D2C

D2Cビジネスの成功を左右する「オフライン」の重要性

今、ビジネス業界において企業が自社内で開発し製造したオリジナル商品を、独自のECチャネルで顧客に直接販売する「D2Cビジネス」が注目を集めていることでしょう。

D2Cとは、Direct to Consumerの頭文字を取った略称であり、企業がD2Cビジネスを展開することで、従来までは仲介業者を介していたからこそ必要であった仲介手数料が不要になり、その分のコストを商品開発に当てることができますので、高品質な商品を低価格で提供することができるようになったのです。

D2Cはいわゆるメーカー直販型の販売方法でありますが、ECのための最新テクノロジーやデジタルツールをうまく活用することで、より効率よくユーザーにアプローチをすることができますので、D2Cが注目を集める理由になったのでしょう。

さらに、D2Cビジネスは柔軟なブランディングやマーケティング戦略が可能ですので、オリジナリティのあるサイト運営を行うことができるでしょう。

オンライン上で取引が完結することが特徴的なD2Cですが、実はオフラインである実店舗の存在こそD2Cビジネスの成功を左右すると言われていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、D2Cビジネスの成功を左右する「オフライン」の重要性について詳しくお話させていただきたいと思います。

今後D2Cビジネスを長く運用し続けようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cにおいてオフラインが注目される理由

顧客との接点を作りやすい

まず一つ目の理由は、顧客との接点を作りやすいということにあるでしょう。

D2Cに限らず、ECビジネスを展開する上での最重要となることが「集客」ですよね。

いかにして顧客をサイトに導くか、そしてさらにコンバージョンに繋げることができるのか、ということが成功の鍵となります。

ですが実際オンライン上で集客を行うことは、想像以上にハードルが高いものであり、競合他社との競争も激化してしまいます。

そうなると何が注目されるのかというと、「オフライン(実店舗)」なのです。

商品販売を行わなくとも、実際に商品を展示し顧客に見てもらうことができる場を用意することで、顧客との接点を持ちやすくなるのです。

特にD2Cの場合においては、そのほとんどがオリジナルブランドの商品を販売しますので、顧客が初めてその商品を購入する場合はなかなかイメージが掴みにくいでしょう。

ですが、オフラインがあることで実際の質感などを確認することができますので、顧客の認知度の向上にも期待することができるのです。

実際に商品を見てもらうことができる

二つ目の理由は、実際に商品を見て手に取り、確認してもらうことができることでしょう。

オンライン上のみでの販売の場合、もちろんのことながら実際に商品を確認することができません。

ですがオフラインを展開することで、ここに大きな違いを作ることができるでしょう。

D2Cに関しては、ECでの利便性の高さを存分に活かしたマーケティング手法であるものの、どうしても実際に商品に触れることが出来ないという点はデメリットになってしまいますし、特に高価格の商品や、サイズや質感を重視したいファッションアイテムなどは、このデメリットが大きく影響することでしょう。

このデメリットによって、顧客は不安を感じてしまい購入を辞めてしまうということもよくあるのですが、オフラインがあることで顧客の不安要素を取り除き安心感を提供することができるでしょう。

また実際に確認してもらうことでその後の購入の後押しにも繋がりますので、顧客獲得にも繋がってくるのです。

ファンを作りやすくコミュニティを築きやすい

三つ目の理由としては、D2Cブランドのファンやコミュニティを築きやすいということにあるでしょう。

オフラインでは商品販売を行わないものの、実際にスタッフが顧客と顔を合わせ、そのブランドの魅力を伝えコミュニケーションを取ることができますので、顧客に親近感を持ってもらいやすくなり、ファンを作りやすいと言われているのです。

オフラインによって作ることができたファンは、そのブランドのリピーターに繋がりやすく、結果的に集客や売上の向上に繋がるでしょう。

またポップアップイベントを開催することで、より集客に効果的になりコミュニティを築きやすいのです。

SNSによって拡散しやすい

四つ目の理由としては、SNSによって拡散しやすいことが挙げられます。

D2Cビジネスにおいては、SNSを有効活用することはもはや必須になっていますよね。

オンライン上のみの場合、投稿する画像は賞品のみとなってしまいますが、この場合であれば顧客のSNSの投稿やレビューなどを獲得するには少し不利な状況になってしまうでしょう。

ですがオフラインの運営を行うことで、このような顧客行動を生み出しやすく、さらにその場にインフルエンサーなどを起用することで、さらに新規顧客獲得に期待することができるでしょう。

D2CビジネスオフラインとSNSの相性は非常に良いので、D2Cの強みをしっかり引き出すためにもSNSは必須項目にしておきましょう。

まとめ

以上、D2Cビジネスの成功を左右する「オフライン」の重要性についてお話させていただきました。

D2Cビジネスはオンラインの強みを活かしたビジネスモデルなのですが、オフラインと連携しその連携を深めることでより効果的に集客や売上に繋げることができるのです。

もしオフラインを継続的に運営することは難しいと考えられている場合であっても、期間限定のイベントやポップアップの開催などを積極的に行い、オフラインの強みも武器にしてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ