D2C

D2Cビジネスで実店舗をオープンさせることの魅力

今現代の新しい取引形態としてD2Cというビジネスモデルが、多くの事業主から注目を集めていることでしょう。

D2Cは、ブランドやメーカーが、卸売業者や小売店など他社を仲介することなく、直接消費者と取引を行うビジネスモデルのことであり、インターネットの技術が普及し、ECサイトでの販売が一般的になった今だからこそ、非常に拡大しているのでしょう。

D2Cビジネスが拡大し始めた当初、「D2C=デジタル」というイメージがありましたので、デジタルでこそ成長していくビジネスモデルであるため、実店舗持つことに意味があるのか、と疑問を持つことも多いのです。

実際に国内外でD2Cビジネスが急激に成長しているのは、デジタルマーケティングに起因しており、デジタルの要素があるからこそ、ここまで大きな成長を遂げました。

ですが、実店舗をオープンさせるメリットがない、ということはありません。

デジタルだけの成長や表現には、どうしても限界があるからこそ、実店舗をオープンさせることには魅力があるのです。

そこで今回は、D2Cビジネスで実店舗をオープンさせることの魅力について、詳しくお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスでさらに売り上げを向上させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

実店舗ではリッチな表現をすることができる

まずはD2Cビジネスにおいて、顧客に伝えるべきことは何か、ということを考えましょう。

今モノが多く溢れている時代であるからこそ、機能的価値だけを訴求したビジネスでは、商品が売れることはありません。

機能的価値が優れていることは当然のこと、それに加えブランド独自の世界観やブランドに込められた想いという、情緒的価値を伝えなければなりません。

これを大前提に考えると、デジタルに関してはビジネスの効率が良いのですが、体験として考えた場合にはあまり優れてはいませんよね。

ここ数年でデジタルコンテンツがかなり成功しているとは言えど、ブランドならではの世界観を表現するにはどうしても制限が多くなってしまいます。

実店舗で考えると、顧客がわざわざ足を運ばなければならないということが効率が悪くなってしまうのですが、五感を十分に活用した表現ができるのです。

D2Cブランドが実店舗をオープンした事例

Le Labo(ルラボ)

Le Laboは、香水などの香りを扱うD2Cブランドです。

InstagramをはじめとしたSNSに注力するだけでなく、世界中に実店舗をオープンさせているのです。

「香り」に関しては、顧客が実際に体験し、納得しなければ購入しない、ということがありますが、Le Laboはその場で香りのカウンセリングを行い、顧客の好みに合わせた調合を行います。

この顧客体験は、顧客にとっては非常に珍しく、そしてワクワクするものであり、香水を購入するという行動に唯一無二の体験を加え、その価値を提供しているのです。

Dirty Lemon(ダーティーレモン)

Dirty Lemonは、ウェルネスドリンクを提供しているD2Cブランドです。

Dirty Lemonの店舗と言えば、無人店舗をオープンさせたとして注目を集めました。

「無人」ということ自体が非常にユニークですので、PR効果があったのですが、それよりも面白いポイントは、多くのユーザーに向けた大々的な広告を打つのではなく、いつもDirty Lemonを愛飲してくれている顧客に向けた告知をしたことです。

新規顧客活動よりも、既存顧客のエンゲージメントを高めることを目的としていたのでしょう。

これによって、既存顧客はより深くリッチな体験を得ることができ、かなり印象に残ることでしょう。

Casper(キャスパー)

マットレスを販売するD2Cブランド、Casperもまたマットレスの販売だけではありません。

Casperも実店舗を展開しており、そこでは睡眠におけるより良いライフスタイルを提供し、それを寝る文化として浸透させたいと考えているのです。

ニューヨーク実店舗はThe Dreameryと言い、昼寝専用スペースとして提供を始めました。

Casperのベッドを45分間利用することができる店舗であり、「寝る」というより良い顧客体験を提供しているのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスで実店舗をオープンさせることの魅力について、お話させていただきました。

D2Cビジネスで重要なキーワードは「顧客体験」です。

もちろん、今の時代はデジタルが発展していますので、実店舗が必ず必要なのか、と言うとそうではありません。

機能的価値ではなく、情緒的価値を伝えるには実店舗にてリッチな表現をすることが重要であり、良い顧客体験を提供するには、実店舗が欠かせないのです。

もし実店舗をオープンさせることが出来る状況にあるのであれば、より良い顧客体験を提供するためにもぜひオープンを検討してみてはいかがでしょうか。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ