D2C

なぜ今D2Cが注目を集めているのか

今、ビジネスの場において既存の取引形態を表す言葉がどんどん現れています。

「BtoB」「BtoC」などの言葉などは耳にされたことがあるかと思いますが、特に新しいビジネスモデルを表す「D2C」という言葉があることをご存知でしょうか。

消費者の意識変化とともに、ビジネスにも大きな変化が見られているこの時代、最新のビジネスの動向を常にキャッチしていなければすぐさまトレンドに乗り遅れてしまいます。

最新のビジネスの流行に乗りたいと思われている方であれば、新しく現れた言葉には敏感になり、意味を正しく知っておきたいですよね。

「D2C」とはいったいどのような意味を持った言葉で、なぜ注目を集めているのでしょうか。

そこで今回は、なぜ今「D2C」が注目を集めいてるのか、ということについて詳しくお話ししていきたいと思います。

新しいビジネスモデルの情報を把握したいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「D2C」とは

D2Cとは、Direct to Consumerの頭文字を取った略語であり、自社で製造したり企画した商品を、ネットショップなどの自社チャンネルを通して販売するビジネスモデルであり、消費者に対し商品を直接的に販売する仕組みのことを意味しています。

一般的な企業であれば、自社で製造開発した商品は小売店に並べて販売する場合が多いでしょう。

たとえばApple社により開発された「iPhone」であれば、日本国内の販売経路は3大キャリアである「docomo」「au」「softbank」でしょう。

このように他社を介して自社商品を売ることがほとんどなのですが、このD2Cの場合は、自社で開発製造した商品は、自社独自のチャンネルにて消費者に直接販売することによって成り立つビジネスモデルであり、最近非常に多くなってきているのです。

D2Cを展開している企業としては、アパレル関連企業や美容関連企業が多いと言えるでしょう。

他の取引形態との違い

D2Cと類似する他の取引形態といえば「BtoB」「BtoC」などを思い浮かべる方が多いでしょう。

これら二つに関しては、確かにD2Cと同じ取引形態を表しているものの、「誰と誰の取り引きであるのか」ということを明確にしています。

たとえばBtoBは企業が企業に向けたサービスであり、BtoCは企業が一般の消費者に向けたサービスですよね。

ですがD2Cの場合は、「Direct」という言葉が入っているように、自社で開発製造した商品を自社チャンネルで直接販売し、流通業者などを介すことはありません。

さらに「誰」を明確に示すものではなく、基本的には相手とどのように取り引きをするのか、どのように商品を届けるのか、ということを表しているのです。

なぜD2Cが注目を集めているのか

近年非常に注目度の高いD2Cですが、なぜここまで多くの注目を集めているのでしょうか。

D2Cは決して新しい業態というわけではなく、注目を集めている企業はアパレルや実体のある商品を取り扱っている企業です。

従来までのビジネスモデルであれば、企業が消費者の元に商品を届ける際、複数の業者を介する必要があったのですが、実体を持つ業種においては、「自社で製造した商品は自社で販売する」という形態でありますので、この新規性の形態こそ注目を集めている要因になっているのです。

D2Cは誰でも実行可能なビジネスモデル

このD2Cが注目され始めるまでは、やはりビジネスにおいて実績のあるものが成功しやすいと考えられていたのですが、このD2Cが現れてからというもの、誰でも実現可能なビジネスモデルであるという認識がされるようになりました。

既存の流通システムとは違い、このD2Cは現代のテクノロジーを大いに生かし、ゼロベースから独自で最適なシステムを作り上げることができます。

自社メーカーが直接顧客と売買取引を行うことで、製造から販売まで一貫することができますので、無駄なコストを排除することができますし、より価値の高い商品を提供することができますので、企業にとっても顧客にとっても利点が多いビジネスモデルであることが分かりますね。

まとめ

以上、なぜD2Cが注目を集めているのか、ということについてお話しさせていただきました。

D2Cビジネスを行う場合、ネットショップのような自社チャンネルで直接販売を行いますので、今まで接客や販売の経験がないという方も多くいらっしゃいます。

ですがこのD2Cビジネスは「誰でもできるビジネス」だからこそ、多くの注目を集め取り組む人が多くなってきているのですね。

ECビジネスや、ネット販売、最新のビジネスモデルにご興味のある方は、ぜひ今回お話ししたD2Cビジネスも視野に入れ、この機会に知識を深めてみて取り組んでみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ