D2C

D2Cビジネス初心者必見!CRMとは?おすすめのCRMツール

今、「こんな商品があれば良いな」というアイデアを持ち、一からブランドを立ち上げそのアイデアをもとにして商品販売を行う起業家が非常に多くなっています。

この起業家がベースとするビジネスモデルで一番多いものが、「D2C」でしょう。

D2Cは、企業自らが商品の企画、開発、製造を行い、さらに顧客に直接販売するという流れを一貫して行うビジネスモデルです。

アメリカ発祥でありながらも今は日本国内の大手メーカーから小規模事業者まで注目を集めていることでしょう。

D2Cビジネスにおいて、CRMという顧客関係管理に取り組むことが重要であり、これに取り組むためには専用のツールを導入していくことが望まれるでしょう。

ですが特にD2Cビジネス初心者の方であれば、そもそもCRMツールとは何なのか、どのようなツールを導入すれば良いのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、D2CビジネスにおけるCRMとは何か、詳しくお話していきたいと思います。

おすすめのCRMツールも併せてご紹介していきますので、D2Cビジネス初心者の方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

CRMツールとは

CRMとは、Customer Relatuinship Managementの略称であり、日本語に直すと「顧客関係管理」と呼ばれています。

CRMは企業と顧客との間に新たな関係を築き、自社の売上向上や利益拡大につなげるための施策として考えられているため、今多くの企業が注目しているのです。

CRMツールとは、上記のようなCRM施策を後押しするためのマーケティングツールであり、このCRMツールを活用することで、顧客データを一括管理し、さらに個々のユーザーの特性に合わせらアクションを提供することができるようになり、より効率的にマーケティング施策に取り組むことができるようになるのです。

年々EC業界は市場規模が拡大しており、事業間の競争も激化しているからこそ、新規顧客獲得のみにとどまることなく、いかにリピート顧客を増やし、LTVを高めることができるのか、ということが重要視されています。

だからこそ、CRMを意識した施策を行い、顧客との良好な関係を築き、自社のロイヤリティやブランド力を高め、ファンの育成に繋げなければならないのです。

CRMツールが注目を集めるようになったことは、もはや自然の流れとも言えるでしょう。

CRMツールを導入することのメリット

CRMツールはIT技術であるからこそ、導入することで、「見える化」をすることができるようになります。

まずその顧客がどのような人物なのか、どのような属性に位置し、どのような行動履歴なのか、ということを的確に把握することこそ、顧客との良好な関係を築く第一歩ですが、これらを分析するにはかなり膨大な数のデータが必要になるでしょう。

だからこそCRMツールを用い、データを瞬時に管理し分析を行うことで、具体的な施策の実施までを落とし込むことができます。

つまりCRMツールを導入することで、企業の作業負担を大幅に削減し、さらに効率よく運営を行うことができるようになるのです。

おすすめのCRMツール

・うちでのこづち

まず一つ目のおすすめのCRMツールは、「うちでのこづち」です。

うちでのこづちは、ECやネット通販に特化しているCRMツールであり、導入実績は500社を超える程の実績を持っています。

うちでのこづちにて、ユーザーの分析や施策の実行、またその効果測定まで幅広くサポートしてもらうことができるので、うちでのこづち一つだけのCRMをまるごとカバーすることができることこそ、人気の理由でしょう。

・Customer Rings(カスタマーリングス)

二つ目のおすすめのCRMツールは、「Customer Rings」です。

Customer Ringsは、EC向けのCRMツールであり、大手企業をはじめ導入実績がかなり多くなっています。

さらに国内でも有数のクラウド型のサービスでありますので導入実績だけでなく、CRMに関するノウハウも豊富であることが魅力的ですね。

CRM導入からビジネス運用すべてにおけるサポート体制が整っていますので、安心して頼ることができますし、自社CRM施策を協力に後押ししてくれることでしょう。

・MakeRepeater(メイクリピーター)

三つ目のおすすめのCRMツールは、「MakeRepeater」です。

この特徴は、シナリオメールが設定されそれを中心としてCRM分析がされることでしょう。

顧客をより細かくセグメント化し、顧客それぞれにぴったりと合ったシナリオを自動で送信することができます。

さらにメールの種類においても、テキストベースやHtmlベースまで豊富に揃えられていますので、顧客それぞれに好まれる効果的なアクションを起こすことができるのです。

まとめ

以上、D2CビジネスにおけるCRMとは何か、そしておすすめのCRMツールをご紹介させていただきました。

D2Cビジネスを成功させるためには、顧客との関係性を重視し、さらにLTVの向上を目指すCRMツールを活用することこそ、欠かすことのできない取り組みになっていることでしょう。

自動化でサポートしてくれるCRMツールは、D2Cビジネスの売上を最大化させるという点においても、かなり協力なツールになります。

これからD2Cビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこれらのおすすめのツールを参考に、自社に合ったCRMツールを導入してくださいね。

まずは気軽に問合せ