D2C

企業がD2Cを導入するときのコツ

2015年以降、徐々に注目を集めているビジネスモデルと言えば「D2C」でしょう。

ここ数年では日本でも導入する企業が多くなってきましたので、耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

日本国内だけでなく海外でも需要が伸び続けているビジネスであり、従来であれば企業が消費者にモノを販売する際、さまざまな業者を介していたために、なかなか顧客と直接コミュニケーションを取ったり、リアルな消費者の意見を聞いたりすることが少なかったのですが、D2Cでは企業が自社内で開発製造した商品を、独自で販売するという仕組みです。

D2Cによって得ることができる消費者の細かなデータは、企業の宝となる重要な物ですので、このD2Cビジネスモデルが注目を集めているのです。

新たな切り口として、D2Cを導入したいと考えられている企業の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、企業がD2Cを導入するときのコツについてお話ししていきたいと思います。

今後D2Cの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cを導入するときのコツ

企業がD2Cを導入することで、消費者に直接自社ブランドの魅力やコンセプトを伝えることができますよね。

だからこそ早急に導入したいと考える企業は多いでしょう。

顧客から得たフィードバックを、まずは自社内でPDCAを回すマーケティング環境を整えることこそ、D2Cを導入するコツです。

これを踏まえた上で、自社サイトとECサイトを構築し、さらにSNSを有効活用することで消費者との関係性を深めることが重要なのです。

従来のビジネスでも同じことが言えるのですが、質の良いものだけが多く売れるとは限りません。

自社がターゲットとする消費者の「ニーズ」を的確に把握し、そのニーズに応えることができるような商品を開発し、販売することが大切なのです。

自社ですべてを完結させるビジネスモデルであるからこそ、他社との違いやその商品の魅力を考え、セールスポイントが多くある商品を製造することが重要です。

顧客のフィードバックを参考に、改善点を見つけて日々改善を繰り返し行う必要があります。

また、今の時代はインターネット上にECサイトが非常に多くなっている時代ですので、まずは自社ブランド、自社商品を認知してもらわなければなりません。

ブランドの背景にあるブランドストーリーを消費者に共感してもらい、消費者の購買意欲を掻き立てていきましょう。

これらをより効果的に発進していくには「SNS」が有効ですね。

D2Cビジネスは、アパレル業界を中心に広がっているのですが、アパレル企業であればおすすめのコーディネイトを提案したり、どのような使用背景が魅力的なのか、ということを積極的にアピールすることで、自社ブランドに興味を持ってもらうことができるでしょう。

また、このような戦略は継続的に行うことで、ブランドのファンを多く作ることができますので、実施すべき戦略と言えますね。

ブランディングを意識する

D2C導入を検討する企業は、もちろん大手企業から中小企業、個人運営の場合など幅広くありますよね。

ですが、全ての企業が十分なブランド力を持っているということはなく、ブランド力が弱いという企業も当然ありますよね。

D2Cビジネスモデルを導入して成功させようと思うのであれば、企業のブランディングは非たとえばアパレル大手企業で考えると、「ユニクロ」や「NIKE」の場合、すでに十分な知名度を持っていますので、直接検索がされやすい状態です。

ですが、ブランド力が弱い企業であれば、まず消費者に自社ブランドを知ってもらうためには広告などを利用して宣伝をしなければなりませんし、その場合には莫大なコストがかかってしまうでしょう。

そして広告などデメリットとしては、一過性になりやすいということがありますので、多くのコストをかけたとしても継続的にはマーケティングを行えない、という場合が多いのです。

ですので、ブランド力がない企業の場合は、D2Cビジネス開始前にまず、マーケティングを活用して自社のファンを作ることが最優先です。

アメリカのD2C企業のほとんどは、SNSを有効活用し、顧客と直接コミュニケーションを取っていることが多く見られますので、このような企業を参考にして自社に活かすこともおすすめです。

まとめ

以上、企業がD2Cを導入するときのコツについてお話しさせていただきました。

大手企業をはじめ、日本でも多くの企業がD2Cビジネスに対する関心が高まって来ていますので、実際にECサイトを構築しD2Cビジネスを開始することは難しくはありません。

ですが、顧客との関係を構築していくことは簡単なことではありませんので、D2Cビジネスに取り組む場合は、まず商品やマーケティング力を再度見直すことも重要でしょう。

まずは気軽に問合せ