D2C

D2Cにおけるデジタルエクスペリエンスの重要性

新型コロナウイルスの流行により、現在多くのビジネスが厳しい状況に置かれています。

特に、小売業などの店舗型ビジネスへの影響は大きく、小売業界は急速なデジタル化へのシフトを進めているのです。

D2Cビジネスも小売業ではありますが、そもそもがデジタルを活用したビジネスであるため、このコロナ禍においても成長を続けています。

しかし、多くのビジネスがデジタル化を加速させている現状では、いくらデジタルと親和性の高いD2Cビジネスと言えどもうかうかしてはいられないのです。

そして、この状況の中で重要とされているのが、デジタルエクスペリエンスであり、D2Cビジネスにおいても重要とされているのです。

そこで今回の記事では、D2Cにおけるデジタルエクスペリエンスの需要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

デジタルエクスペリエンスとは?

デジタルエクスペリエンスは、おもにDXと表記され、デジタルにより表現、提供される全ての体験やプロセスであり、AIやIoTなどのデジタル技術を活用し、ユーザーにとって最適な体験やプロセスを企業が持続的に提供していくことを表しています。

簡単に言うと、サイトを訪れたユーザーが具体的にどのように行動するのかを分析し、そのデータを基に最適なサービスを提供すると言うことです。

このデジタルエクスペリエンスは、デジタル化が進む現代のビジネスにおいて欠かすことのできない重要な要素となっています。

ビジネスにおけるデジタル化の必要性は、かなり以前から言われ続けていたことであり、とうの昔に戦略的な投資を行い、既にデジタルに完全にシフトしている企業も存在しています。

しかし、多くの企業は、そのタイミングを見誤り、この状況に陥ってから急遽デジタルシフトを加速しているのです。

この現在のビジネスにおける急速なデジタル化は、新型コロナウイルスの流行の影響を受けたものです。

この新型コロナウイルスの流行は、日本だけでなく、世界中の経済に多大な影響を与えました。

特に影響を受けたのが、店舗を構える小売業界です。

店舗型ビジネスは、消費者が店を訪れてくれることで成り立つビジネスです。

しかし、外出自粛の要請により、多くの店舗が閉鎖や時短営業へと追い詰められ、店舗を開けていたとしても、訪れる消費者は大幅に激減してしまったのです。

これにより、多くの小売業者が消費者とのかかわりを絶たれてしまい、ビジネスが成り立たなくなり、小売業者は急激にデジタルへのシフトを行わざるを得ない状況へと陥ったのです。

しかし、これまで本格的に取り組んでいなかったデジタル化が、一朝一夕で簡単に上手くいくわけはありません。

それ故に、現在においてもこれらのデジタル化に後れを取っていた企業は、苦境に立たされているのです。

D2Cにおけるカスタマーエクスペリエンスの重要性

このように、現在のビジネスにおいてデジタル化へのシフトは急務となっており、その後はデジタルエクスペリエンスを提供できるかどうかが問題となっていきます。

これは、どのようなビジネスであっても同様であり、既に苦境に立たたされている小売業界においては死活問題となってくるのです。

これは、D2Cビジネスも小売業であるため、同様ではありますが、そもそもD2Cはデジタルを最大限に活用するビジネスです。

基本的にデジタル上でビジネスを完結させることができるため、小売業界の中ではデジタル化においては最高の立場にあると言えます。

事実、D2Cビジネスは、この新型コロナウイルスの流行禍において、収益を上げることができているだけでなく、これまで以上に注目を集め、成長しているのです。

ただし、これほどデジタルを活用しているビジネスであっても、デジタルエクスペリエンスを提供することは重要なことなのです。

D2Cビジネスは、現状では他の小売ビジネスよりも優位に立っています。

しかし、今後、ビジネスにおけるデジタル化は進み、ほとんどの企業はデジタルへとシフトしていくものと考えられます。

全ての企業がデジタルを活用するのが一般的となっていく中で、現在の立場を保っていくためには、提供するデジタルエクスペリエンスの質を高めていくことが重要となるのです。

このデジタルエクスペリエンスの質を高めていくには、サービスを提供する側もデジタル化に対する入念な準備が必要となります。

サイトを運営し、顧客に対応するスタッフすべてが、最新の情報や技術を共有すること、そして企業は、デジタル化を最適化するために投資をし、注力していくことが求められるのです。

さらに企業は、サイトの利便性を高め、消費者が使いやすく、分かりやすいサイトを設計することも必要であり、消費者の要望や行動を知るため、消費者とコミュニケーションをとることも求められるのです。

そしてこれらは、継続して行うことが重要であり、常に消費者にとって最適な状態に改善していくことが必要なのです。

D2Cビジネスは、自社ECのみを販売チャネルとしているため、このECサイトの最適化は常に求められ続ける事なのです。

まとめ

急速に進むデジタル化の波の中で、そもそもデジタルを活用するD2Cは一歩抜きんでた位置にいると言えます。

しかし、だからと言って、いつまでも優位に立てるわけではありません。

D2Cビジネスをさらに成長させるには、他のビジネスよりも、さらに先を行く必要があり、そのため重要となるのが、今回説明したデジタルエクスペリエンスなのです。

このデジタルエクスペリエンスは、今後さらに重要となっていきます。

そのため、D2Cにおいても、常にその質を高めていくことが求められているのです。

まずは気軽に問合せ