D2C

D2Cの定義とは、知っておくべきメーカー通販との違い

今企業と顧客の新たな関係性を作り出すビジネスモデルとして非常に大きな注目を集めているものといえば、「D2C」ですよね。

数年前までは、海外で広く注目されていたのですが、最近では日本企業もD2Cビジネスを展開することが多くなってきています。

D2Cとは「Direct to Consumer」の頭文字を取った略語であり、企業が自ら商品を開発、製作し、自社内で直接消費者に商品を販売するというビジネスモデルです。

アパレル業界や美容業界にこそこのビジネスモデルが広く浸透していることでしょう。

D2Cは、「企業内ですべてを担う」「自由度が高い」「ユーザーからのフィードバックを得やすい」「PDCAを早く回転させることができる」という特徴がありますが、これらの特徴を見ると、メーカー通販とはどのような違いがあるのか、気になりますよね。

そこで今回は、D2Cの定義、そして知っておくべきメーカー通販との違いについて、詳しくお話していきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cの定義とは

D2Cの基本的な定義とは、オンライン上で商品を販売し、EC上でしか行えないコミュニケーションを組み合わせていることでしょう。

通販ビジネスでは、OEMが多く取り入れられており、企業自体がメーカーであることは少ないのです。

OEMの場合は、企画開発スピードと、市場に商品を導入するスピードが非常に速いことがメリットですが、その反面D2Cの場合は自社内で商品開発制作をしますので、かなり長い時間が必要になりますよね。

だからこの商品の考案段階で、いろいろな工夫が生まれるのでしょう。

たとえばアクセサリーブランドの場合、商品がまだ完成してなくとも、Webサイトに画像を掲載することで、少しずつユーザーニーズを満たすようなデザインに仕上げることができますよね。

ECサイトを更新しながらユーザーニーズを探ることができるということは、D2Cならではと考えられるでしょう。

また、それ以外でもソーシャルメディアを十分に活用し、ユーザーに商品を試してもらいSNSにアップしてもらうことで、広告費用を使わなくても認知を広げることができます。

ユーザーが常にs-シャルと繋がることができる時代だからこそ、ネットショップであってもまるで一緒に店舗で買い物をすることができるような体験を提供できるようになったのです。

D2Cとメーカー通販の違い

EC市場は今急激に伸びており、オンラインでありとあらゆるものを購入できるようになっています。

Amazonや楽天などでも欲しい商品を検索するだけで、類似商品が多くあらわれ比較検討をすることができますよね。

そうなるとユーザーは商品を選定する際、必然的に価格で競合することも多くなりますので、競合他社に価格で負けてしまわないために、自社商品の優位となる魅力と商品の特徴を理解してもらわなければなりません。

その優位性を保つためにはどうすれば良いのか、ということからD2Cが生まれたのでしょう。

ですが、メーカー通販であっても自社内で商品の企画開発を行い、ユーザーに直接販売している例もありますよね。

一見同じようにも見えますが、この二つの大きな違いは「ユーザーとの関係性」にあるでしょう。

メーカー通販の場合、特有の成分や得意分野の研究を組み合わせ、オリジナル商品を作り上げます。

もちろんこれは日本らしく非常に良いビジネスモデルでもあるのですが、プロダクトアウトになってしまうこともありますよね。

D2Cでは、商品そのものではなく、その先にある体験やコミュニケーションなどすべてを含めた世界観がプロダクトになっているのです。

購入の過程、購入後の体験、SNSでのシェアなどすべてがプロダクトであるという考え方は、今の時代の通販ビジネスでは重要視しなければならないポイントでしょう。

どれだけプロダクト力が強い企業であっても、ECが中心だからこそできる組み合わせ、そして顧客体験を生み出す工夫はは絶対に重要視すべき考え方なのです。

まとめ

以上、D2Cの定義とは、知っておくべきメーカー通販との違いについてお話させていただきました。

最近では、ユーザーが求めるレベルもどんどん上がっており、プロダクトそのものだけでなく、プロダクトを経た体験までもを含み、トータルとした「ブランド」を求めているといわれています。

問題を解決する、解決のための信頼感がある、そして共感と支援を感じることができる、と思ってもらうことが非常に重要なのです。

このようなユーザーの感情は今後さらに加速し、直接企業と繋がりたいと考える方が多くなることが予想されますので、D2Cビジネスの展開を検討されている方は、まずD2Cの定義を知り、ビジネスの根本的な仕組みを理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ