D2C

これからのD2Cでは実店舗が重要となる!

D2Cビジネスは、ここ数年という短い間に急速に成長し、現在では多くのブランドが誕生しています。

このビジネスは、デジタルを活用するという大きな特徴があり、デジタル化が進む時代の流れに合致しているのです。

今後は、このようなデジタルを軸としたビジネスが中心となっていきますが、だからと言って、実店舗が必要なくなると言うわけではありません。

店舗にはデジタルではカバーできない重要な役割があり、D2Cビジネスにおいてもその特性を活かすことが必要となるのです。

そこで今回の記事では、D2Cビジネスにおける店舗の必要性について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

デジタルを活かすD2Cビジネス

D2Cは、商品の企画から販売を自社内で一貫して行い、自社ECにおいて消費者に直接販売をする仕組みのビジネスモデルです。

すべての工程を内製するため、中間業者を介することがなく、自社ECを販売の軸とするため、店舗を持つ必要もありません。

これにより、従来よりもブランドを立ち上げることが容易となり、小規模な事業者であってもブランドビジネスに参入することができるようになったのです。

このD2Cビジネスはアメリカで誕生し、現在では世界中に広く普及しています。

国内においても、様々なD2Cブランドが誕生しており、今後さらに増え続けていくと予想されています。

D2Cビジネスがこれほどの短期間で成長することができたのは、デジタル化が進む現代において、デジタルを最大限に活用するビジネスであるからです。

D2Cビジネスは、ECを軸とするだけでなく、SNSをうまく活用することを特徴としています。

コミュニケーションツールであるSNSの特性を活かし、SNSにおいて顧客との関係性を構築していくのです。

これにより、D2Cは全く知名度のない新しいブランドであっても、顧客を取り込むことができるのです。

このSNSを利用したマーケティング手法は、現在では、D2Cブランドに限らず、多くのブランドが行っている手法です。

しかし、これらのブランドはSNSを宣伝の為に利用していることが多く、一方的にブランドの情報を発信しているケースがほとんどなのです。

一方、D2Cブランドは、情報の発信ももちろん行いますが、一方通行の情報発信にSNSを利用することはありません。

D2Cブランドにとって、SNSはあくまでもコミュニケーションをとるためのツールであり、顧客と密にコミュニケーションをとることを最大の目的としているのです。

このコミュニケーションにより、D2Cブランドは、顧客が本当は何を求めているか、本当に欲しい商品は何か、どのようなサービスが求められているのかといった顧客の実際の声を聞くことができるのです。

そして、この顧客の声は、直ちにフィードバックされ、商品の企画や改善、サービスの改善に活用されるのです。

実店舗のメリットとは?

このようにD2Cは、SNSと自社ECというデジタルを最大限に活用することにより、時代の波に乗り大きく成長してきました。

今後は、このようなデジタルを活用するビジネスが主流となっていくと思われますが、だからと言って、店舗型ビジネスがなくなるわけではありません。

デジタルを活用したビジネスは、消費者にとって利便性が高いモノではありますが、店舗には店舗でしかできない役割があるのです。

D2Cは、先程も述べたように、SNSで顧客とコミュニケーションをとり関係性を構築していく事を重要視していますが、このコミュニケーションは店舗であれば簡単にとれるものです。

店舗では、顧客と直接顔を合わせてコミュニケーションをとることが可能であり、これはECやSNSでは不可能なことです。

さらに店舗では、商品も直接手を触れて確認することができます。

ECの利用者は増えてはいますが、現在でも商品を実際に見てから購入したいと考える消費者は多いですし、実際に確認できないために買い物に失敗するケースも多いのです。

今後さらにECの利用者が増え、デジタル化が加速していくにしても、店舗で商品を確認したいと考える消費者がいなくなるわけではありません。

そのため、このような消費者を取り込むためには、店舗を持つことが必要となってくるのです。

実際に、D2Cビジネスが一足早く普及したアメリカでは、実店舗を出店させるD2Cブランドが増えています。

これらのブランドは、実店舗をショールーム的な役割として活用しています。

店舗において、商品を実際に確認してもらい、ブランドの世界観を体感してもらうことで、これまでの顧客だけでなく、さらに新たな顧客を取り込んでいるのです。

日本のD2Cブランドも、これに続き、続々と実店舗を出店し好評を博しています。

D2Cビジネスを、今後さらに発展させるためには、実店舗の特性を活かすことも必要であり、デジタルと共存させていくことが重要となるのです。

まとめ

D2Cビジネスはデジタルを活用することが大前提ではありますが、ビジネスはその時の市場の情勢や消費者の行動にあわせて進化していくものです。

D2Cの市場が成長し、競合が増えている中では、顧客を取り込むためには次の一手が必要となってくるのです。

そして、その一手となるのが、実店舗の出店であり、ECと店舗の双方を上手く共存させることで、D2Cビジネスはさらに進化していくことができるのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ