D2C

参考になる特徴的なD2C成功事例

今進化し続けるビジネスモデルといえば、「D2C」が挙げられるでしょう。

D2Cビジネスとは、Direct to Consumerの頭文字を取った略語であり、ブランドや企業が企業内で製造、開発した商品を、仲介業者を介すことなく自社ECチャネルで商品販売を行鵜ビジネスモデルであり、最近大きな注目を集めているのです。

特にアパレル業界やコスメ業界との相性が良いので、自社もD2Cの導入を、と検討されている方も多いのではないでしょうか。

コストを大きく削減するということは、消費者に高品質な商品を低価格で提供することができますので、ブランドと消費者双方に大きなメリットがあると考えられるでしょう。

また、D2Cビジネスのもうひとつの特徴は、従来までは消費者からの要望は小売店などを通していたのに対し、D2Cえでは直接消費者からのフィードバックを得ることができますので、顧客とコミュニケーションが取りやすくなり、顧客との良好な関係を構築させやすくなったのです。

時代の流れに沿って需要が伸びてきたD2Cビジネス、今後もさらに規模が拡大することが予想されています。

そこで今回は、参考になる特徴的なD2C成功事例をご紹介していきたいと思います。

今後D2Cビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cブランドの先駆者「Warby Parker」

メガネメーカーのWarby Parkerは、D2Cを初めて成功させたブランドだといわれています。

2010年ペンシルバニア大学に在学していた4人の学生によって創業され、2015年には「Fast Company」という雑誌では、AppleやGoogleを抑え、最もイノベーティブな企業として選ばれたのです。

Warby Parkerではm購入前の試着体験として、「Home Try-on」というサービスを提供しています。

このサービスは、顧客がオンライン上で7つの質問に回答するだけで、その顧客に合った眼鏡が提案され、その中から好みのメガネを5つ選択することができるのです。

そしてその後、返送無料の眼鏡ボックスが顧客のもとに届き、5日間無料体験をすることができるという仕組みになっているのです。

このHome Try-pmでは、SNSを経由した2つの特徴があります。

まず1つ目は、みれにある世代の顧客がSNSへメガネをアップすることの広告です。

消費者は手元に届いたメガネが本当に地震に似合っているのか、という疑問のもと、SNSをアップしますので、広告代理店などを経由することなく消費者の投稿により自然と世の中に浸透していく、という仕組みになっているのです。

そして2つ目の特徴は、SNSにて「#Warby Parker」もしくは「#Home Try-on」というハッシュタグをつけることで、Warby Parker専属のスタッフからフィードバックのコメントが返ってくる、というものです。

メガネを熟知した専門家からのアドバイスを元に、自身に合うメガネを見つけることができるという、革新的な形態を確率したのです。

アパレル業界タブーを武器にした「Everlane」

アパレル業界のタブーと言えば、「原価率の開示」です。

ですが、アパレルD2CブランドEverlaneは、この原価率を開示することを武器とし、一躍大きな注目を集めたのです。

Everlaneは、原価だけでなく材料費や労働費、関税、輸送税などその商品が完成するまでの詳細をすべてオンライン上で簡単に見せる仕組みを作り、今までのアパレル業界とは正反対の道を進んだのです。

これが結果的にブランドアイデンティティを広く認知させることに成功したのです。

Everlaneの特徴は、少量生産と工場の質にあるでしょう。

生産量を小ロットに抑え、無駄な在庫を一切抱えていません。

従来であれば、大量生産大量販売の時代でありましたので、売れ残った商品はセールとして価格を下げ売り切るという形態であったのですが、Everlaneでは生産量を抑えて売り切るということに重きをおいているのです。

もちろん少量販売であるからこそ、毎月新しい商品をリリースしたり、抑えたコストを消費者への値引きに当てたりすることで、消費者から選ばれるD2Cブランドへと成長したのでしょう。

まとめ

以上、参考になる特徴的なD2C成功事例をご紹介させていただきました。

これらの事例以外にも、多くのD2Cビジネスの成功事例はありますが、特にこれらは明確な正解の道筋があったからこそ、大きな成功成し遂げたD2Cブランドと言えるでしょう。

SNSやインターネットが普及しているこの時代だからこそ、D2Cの特性を十分に理解し、さらにさまざまな方法を駆使して、いかにD2Cブランドの知名度を向上させ、顧客満足度を向上させるかが重要です。

ぜひこれらの成功事例を参考に、良いヒントを見つけてくださいね。

まずは気軽に問合せ