることが必要となります。

そしてそのために重要となるのが、商品を購入後も消費者との関係を継続していくことです。

購入した商品を使用することで、消費者がどのような体験をし、どのような感想を持つのかを、関係を継続することで共有していくことが重要なのです。

このように体験を共有することで、企業は商品を利用した消費者の生の声を聞くことができます。

そして、それを商品やサービスの改善に繋げていくことが可能となるのです。

このように体験を共有し、自身の意見が反映されることで、消費者はさらにブランドへの愛着を強く持つようになります。

誰でも、自身の意見を採用してもらえると言うのはうれしいことであり、それが自身が気に入っているブランドであれば尚更なのです。

この商品購入後の商品体験の共有や常に消費者の声を聞くと言う姿勢が、さらに消費者を惹きつけ、ブランドの価値を高めていくことに繋がるのです。

まとめ

D2Cビジネスが、従来のビジネスとは大きく異なるのが、今回説明した消費者を起点として考えると言うことです。

従来のビジネスでは、消費者がモノを買わなくなってしまっている現代では、この消費者を重視するD2Cのようなビジネスが求められるのです。

そして、D2Cにおいて、最も重要視しなければいけないのが、消費者と体験を共有すると言うことです。

従来のように、消費者を単なる消費活動をする人と考えるのではなく、体験を共有するパートナーとして考えていく事が大切なのです。

まずは気軽に問合せ