D2C

今注目を集めるD2Cビジネスの市場規模

今多くの企業から注目を集めているビジネスモデル「D2C」は、スタートアップにもふさわしいと考えられ、多くの企業から採用されるようになっています。

ブランドイメージを直接消費者に伝えることができますし、かなりコストを抑えてビジネスを始めることができます。

自社内で商品開発と製造、消費者への販売までを行いますので、従来まで必要であった仲介業者を一切介すことがないということが、このビジネスモデルの特徴ですね。

そうなるとその分のコストを大幅に削減することができますので、高品質な商品を低価格で提供することができるようになるのです。

そのメリットの多さから日本国内でも本格的にD2Cを採用する企業が多くなっていますよね。

そこで考えることは、実際今D2Cビジネスモデルの市場規模はどれほどのものなのか、ということではないでしょうか。

ビジネスを始める際にはまず市場規模を把握してから始めたいとも思うことでしょう。

そこで今回は、今注目を集めるD2Cビジネスの市場規模について、詳しくお話させていただきたいと思います。

ビジネスのスタートアップはもちろん、D2Cビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

最新のトレンドビジネスモデル「D2C」

D2Cとは、自社ECを用いて自社内で商品の開発、製造を行いさらに直接消費者に商品を販売する手法のことを言います。

数年前までは海外を中心に人気を集めていたビジネスモデルなのですが、ここ数年で日本でも採用事例が多くなっています。

このD2Cビジネスは、従来まであった「メーカー直販型」と同じと考える方も多いかと思いますが、大きな違いとして、D2Cはテクノロジーを最大限に活用することでしょう。

すべての情報やデータをデジタル化することで、効率よくビジネスを運用させ、最終的に自社の利益を最大限にすることを目的としています。

さらに最新のマーケットトレンドを反映させた「商品ではなく世界観を提供する」というアプローチ手法こそ、ユーザーから好まれ人気を集めているのでしょう。

D2Cビジネスの市場規模

ECビジネスのトレンドとしてD2Cが理解されつつありますが、実際の市場規模はどうなのでしょうか。

市場規模が気になる方も多いかと思いますが、この答えとしては、今現状D2Cの市場規模に関する確固たる統計は存在していません。

なぜ詳細なデータが少ないのか、それには大きく2つの理由が挙げられるでしょう。

まず1つ目の理由が、まだ日本でD2Cビジネスが新しいビジネスモデルであるということです。

もちろん現在進行形で進化し続けているビジネスモデルでありますが、日本での導入事例が十分ではなく、分母が十分でないので正確な計測をすることが難しいことが考えられるでしょう。

そしてもう1つの理由が、微妙な線引きが難しいと考えられていることがあります。

D2Cビジネスの原型として考えられているものが、「EC」「メーカー直販」などの既存ビジネスであるからこそ、従来のビジネスモデルをプッシュアップし、D2Cに移行する企業と、新たにD2Cビジネスに参入した企業が多くなっているのです。

どこからがD2CでどこからがD2Cではないのか、という定義が定まっていませんので、今後の推移を確認する必要があります。

D2Cビジネス市場規模は拡大傾向?

上記で説明した通り、市場規模の確固たる統計は存在していないものの、まったく予想できないというわけではありません。

実際、D2Cビジネスの発祥であるアメリカの事例を見てみると、多くのD2Cブランドが上場企業として成長していたり、ビジネスの規模を広げています。

非上場でありながらも10億ドル以上の評価額を誇るベンチャー企業であるユニコーン企業が多く誕生し、アメリカでのD2C市場規模が急速に加速しているからこそ、今後のD2Cビジネスの市場規模拡大に期待できます。

もちろん、今は日本ではそもそもユニコーン企業が少ないことが現状であり、さらにD2Cとしてビジネスの転換を行う企業が少ないでしょう。

だからこそ、日本国内においてD2Cビジネスがアメリカほどの急成長を遂げるかどうかは、今後の動きをしっかり注視する必要があるでしょう。

日本国内のEC業界全体は、右肩上がりの成長を続けているので、今後の市場規模の拡大に期待できますね。

まとめ

D2Cの市場規模を計測するための確固たるデータは十分ではないものの、さまざまな要因を見ると間違いなくD2Cビジネスの市場規模は拡大傾向にあると考えられるでしょう。

D2Cビジネスは、まだまだ将来性のあるビジネスモデルであると考えられます。

今まさにD2Cに注目している企業もかなり多いかと思いますし、ご興味を持たれている方も多いと思いますので、今後も新たな展開に期待し、その動向を見逃すことなく、注視しておいてくださいね。

まずは気軽に問合せ