D2C

D2Cの成功はSNSの活かし方次第!

SNSは、スマートフォンの普及によりここ数年の間に利用者が急速に増加し、今では消費者の多くが日常的に使用するツールとなっています。

このSNSの注目度が上がるにつれ、企業側もSNSを無視することができなくなり、マーケティングに利用するケースが増えてきているのです。

これはD2Cビジネスにおいても同様であり、SNSはD2Cに欠かせないマーケティングツールとなっているのです。

しかし、一言にSNSと言ってもいくつもの種類があり、使いこなすのは簡単ではありません。

そこで今回の記事では、D2CにおけるSNSの活かし方について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

変化するSNSの役割

SNSは今や誰もが知るコミュニケーションツールとなっていますが、最近ではその役割が大きく変化しつつあります。

従来では、SNSは主にユーザー同士がコミュニケーションを取り合う場として利用されていました。

しかし、最近ではその役割の他にも異なる役割を持つツールとして利用されているのです。

その役割というのが、情報の収集です。

SNSをコミュニケーションツールとしてだけではなく、情報収集ツールとして利用するユーザーが増えているのです。

そのようなユーザーがどのような情報をSNSで得ているのかというと、その多くが商品やブランドの情報なのです。

ユーザーの多くが、ブランドが発信する新商品の情報やブランドに関する情報を得るためにSNSを利用しているのです。

そして、それらのSNSユーザーはSNSで情報を得た商品が気に入った場合には、そのままSNSを介して商品を購入します。

つまり、現在ではSNSは消費者にとって購買チャネルの一つとなっているのです。

D2CはSNSを活かすことが重要!

D2Cで成功するためには、このSNSをうまく活用することが必要です。

SNSを利用してユーザーを上手く誘導し、商品の購入に繋げていく必要があるのです。

つまり、SNSをマーケティングツールとして効果的に活用することが重要となるのです。

従来のブランドビジネスでは、大々的な広告を出したり実店舗においてキャンペーンなどを行ったり、セールを行ったりすることで消費者を集めていました。

しかし、実店舗を持たないD2Cではそのようなマーケティングを行うことはできませんし、広告代理店などの中間業者を一切介さないため、大々的に広告を出すこともありません。

D2Cのマーケティングはデジタルの活用が必須であり、それ故にSNSが非常に重要となってくるのです。

そしてこのSNSは、前述のように現在では消費者に広く普及し、消費者の購買チャネルの一つとなっています。

上手く利用すれば、従来のような大々的な広告やキャンペーン活動などよりも効果を得ることが可能なのです。

SNSを利用する際の注意点

このSNSをD2Cにおいてマーケティングに利用する場合、注意しなければならないのが、SNSにはそれぞれ異なる特徴があり、それを利用するユーザーの特徴もそれぞれ異なるということです。

その特徴を正しく理解していなければ、消費者に対し的確なアプローチをすることはできないのです。

例えばInstaglamは主に画像を投稿する媒体であり、女性ユーザーが多いのが特徴ですし、Twitterは短い文言を投稿する媒体であり、男性ユーザーが多いという特徴があります。

他のSNSにも分かりやすい特徴があるため、それに合わせて利用することが大切なのです。

見た目が重要となるファッションやコスメの発信に、文言の発信が主となり男性ユーザーの多いTwitterを利用しても効果を得ることはできないのです。

このようにSNSにもそれぞれ得意な分野、苦手な分野があります。

利用するSNSの得意分野は何かを十分に理解して初めて、その特性を活かすことができるのです。自社のブランドのイメージや商品にはどのSNSが適しているのか、SNSを活かすには、それを見極めることが必要なのです。

さらにSNSを利用する際に注意しなければならないことがあります。

それが、SNSは進化する媒体であるということです。

SNSはユーザーの利便性を上げるためにサービスの内容を改善したり、新しい機能を追加したりと日々進化をしている媒体です。

例えば、SNSから直接外部のサイトに移動することができるリンク設定が可能となったり、外部のサイトへ移動しなくても商品の購入手続きが可能となるといった機能が日々追加されているのです。

D2CにおいてSNSを最大限に活用するためには、このSNSの進化にすばやく対応し、利用することが求められるのです。

このSNSの進化は、今後も休むことなく続いていきます。

この進化に後れをとらないようD2Cブランド側も進化をしていくことが大切なのです。

まとめ

D2Cビジネスは、実店舗を持たず、中間業者を介さないという特徴から、SNSなどのデジタルを軸としてマーケティングを行わなければなりません。

つまり、SNSを上手く利用できなければビジネスとして成功することはできないのです。

しかしSNSは誰でも簡単に利用できるものではありますが、簡単に使いこなせるというわけではありません。

SNSの特性を正しく理解したうえで、自社のブランドや商品との相性を見極めていく必要があるのです。

さらに、SNSはユーザーのニーズに合わせて進化し続ける媒体であることも留意することが重要となります。

まずは気軽に問合せ