D2C

D2Cと単品リピート通販の違いとは

今海外だけでなく、日本でもD2Cビジネスが大きな注目を集めており、続々と導入事例も多くなってきました。

D2Cとは、企業やブランド、メーカー自らが商品の企画や製造を行い、その商品を独自チャネルで直接顧客に販売するというビジネスモデルです。

このような直販型ビジネスモデルは過去にもあったのですが、ここ数年アパレル業界や美容業界を中心にD2Cの展開が多くなってきているのです。

インターネットの普及、消費者の消費行動の変化などがD2C業界を盛り上げている背景にあるでしょう。

D2Cビジネスを学上で、多くの方が疑問に思うことと言えば、「D2Cと単品リピート通販の違いって何?」ということではないでしょうか。

もちろんこれた2つのビジネスモデルがまったく異なるものであれば、このような疑問は生まれないかと思いますが、ECを起点にしている以上、どうしても同じようにも思えてしまいますよね。

そこで今回は、D2Cと単品リピート通販の違いとは何か、詳しくお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスを始めたい、D2Cビジネスを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cと単品リピート通販の違い

D2Cと単品リピート通販の違いを知るために、まずは単品リピート通販とは何か見ていきましょう。

単品リピート通販とはかなり画期的なビジネスモデルであり、セールスプロモーションの最適化を行うことで販売強化を見込むことが出来るビジネスモデルです。

ビジネスの仕組みをしっかり理解していると、顧客の課題に合わせた商品を作り、LPを作成し広告出稿をし、ひたすらPDCAを回し続ければいずれ成果は上がってきます。

もちろん、商品によっては売れる、売れないに分かれてしまいますが、セールスプロモーションはデータドリブンによって改善をすることができますので、コストを費やし最適化を行えば十分に成功の糸口が見えてくるでしょう。

つまり、単品リピート通販は変数が少なく、最適化しやすい画期的なビジネスモデルなのです。

その一方、D2Cは顧客に対する価値提供を重視しなければなりません。

単品リピート通販は顧客への価値提供に関しては基本的に機能的価値が主になってくるのですが、D2Cの場合は機能的価値だけでなく情緒的価値も伴った世界観で勝負しなければなりません。

機能的価値が不要ではないものの、D2Cを必要とする顧客の課題は、必ずしも明確であるというわけではなく、「なんとなく良い」「なんとなくお洒落」というように言語化できない感覚的選択により、購入に至ることが多いのです。

つまりD2Cは情緒的価値を重視するため、単品リピート通販の成功法では絶対成功するという保証はありません。

さらにD2Cマーケティングはセールスプロモーションだけでは成り立たず、「作る→売る→フォローアップ」までを一貫して行わなければならないのです。

単品リピート通販と比較してD2Cが有望な点

単品リピート通販と比較してD2Cが有望な点は、デジタル広告に頼らなくても自然発生的な売上成長が望めること、そしてファンビジネスであるからこそLTVが伸びることが挙げられるでしょう。

D2Cの場合デジタル広告ドリブンではなく、自然波及的なPRによって売上を作ることができますので、単品リピート通販で必要で高騰してしまうであろう広告費を、別の予算に当て、別の施策に当てることができるでしょう。

ビジネス開始当初からデジタル広告に頼らずビジネスを成長させますので、デジタル広告市場の影響が小さいのです。

そしてD2Cの場合、顧客は機能的価値だけでなく「世界観」に代表される情緒的価値に魅了されますので、ファンビジネスとして確立させることができるでしょう。

ファンビジネスとして確立させることができれば、もし機能的価値として自社とならぶブランドが現れたとしても、簡単に乗り換えられることはなく、LTVが伸びやすいのです。

もちろん単品リピート通販もファンビジネスと言えるのですが、D2Cはよりこのような傾向が出やすいと言えるでしょう。

単品リピート通販と比較してD2Cが苦手な点

上記で説明した通り、単品リピート通販は画期的なビジネスなビジネスモデルであり、再現性が非常に高いので、成功法を見つけると短期間で急成長を遂げることができます。

ですが、D2Cの場合先行投資を多くしたとしても、セールスプロモーションの最適化ではないため単品リピート通販のように短期間で急成長を遂げることは難しいでしょう。

ビジネス開始当初から黒字を出し、徐々に堅調に右肩上がりで成長していく傾向があります。

さらにD2Cは一気に売上のボリュームを出すことも苦手ですそ、変数が多いので、ノウハウが溜まりにくく、フォーマット化にして汎用することも難しいでしょう。

これらの点が、D2Cの特性として苦手であると言えます。

まとめ

以上、D2Cと単品リピート通販の違いについて説明させていただきました。

D2Cビジネスを成功させたいのであれば、このようなECから派生する単品リピート通販についてもしっかり理解しておかなければなりません。

「D2C」という新しいビジネスモデルの誕生も、単品リピート通販をはじめとする従来までの通販とは大きく違うからこそであるということもしっかり理解した上で、D2Cビジネスについての知識を深めてくださいね。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ