D2C

D2Cビジネスを始める4つのポイント

今の時代のECビジネスのトレンドの一つとなっているものが「D2C」でしょう。

従来までのオンライン上の商品販売といえば、いくつもの仲介業者を介して商品を作成し、販売、そして顧客のもとに届けるということが一般的であったのですが、D2Cではメーカーやブランドが自社企業内で商品開発や作成を行い、顧客の手元に届くまでの一連の流れをすべて企業内で完結させるというビジネスモデルのことを言います。

いわゆる「メーカー直販型」といわれる形態ですね。

ですが今までのメーカー直販型との大きな違いは、従来までのメーカー直販型は商品の「機能性」を重視していたことに対し、D2Cビジネスでは「世界観」を重視して商品販売を行っています。

D2Cブランドのイメージや背景となるストーリーを重視している考え方であり、現代の消費者の購買行動を重視していると考えられているのです。

さらにSNSを有効活用することで、顧客情報や顧客行動をより詳細に分析し、より効率的にアプローチすることができます。

このようにD2Cビジネスには多くのメリットとなる特徴がありますので、早速自社内にも導入を考えている企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、D2Cビジネスを始める際の4つのポイントをお教えしていきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:絞り込む

D2Cビジネスの開始時、まず最初のポイントは「絞り込む」ということです。

何を絞り込めば良いのか、具体的には自社のターゲットユーザーとブランドイメージを徹底的に絞り込むのです。

D2Cビジネスでは、新規ユーザーをどんどん獲得するというよりも、既存ユーザーをいかにコアなファンに育成するか、ということが重要になってきますので、短期的なコンバージョンに繋がる施策を打ち出すのではなく、中長期的な視野を持ってアプローチをすることが大切なのです。

ですのでまずは、どのユーザー層をターゲットとし、どのようなアプローチ方法を用いるのか、ということを徹底的にリサーチし、絞り込んでいきましょう。

ターゲット層、ターゲットユーザーを明確にすることで、そのユーザーに刺さりやすいマーケティング戦略を打ち出すことができるのです。

また、ブランドコンセプトやブランドイメージをぶれることなく徹底することで、競合他社との差別化を図ることができますので、ユーザー視点から見てもブランドイメージが鮮明に分かりやすくなり、企業としてはファン化を促進することができるのです。

ポイント2:こだわる

二つ目のポイントは、「こだわる」ということです。

D2Cビジネスにおいて、どの部分に特にこだわるべきなのか、それは商材選びと商品開発にあるでしょう。

高品質な商品を提供しやすいD2Cビジネスであるからこそ、商品の質はもちろん重視しなければなりません。

パッケージなどの見た目にも、ユーザーに好まれるような工夫をしなければなりません。

ブランドイメージに合ったデザインや、統一感のあるデザインにすることで、それがそのままブランドの強みとなりますので、ユーザーに良い印象を与えるのです。

D2Cは基本的にオリジナルブランドを提供しますので、その商品のデザインにこだわる場合、商品開発段階が最も重要なポイントになるでしょう。

もし商品制作のための工場などを所有していない場合、資金面や技術面において大きなハードルとなってしまいますが、この場合はOEMを利用することをおすすめします。

OEMとは商品開発専門業者が企業から依頼を受けて、その企業のオリジナル商品を開発します。

ですのでもし資金面や知識が乏しい場合であっても、OEMに依頼することで高品質の商品を作ることができます。

ポイント3:資金を集める

D2Cビジネスを展開する上で、資金集めにおいても気になるところですよね。

D2Cと一言で言っても、今後目指す規模によって必要な資金も異なってきますが、まずは一般的な事業計画と同様に、自社がまず第一にどれくらいの規模や売上を目指すのか、ということを考えていきましょう。

資金集めの際は、日本政策金融公庫の創業融資などを利用したり、最近ではクラウドファンディングで資金を集める方法も主流になってきています。

ポイント4:集客方法

D2Cビジネスモデルでは、SNSが必須でありSNSなどのデジタルテクノロジーを活用した集客が重要です。

企業公式のSNSアカウントを作成し、ブランドのコンセプトやイメージ、商品情報や商品関連情報などを積極的に発信し、ユーザーのファン化を図りましょう。

また、SNSのライブ配信機能を利用することでユーザー参加型のコンテンツを発信し、ユーザーの意見をしっかり取り入れた商品開発や、ユーザーと一緒にデザインを考案していくという方法は、ユーザーのファン育成から集客に繋がります。

D2Cビジネスの集客においては、サイトへの流入のためにはアイデアが重要であることを覚えておきましょう。

まとめ

以上、D2Cビジネスを始める際の4つのポイントについてお話させていただきました。

D2Cは現代型のビジネスモデルでありますので、従来までのビジネスモデルと比較するとさまざまなことが新しく変わってきています。

だからこそ既存の枠にとらわれずに柔軟なアイデアを打ち出し、アプローチすることが重要なのです。

新たにD2Cビジネスに挑戦したいとお考えの方は、ぜひこれら4つのポイントを重視してビジネスを始めてくださいね。

まずは気軽に問合せ