D2C

D2Cビジネスを成功させるため、従来までのECビジネスとの本質的な違いを知る

今、D2Cというビジネスモデルが世界的に注目を集めています。

D2Cとは、メーカーやブランドが自社内で企画し、生産した商品を流通業者を介すことなく、自社ECサイト内で直接消費者に商品を販売するビジネスモデルです。

D2Cビジネスは、ブランドの立ち上げから顧客への情報発信、そして広告やマーケティング、販売まで全てがデジタルで完結していることが特徴であり、SNSを積極的に活用して、消費者とコミュニケーションを取りながら商品を販売しているブランドが多いですよね。

ですが特にECビジネスを行い、D2Cビジネスの展開を検討している方にとっては、「最近よくD2Cという言葉を耳にするけど、従来までのECビジネスとの違いが分からない」と思われる方も多いでしょう。

D2CとECは言葉は違うのですが、結局のところECサイトで顧客に商品を販売しますので、同じではないのか、と思う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、この2つは、もちろんのことながら同じ意味を持つ言葉ではありません。

そこで今回は、従来までのECビジネスとD2Cビジネスの本質的な違いについて、詳しくご説明させていただきたいと思います。

D2Cビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「D2C」「EC」それぞれの言葉の定義

まずは、D2CとECそれぞれの言葉の定義を理解していきましょう。

ECは、Electronic Commerceの略称であり、日本語で電子商取引と訳され、その意味通り、インターネットを介した取り引きのことを言います。

そして、D2Cは上記で説明した通り、自社独自のブランドの世界を構築し、その世界観を重要視し、自社内で生産した商品を直接消費者の元へ届ける、ひとつのフレームワークです。

D2Cでの販売方法は、インターネットを介する場合も含まれていることが多いので、その点においてはECの定義と重複しているため、混乱を生む理由のひとつになっていることでしょう。

「D2C」と「EC」の違い

それぞれの言葉の定義を理解した後は、それぞれの違いを明確にしていきましょう。

違いとは言っても、そもそもが違うものでありますので、ひとつずつの違いを説明することは難しいのですが、大きな違いとして、「顧客視点」「提供される価値」に注目してみましょう。

まず、ECビジネスでは、消費者はその商品自体の「機能的価値」を求めていました。

「この商品にはこのような機能が備わっている」ということを顧客に訴求したり、「価格が安い」ということを価値として訴求し、売り上げに繋げていました。

商品を販売する上で、機能性を訴求することは非常に重要なことなのですが、今現代はモノが溢れている時代です。

だからこそ、機能的価値だけの訴求には、どうしても限界があるのです。

ですが、D2Cビジネスで重視しなければならないことは、そのブランド独自の「世界観」であり、訴求するものは「情緒的価値」です。

例えば、スーツケースを販売するD2Cブランド「Away」では、スーツケースに付帯する雑誌やホテルを創り、旅行が好きなユーザーに向けて、そのユーザーが好む世界観を構築しているのです。

このように世界観を構築することで、ユーザーは機能的価値に魅力を感じることはもちろん、情緒的価値も併せて、どんどんAwayのファンになっていくのです。

このような事例のように、顧客に提供する価値に注目してみると、このような大きな違いが理解できるでしょう。

D2Cビジネスを成功させるためには、ECビジネスとの本質的な理解が必要

海外D2Cブランドは、今先進的な取り組みが行われています。

たとえば、アメリカで人気が非常に高いコスメD2Cブランド「Glossier」は、顧客と直接コミュニケーションを取ることができるコミュニティを創り上げたことこそ、ビジネスが大きく成長したのでしょう。

従来までのコスメブランドと言えば、いかに自社の商品が魅力的であるか、ということを積極的にアピールし、売り上げに繋げていたのですが、Glossierは創業者自身がしっかり顧客の声を聞き、顧客とコミュニケーションを取り合い、そしてその声をすぐに商品の改善策として、顧客の声を反映させた商品作りを行いました。

SNSで一方的に発信するのではなく、顧客とのコミュニケーションを大切にすることこそ、ECビジネスでは無かった、D2Cビジネスの重要なポイントなのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスを成功させるた、従来までのECビジネスとの本質的な違いについてご説明させていただきました。

今回ご紹介した事例以外にも、D2Cビジネスではそれぞれ多くの成功の形があります。

今後D2Cビジネスに挑戦しようと思われている方は、それぞれのビジネスモデルの本質的な違いを知り、理解をすることが大切です。

ぜひ積極的に良い成功例で行っている施策を取り込み、消費者から支持されるD2Cブランドを創ってくださいね。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ