D2C

D2C事業者必見!InstagramでUGCを生み出すパターン

D2C事業者必見!InstagramでUGCを生み出す3つのパターン

海外だけでなく、今日本でも多くの注目を集めているビジネスモデルといえば、「D2C」ビジネスモデルですよね。

D2Cとは、ブランドやメーカー自らが商品の企画、製造をし、自社独自販売チャネルにて直接購入者の販売するビジネスモデルのことを言います。

IT業界では直販型ビジネスモデルがもうすでに一般的であったのですが、D2Cビジネスは実体のあるアパレル業界や美容業界を中心に多くなってきているのです。

D2Cビジネスを行う上でのマーケティングにおいて、「UGC」が注目されていることをご存知でしょうか。

UGCとは、「User Generated Contents」の略称であり、ユーザー生成コンテンツと意味します。

今、情報過多の時代であるからこそ、消費者は日々多くの情報を自由に得ることができるでしょう。

多くの情報の中で自社を認知してもらうためには、信頼性の高い情報である必要があり、そのためには自信の知り合いなどの繋がりがある人が投稿したものであれば、目に留まりやすいという傾向があるのです。

このUGCを自然に作り出すことこそ、重要なポイントになっているのです。

そこで今回は、InstagramでUGCを生み出す3つのパターンについて、詳しくお話していきたいと思います。

D2C事業者の方は必見ですよ。ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

パターン1:Instagramの写真映えをしやすくする

毎月届くBOXを見て、開封し、それをシェアしたくなるようなものでなければなりません。

たとえば、定期的におやつが届く「Snaq.me」は、おやつ体験BOXが提供されており、自然素材で作られた美味しいおやつが、定期的にポストに投函されます。

おやつ体験BOXという名の通り、おやつを食べる時間がいつもよりもっとワクワクした時間になるよう、箱自体のデザインや開封体験に多くの工夫がされており、これが結果的にUGCに繋がっているのです。

ですが、従来までのSnaq.meでは、中のおやつ一つ一つにラベルが貼られており、そこにどんな成分が入っているのかということが一目で見ることができたのですが、それではユーザーがSNSに投稿したとしても同じような投稿になってしまっていまいますよね。

そこにユーザーが毎月のSNSの投稿を楽しむことができるように、透明な袋に入れるという工夫をしたのです。

そうすると、おしゃれで魅力的なおやつが写真映えするので、InstagramのSNS投稿に繋がり、UGCを生み出したのです。

パターン2:撮影ポイントを多くする

撮影ポイントを多くすることも、重要なポイントです。

たとえば、パーソナライズされたコーヒーが定期的に届く「PostCoffee」を例に挙げてみましょう。

PostCoffeeでは、簡単なコーヒー診断後、約15万通りの組み合わせからパーソナライズされた自分だけのコーヒーが、月に一度3タイプのコーヒーがポストに入るサイズで投函されます。

毎月のコーヒー体験に飽きられてしまわないよう、商品はもちろんのこと、箱や開封体験にも工夫がされているのです。

箱を閉じたままであっても開けた状態でもどちらでもInstagramで魅力的に見えるように設計されているところが、工夫されていますね。

さらに部屋のインテリアとしても使用しやすくなっており、捨てずにおしゃれに飾っておきたいと思わせることは、ユーザーにとっても嬉しいポイントです。

パターン3:カスタマイズしやすくする

カスタマイズ性を持たせて、ユーザー自身に「どのような投稿にしようか」と考えてもらことで、SNSへ投稿することの楽しさを提供することができます。

カスタマイズのしやすさを提供することで、同じユーザーが複数回投稿することにも期待することができるでしょう。

たとえば、美容メディアから生まれたD2Cブランド「PHOEBE BEAUTYUP」では、メディアに寄せられた美容の悩みをもとにまつ毛美容液や毛穴ケアの美容液などを開発し、女性おから多くの支持を得ています。

これは、スキンケアとしての機能はもちろんですが、見た目がよく写真映えするようなつくりにされており、開封体験にもこだわりが見られます。

ユーザーが投稿用の写真の撮り方次第でいろいろ工夫することができるという、カスタマイズの楽しさを体験することができる、ということが特徴であり、複数回の投稿にバリエーションを持たせることができるのです。

さらにクリアポーチも付属されており、さらにバリエーション豊かな投稿を楽しむことができるでしょう。

まとめ

以上、D2C事業者必見、InstagramでUGCを生み出す3つのパターンについてお話させていただきました。

これら3つのパターンを活かすことで、D2Cブランドとしての更なる価値を高めることができます。

D2Cビジネスにおいてはこのパターンが必須になってきますので、ぜひさっそく取り組んでみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ