D2C

物流を甘く見るD2Cは成功できない!

D2Cビジネスは、今や大企業さえも無視できない存在となり、順調に成長を続けています。

実際に、市場には多くのD2Cブランドが誕生し、消費者の支持を集めているのです。

しかし、これほど盛り上がりを見せているビジネスであっても、誰でも簡単に成功できるわけではありません。

D2Cビジネスにも問題がいくつかあり、その一つが物流に関わる問題なのです。

そこで今回の記事では、D2Cにおける物流問題について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cビジネスにおける物流問題とは?

D2Cは、商品の企画、製造から販売までのすべての工程を自社で内製する仕組みのビジネスモデルです。

デジタルと親和性が高く、ビジネスをデジタルで完結することができるという特徴があり、基本的には、マーケティングには主にSNSを、販売には自社ECを活用します。

従来のブランドビジネスとは異なり、中間業者を介する必要がなく、その上実店舗を持つことも基本的には必要がないため、大幅なコストの削減が可能となっています。

それ故に、小規模な事業者であってもブランドの立ち上げが容易となっており、実際に多くのスタートアップ企業がD2Cブランドを立ち上げています。

さらに、D2Cはすべての工程を自社で一貫して行うという特徴から、ブランドの世界観やイメージを統一することが従来よりも容易となり、このブランドイメージを保つことが従来よりも重要と考えられています。

これらのD2Cの特徴は、メディアでも取り上げられることが多いため良く知られていますが、見過ごされがちであるのが物流の問題です。

この物流というのは、一般でもよく耳にする言葉ではありますが、ただ商品を配送するだけが物流ではありません。

物流には数多くの工程があり、ブランドビジネスの業務の中でも、業務に割くリソースが多いのです。

そして、この割合は、事業の規模が大きくなればなるほど高くなり、負担が増していきます。

そしてこの物流は、小売りのECにおいては、得に重要な問題となります。

物をECで販売する以上、物流は欠かせない工程であり、D2Cビジネスにおいてもこれは同様なのです。

D2Cにおける物流問題を解決するには?

物流業務は、商品の販売数が少なく、事業の規模が小さいうちは自社で内製することも可能です。

特に、D2Cビジネスはスタートアップ企業が多く、商品数を限定していることが多いため、ブランド立ち上げ初期のうちは自社内で対応しやすいのです。

またD2Cは、前述のように、ブランドの世界観やイメージを、従来よりも重視するビジネスです。

そして、それを守るためには、商品の配送においても従来よりも配慮が必要となるのです。

物流というのは、ただ商品を配送するだけの問題ではなく、商品の包装や梱包も物流の重要な工程なのです。

ブランドビジネスにおいて、商品やECサイトだけがブランドのイメージを形成するのではありません。

顧客がECにおいて商品を購入した場合に、まず目にするのは商品そのものではなく梱包なのです。

ブランドのイメージを損なわないためには、商品の包装や梱包までにも十分に気を使うことが必要となるのです。

しかし、そのためには通常よりも手間やコストをかける必要があります。

自社でこれらのすべての物流の工程を内製すればコストを抑えることは可能ですが、手間や時間がかかりますし、かといってこの工程を外注するとなるとコストがかさむことになるのです。

先ほども述べたように、ブランドの初期のうちは自社で物流のすべての工程を行うことも可能です。

しかし、事業の規模が大きくなれば、それに伴い物流量も増加していきます。

物流量が大幅に増加すれば、それまでの物流のシステムでは上手く稼働することができなくなってしまいます。

そこで、さらにコストをかけて自社で物流業務を担うことも一つの選択肢ではありますが、大企業のように自社で物流センターを持つといったことでない限り、D2Cブランドが自社で物流を行うには限界があるのです。

この限界が訪れる前に、早期に対策を練っておくことが、D2Cビジネスを成功させるためには重要なのです。

そして、この対策というのが、物流業務全般をプロの業者に外注するということです。

これにより、物流以外の業務に割くリソースを増やすことが可能となるのです。

物流業務を外注するとなるとコストがかかるだけでなく、ブランドのイメージが棄損されることが懸念されますが、現在では代行業者も増加し、選択肢が増えてきています。

その中で、自社に適した業者をを選択し、物流業務を任せるというのも検討すべき事となるのです。

まとめ

現在は、D2Cビジネスが広く普及し、多くのブランドが誕生しています。

しかし、そのような状況の中でも、物流の問題はD2Cビジネスにとって重要な課題となっています。

物を販売するECと物流は切っても切れない関係であり、この問題を甘く考えてはいけないのです。

D2Cビジネスを成功させるには、この問題に対し事前に十分対策を練っておくことが必要なのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ