D2C

D2Cにおける物流には丁寧さが必要!

コロナ禍において、ECの利用率が上がり、D2Cブランドの利用者も増加しています。

しかし、それに伴い競争も激しくなっており、他のブランドとの差別化が必要となってきています。

そして、その差別化は、商品やサービスの内容はもちろんですが、商品を消費者に届けるための物流においても重要となるのです。

そこで今回の記事では、D2Cにおける物流の重要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cに物流が重要となる理由

スマートフォンが広く普及したことにより、近年ECの利用率は向上していましたが、ここにきて、かつてないほど急速にEC化が進み、利用者が大幅に増加しています。

これは、新型コロナウイルスの流行による外出自粛が影響したものですが、それに伴いEC市場での競争も激しくなっているのです。

これは、ECを販売の主とするD2C市場も同様であり、新たなD2Cブランドが続々と誕生しているのです。

このような状況の中で、勝ち抜いていくためには、競合との明確な差別化が必要となります。

そして、その差別化と言うのは、商品やサービスだけにとどまったものではありません。

消費者と接するすべての点において、差別化が必要であり、その中でも重要となるのが物流なのです。

物流と言うと、従来では単なる商品の配送と捉えられていました。

できるだけコストをかけずに、とにかく商品を消費者の元に届ければ良いと言う考えが根強かったのです。

物流で重要なのは、配送キャリアの選定や梱包資材や在庫管理のコストを削減することであり、マーケティングや集客には影響がないと思われていたのです。

しかし、物流も消費者との重要な接点の一つです。

そして、梱包した商品と言うのは、消費者がその取引の中で、一番最初に目にするものなのです。

丁寧な物流とは何か?

現在のビジネスでは、消費者の視点に立ち、消費者と積極的に繋がりを持つことが重要視されています。

これはD2Cビジネスでも同様ですが、D2Cでは従来のビジネスよりも、さらにこの消費者の視点に立つことを徹底しています。

そのため、物流においても消費者との重要な接点であることを認識し、消費者の視点に立って考えることが求められるのです。

消費者の視点に立つということは、消費者が満足する物流を設計していくことです。

そもそも物流とは、企業が消費者へ商品を届ける過程のすべての工程を指します。

単に商品を配送するということだけではなく、商品の保管、管理、包装、梱包、梱包資材の管理なども含まれるのです。

消費者が満足する物流と言うのは、購入した商品がスムーズに届けられることはもちろんですが、手元に届いた商品が丁寧に梱包されていることも重要なのです。

先ほども述べましたが、商品を購入した消費者がまず目にするには、段ボールなどの外装です。

この段ボールなどの外装が汚れていたり、形が崩れているだけで、中の商品に問題はなかったとしても、消費者の中には不快感を覚える人も多く存在します。

また、段ボールの中身も重要です。商品が壊れないように配慮されていることが大切であり、ただ、商品を段ボールに入れただけでは、消費者の信頼を失うことにも繋がります。

緩衝材などを使用し、商品が安全に消費者の手元に届けられるように、十分な配慮をする必要があるのです。

ただし、過剰な包装や梱包は、その後の処理が消費者の負担になるだけでなく、現在のエコの流れに反し、消費者の反感を買う恐れがあります。

現在では、環境のために過剰包装をなくし、ごみを減らすと言う考えが浸透してきており、これにも配慮する必要があるのです。

つまり、丁寧な梱包でありながら、環境に配慮した梱包でなければならないのです。

包装や梱包の丁寧さとは、過剰に梱包材を使用し、包むことではありません。

商品が破損しないよう適度に緩衝材を使用し、商品のサイズに合った段ボールなどを使用し包装することなのです。

実際に、小さな商品がサイズが全く合わない大きな段ボール箱に入れられて届けられることがありますが、その梱包を見て満足する消費者はいません。

なぜ、こんな大きな段ボールを使用するのかと不満に感じる消費者がほとんどなのです。

また、適切なサイズの梱包は、資材コストの削減にも繋がります。

過剰な梱包をなくすだけで、消費者に好感を持ってもらえるだけでなく、コストも減らすことができるのです。

まとめ

D2Cビジネスに限らず、現在のEC市場では、消費者の視点に立って考えることが強く求められます。

これは、物流に関しても同様であり、単に商品を配送すると言うだけでは消費者を十分に満足させることはできないのです。

そして、そこで必要となるのが商品を丁寧に梱包することですが、この丁寧さと言うのは、今回説明したように、過剰に資材を使用することではありません。

現代の消費者は、ごみをできるだけ減らすような環境に配慮した包装を望む傾向が強くなっています。

つまり、D2Cにおける丁寧な梱包とは、適切なサイズで、必要な量の資材を使用し、その商品に合った梱包をすることなのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ