D2C

D2Cにおけるマーケティングは成功事例から学べ!

近年、アメリカで誕生したD2Cと言うビジネスモデルが注目を集めており、日本国内においても、様々なD2Cブランドが誕生しています。

しかし、それらすべてが成功していると言うわけではありません。

顧客を獲得できずに、苦労していると言うケースも多くみられるのです。

そこで今回の記事では、D2Cマーケティングの成功事例について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cにおけるマーケティングとは?

D2Cとは、企業やメーカーが卸業者や小売店などの中間業者を介さずに、消費者に直接商品を販売するビジネスモデルです。

基本的に、販売は自社ECのみで行い、デジタルで完結すると言うのが大きな特徴です。

このビジネスモデルのメリットは、商品の企画から販売までを一貫して自社で行うため、中間マージンが一切発生せず、商品の価格を抑えることができると言うことです。

また、消費者と直接コミュニケーションをとることができるため、関係性を構築できると言うメリットもあります。

D2Cには、上記のようなメリットがありますが、全てをデジタルで完結するということは、マーケティングにおいても、WEBマーケティングのみを活用していかなくてはならないということになります。

実際に多くのD2Cブランドでは、SNSやブログなどを活用し、マーケティングを行っていますが、WEBマーケティングと言うのは、マーケティングの中でも難易度が高く、豊富な知識や経験、ノウハウが必要とされます。

D2Cブランドを立ち上げることができたとしても、WEBマーケティングの高いスキルがなければ、成功する可能性は低くなってしまうのです。

また、D2Cは、注目度が高く、成功事例ばかりが取りざたされるため、簡単に成功できるイメージを持っている方が多いようですが、これは大きな誤解です。

D2Cはビジネスモデルの中でも難易度が高く、簡単に成功できるものではないのです。

特に、D2Cの特徴であるSNSなどを活用したマーケティングは、即効性がなく、ブランドが認知されるまでに時間がかかります。

日本国内で成功しているD2Cブランドでも、認知されるまでに2年以上かかったケースもあるのです。

成功している事例のほとんどは、綿密な戦略を立て、工夫を凝らした施策を行い、それを何度も繰り返して、成功に至っているのです。

D2Cマーケティングの成功事例

日本国内のD2Cブランドの中で、良く取り上げられる成功事例として、メンズスキンケアブランド「BULK HOMME(バルクオム)」があります。

このバルクオムは、SNSを効果的に活用したマーケティングで、1年で新規顧客数を10倍にした実績があります。

具体的な方法として、まずバルクオムが行ったのは、徹底したマーケティングリサーチです。

このリサーチでは、顧客1200人に対し、アンケート調査と日常の行動を記録する日記調査を行っています。

これにより、3割以上の男性が日常的に洗顔を行っていないなど男性のスキンケアへの意識を理解することができ、さらに、年齢が低いほどSNSを利用する時間が長いと言った、顧客が日常的にどの程度SNSを利用しているかを把握することが可能となりました。

この結果を基に、バルクオムでは、SNSにおいて男性にもスキンケアが必要と言うメッセージを打ち出し、顧客の取り込みに成功したのです。

この事例で注目すべき点は、SNS広告にUGC(User Generated Cntents)、一般のユーザによって作成されたコンテンツを活用したことです。

これにより、バルクオムは、スキンケアをより身近に感じてもらうことが可能となったのです。

チョコレートブランド「Minimal」も、国内D2Cブランドの中で、成功事例としてよく取り上げられています。

このMinimalは、カカオ豆の選別から、仕入れ、加工、製造、販売に至るまで、すべての工程を自社で一貫して行い、2016年には世界最高峰と言われるチョコレートの国際品評会において部門別の最高金賞を受賞するという快挙を成し遂げています。

これは、日本のチョコレートブランドでは初となる受賞であり、これにより、チョコレートブランドとして一躍有名になったのです。

D2Cブランドは、商品を選りすぐり、少数精鋭で勝負することが多いですが、このブランドも同様にこだわりぬかれた少数の商品構成を売りとしています。

また、自社ECのみでなく、実店舗も運営しており、その中で、チョコレートを手作りできるワークショップや商品開発を体験できるワークショップなどを開催し、自社ブランドやチョコレートに対する理解を深める取り組みを行っています。

さらに、実店舗において顧客と直接コミュニケーションをとることで、自社ECでは分かりにくい顧客の実際の声を掬い上げ、マーケティングの改善に役立てています。

この事例の注目すべき点は、ECと実店舗それぞれの役割を目的別に使い分け、マーケティングに効果的に活用していることです。

これにより、マーケティングが最適化され、最大限の効果を得ることに成功しているのです。

まとめ

近年では、D2Cと言う言葉ばかりが先行し、D2Cにすれば容易に成功することができると勘違いするケースが増えてきています。

しかし、今回説明したように、D2Cは難易度の高いビジネスモデルであり、成功するのは非常に難しいとさえいえるのです。

そして、成功している事例のほとんどは、成功するまでに様々な工夫を凝らした施策を行い、時間をかけて顧客を獲得しています。

D2Cで成功するためには、このように地道な努力を積み重ねていくことが大切なのです。

まずは気軽に問合せ