D2C

D2Cマーケティングの取り組み方

ビジネスを展開する上で、マーケティングは欠かせない要素であり、これはどのようなビジネスでも同様です。

D2Cビジネスにおいても、マーケティングは重要となりますが、D2Cにおけるマーケティングは、従来とは異なり、全てデジタルを活用して行われるのが特徴です。

このD2Cマーケティングは、主にSNSを活用しますが、中にはうまく活用できていないケースもあるようです。

SNSと一口に言っても、その種類や特徴は様々であり、それを理解したうえで利用することが大切なのです。

そこで今回の記事では、D2Cマーケティングの取り組み方について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cマーケティングの重要性

D2Cは、商品を企画する段階から消費者に販売するまでのすべての工程を自社で一貫して行う仕組みのビジネスモデルです。

従来のビジネスのように、広告代理店や卸業者、小売店などの中間業者を介する必要がなく、すべてを自社で内製することが基本であり、マーケティングには主にSNSを、販売には自社ECを活用します。

このビジネスモデルは、近年急速に成長していますが、ここまで成長することができたのは、SNSや自社ECといったデジタルを最大限に活用するビジネスであるからと言えます。

ここ数年の間に、ビジネスのデジタル化は急速に進み、ECの利用者も大幅に増加しています。

特に、今後消費の中心となるデジタルネイティブと呼ばれる若い世代は、日常的にデジタルを利用し、買い物にもデジタルを選択することが多くなっています。

D2Cは、この世代を主なターゲットとしており、この世代からの支持を得ることで急速に成長することができたのです。

D2Cビジネスの勢いは、今後も衰えることなく続くと見られています。

実際に、市場には日々続々と新たなD2Cブランドが誕生し、大きな注目を集めているのです。

しかし、市場が拡大すれば、競争が激しくなるというのは必然です。

その中で生き抜いていくためには、D2Cブランドのなかでも明確な差別化が必要となるのです。

この差別化に重要となるのが、マーケティングです。

D2Cにおけるマーケティングは、デジタルを活用するのが基本であり、主にSNSを駆使して行われますが、このSNSを活かせるかどうかが、D2Cマーケティングにおいて最も重要な事となるのです。

D2Cビジネスは、そもそもがデジタルを軸とするビジネスです。

それ故に、SNSはD2Cビジネスと最も親和性が高いツールと言えるのです。

しかし、このSNSを上手く活かしきれていないD2Cブランドも多く存在しています。

それらのD2Cブランドは、SNSの特性を正しく理解しておらず、上手く使いこなせずにいるのです。

SNSをD2Cマーケティングに最大限に活かすためには、SNSというツールを正しく理解することが必要なのです。

SNSの特徴と活かし方

SNSと一口に言っても、中にはいくつもの種類があります。

どれも基本的にはコミュニケーションをとるためのツールですが、ただし、種類ごとに特徴が大きく異なり、利用するユーザー層も異なります。

そのため、D2Cマーケティングに利用する際には、自社のブランドや商品、ターゲット層、利用の目的などを考慮し、最適なSNSを選ぶことが大切なのです。

数あるSNSの中で、D2Cマーケティングによく利用され、効果が出やすいと言われているのが、facebook、twitter、Instagramの3つのSNSです。

これらのSNSは、いずれも人気が高くユーザー数も多いため、新たなチャネルとしても活用できるという特徴を持っています。

まず、facebookの場合、実名登録が必要であり、ユーザーの年齢層が高く、ビジネス利用が多いという特徴があります。

どちらかと言うと男性ユーザーが多いというのも特徴の一つですから、D2Cマーケティングに利用するのであれば、ビジネス色の強い商材、男性向けの商材などを扱うブランドに適していると考えられます。

次に、twitterの場合は、他のSNSよりも拡散力が高いという大きな特徴があります。

そのため、情報を素早く幅広いユーザーに広めたい場合に適しています。

最後に、Instagramの場合、画像の投稿を主体とし、ヴィジュアルに特化しているという大きな特徴があります。

女性ユーザーが多いのも特徴ですから、ビジュアルが重要となる商材や女性向けの商材を取り扱うブランドに適しています。

さらに、Instagramは動画の投稿も可能となっており、ブランドの世界観を伝えるには最適なSNSと言えます。

D2Cブランドは、ブランドの世界観を従来よりも重要と考え、消費者にそれを訴求していくことが求められます。

Instagramは、ヴィジュアルを訴求するのに特化したSNSであるため、この世界観を追求するのに最も適しているのです。

また、ヴィジュアルに特化はしていても、InstagramもSNSであり、コミュニケーションツールであることには変わりなく、消費者と直接コミュニケーションをとることも可能となります。

まとめ

D2Cマーケティングでは、これらのSNSの特徴を上手く活かすことが必要となりますが、この中からどれか一つのSNSを選ばなくてはならないわけではないですし、全てを利用しなくてはならないわけでもありません。

例えば、Instagramを主体としてマーケティングを行い、情報を拡散させたい際には、その都度twitterを利用するなど、その時、その目的に合わせて利用することが必要なのです。

D2Cマーケティングを成功させるためには、自社に必要なSNSを見極めて利用することが大切なのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ