D2C

「D2C」と「DNVB」の違いとは

近年、商品販売を行う上で「D2C」という言葉を耳にする機会が多くなったと感じている方は多いでしょう。

D2Cビジネスは、2010年頃よりアメリカで主流になっており、今日本でもどんどん浸透しているビジネスモデルなのです。

D2Cは「Direct to Consumer」の略語です。

アパレルや日用品、食料品、サービスを扱うスタートアップとして多く存在していますが、ECプラットフォームとしての形態ではなく、Webサービスやアプリなどを利用して独自の商流を持ち消費者に直接自社商品を販売していくというビジネスモデルがD2Cなのです。

自社内で商品の企画開発、製造、販売までのすべての工程を完結させるということが、このビジネスモデルの特性ですね。

このD2Cを学ぶ中で「DNVB」という言葉を知ることがあるかと思います。

DNVBはD2Cがさらに進化を遂げているモデルと言われていますので、このビジネスモデルの意味も知っておくべきだと考えられます。

そこで今回は、「D2C」と「DNVB」の違いについて詳しくお話させていただきたいと思います。

今後D2Cビジネスを始めようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「D2C」とは

典型的なD2Cのパターンとしては、アプリなどでインフルエンサーを起用し、そのインフルエンサーの情報を見るユーザーが、アプリやECサイト上で直接商品を購入するという場合ですね。

ECだけでなく、SEO対策を行いWebサイトのアクセスを促したり、SNSを利用して販売促進を行ったり、それがきっかけになりユーザーが商品を購入します。

またショールームの場を用意して、実際に商品を用意し実際に商品を試してもらい、最終的にオンラインで商品を購入してもらう場合もあります。

ただ単に商品を販売する場としてではなく、原則ではほかのメディアなどを介すことなく、自社のブランドストーリーやベネフィットなどの情報をユーザーに直接伝えるということで、モノを直販するEC要素を兼ねたチャネルを合わせたものこそ、D2Cなのです。

「DNVB」とは

DNVBは、Digital Native Vertical Brandの頭文字をとった略語です。

デジタルネイティブに対し、バーティカル産業に特化したブランドを生み出すという意味を持っています。

上記で説明した通り、D2Cは企業がユーザーに対し一方的に商品や情報を届けるチャネルであるのですが、DNVBはサービスをインタラクティブに届けることができるチャネルを複数持っていることこそ、DNVBの大きな特徴でしょう。

簡単に説明すると、現代の若い年齢層のユーザーは、SNSやスマートフォンをかなり使いこなしていますよね。

そのユーザー層をターゲットとして、ニッチだけでも強いリレーションを築くことができるブランドを作る、ということなのです。

また、DNVBではすべての顧客体験から一次情報を得ることができる、という点もポイントです。

DNVBの名に含まれる「Vertical」は、自社バリューチェーンやカスタマージャーニーから一次情報をすべて取るということに注力しているという特徴があります。

DNVB投資はビジネス投資ではなく、ブランド投資だからであると言えるでしょう。

ブランドの姿勢や主張を宣言し、共感や支持を獲得することが重要なのです。

「D2C」と「DNVB」違い

説明したものをまとめると、D2Cは利益の効率性を求める「ビジネス投資」であり、DNVBは利益の効率性を求めない「ブランド投資」ということです。

DNVBは、必ずしもその段階でも最大効率性を求めているわけではありません。

D2Cに関してマーケティングの世界では、どんな投資をすればどれくらいの人が購入し、いくら売り上げを上げることができるのか、というように、効率を上げ利益を追い求めるようなパフォーマンスマーケティングの考え方が中心になります。

D2CとDNVBは、根本的な考えに大きな違いがありますので、これを理解しておく必要があるでしょう。

D2Cビジネスを展開する上でも、DNVBに関する情報は知っておくべきなのです。

まとめ

以上、「D2C」と「DNVB」の違いについて、詳しくお話させていただきました。

今、多くのスタートアップ企業が続々とD2Cビジネスとして展開を始めているからこそ、今後もさらにD2C市場が盛り上がりを見せることでしょう。

D2Cビジネスを運営する企業にとってはもちろん、顧客にとってもより良い商品が提供される場になりますので、需要もどんどん高くなっていくことが考えられますね。

D2Cビジネスを学ぶ上ではDNVBに関する知識も必要不可欠になりますので、ぜひこの機会にD2Cの知識と合わせてDNVBの知識も得て、新たなビジネスの取り組みに役立ててみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ