D2C

効果的にD2Cを導入するためのポイント

今アパレル業界や美容業界を中心に大きな注目を集めているビジネスモデルといえば「D2C」でしょう。

D2Cビジネスは、実店舗を持たない企業やスタートアップ企業であっても、そのブランドのイメージを直接消費者に伝えることができる上、低予算から始めることができます。

またさらに、デジタルマーケティングとEC上での販売で完結しますので、従来までの実店舗販売のビジネスよりも商圏がかなり広くなるでしょう。

また、自社内で商品開発から販売までを行いますので、中間業者を介すことがありません。

つまり、中間業者に必要であった手数料やマージンなどのコストを削減できますので、特にスタートアップ企業にとっては大きなビジネスチャンスにもなることでしょう。

小売業者には厳しいこの時代、ネットワークインフラやインターネットの普及により、Eコマースが急速に普及しているからこそ、今改めてD2Cが注目されているのでしょう。

そこで今回は、効果的にD2Cを導入するためのポイントについて詳しくお話させていただきます。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

マーケティング体制を整える

D2Cビジネスのメリットは、消費者からダイレクトな反応を得ることができるということでしょう。

ダイレクトに受けた反応を、そのままマーケティング戦略に反映させることができますので、そのフィードバックを柔軟に取り入れ、マーケティングのPDCAを回す体制を整えていきます。

もしこの体制を整えることが出来ない場合は、D2Cに取り組むには少し難しいと考えられるでしょう。

自社サイト、ECサイト、SNSなどの多種多様のチャネルを用意し、それらを有効活して顧客との関係づくりを行うことができるようなマーケティングの基礎を整えておきましょう。

商品力を上げる

D2Cだけでなくどのようなビジネスモデルにおいても同じことが言えますが、どれだけその企業のマーケティング力が高くても、販売する商品自体の商品力がなければ、ビジネスが成功することはあり得ません。

もちろん良い商品であれば必ず売れるということはありませんが、魅力的でない商品が売れることはほぼありません。

売れている商品のすべては、魅力的で良い商品なのです。

魅力的で良い商品とはどのような商品なのか、それは「消費者のニーズにマッチしているもの」です。

自社のターゲット先にしているユーザーは誰なのか、そのターゲットユーザーは何を求めているのか、ということを考えていきましょう。

自社マーケティングの基礎を整えることと並行して、自社の商品力を見直しましょう。

その際に商品のテコ入れをするべきなのであれば、同じく検討したいところですね。

消費者との関係性を深める

顧客からの貴重なフィードバックを自社内に取り入れ、それを元にまずは自社内でPDCAを回すためのマーケティング環境を整えることが大切です。

そのためにもSNSやブログなどを用いで、うまく活用しながら顧客との良い関係性を深めていきましょう。

アパレルブランドであれば、おすすめのコーディネイトを提案したり、コスメブランドであればおすすめの使用方法を提案することが効果的ですね。

SNSで商品の魅力をアピールし、そのブランドのストーリーを伝えることで、その商品やサービス自体のファンになってもらいやすいのです。

そのブランドの背景にあるストーリーに共感してもらうことで、消費者の購買意欲を搔き立てることができます。

消費者により早く受け入れてもらうためにも、まずは自社がターゲットとするユーザーのニーズに合った商品を提供しましょう。

継続的にブランドのファンを惹きつけるための戦略が重要なのです。

ブランディングを意識する

D2Cビジネスの展開を検討されている企業の中には、それほど企業のブランド力が強くない企業もあるかと思います。

D2Cビジネスを成功させるためには、企業のブランディング力はかなり重要になります。

もうすでに知名度があるブランドであれば、そのブランドを直接検索されやすいのですが、もし直接検索されるほどのブランド力がない場合、まずは知名度を上げるためにも、広告などを出稿する必要がありますので、それなりに費用が必要になります。

ですのであまりブランド力がない企業は、まずウェブマーケティングを有効活用し、自社ブランドに対して熱狂的なファンを獲得しなければなりません。

まとめ

以上、効果的にD2Cを導入するためのポイントについてお話させていただきました。

今、Webマーケティングのインフラがかなり整備されていますので、どのような企業であってもECサイトを構築し、消費者へ直販するビジネスを始めることが、それほど難しいことではありませんが、無計画に始めてしまうと、長期的に望ましい成果を上げることは難しいでしょう。

D2Cビジネスを行う場合、まずは顧客と商品、自社マーケティング力をじっくり見直して、適切な体制を整え、取り組むことをおすすめします。

ぜひこれらのポイントを参考に、D2Cを効果的に導入してくださいね。

まずは気軽に問合せ