D2C

D2Cビジネスはなぜスタートアップ企業が多い?国内スタートアップ成功事例

企業と顧客の新しい関係性を作り出していると言われる「D2C」ビジネスモデル。

D2Cはアメリカで開始されたビジネスモデルであるものの、今では日本国内においてもかなり多くの注目を集めていることでしょう。

D2CはDirect to Consumerの頭文字を取った略称であり、企業が自社内で商品の企画や製造を行い、仲介業者を介すことなく独自の自社チャネルで直接顧客に販売する、というビジネスモデルです。

特にアパレル業界や美容業界との相性が良いといわれていますので、導入を検討されている企業の方も多いのではないでしょうか。

このように今、EC業界のトレンドとして席巻しているD2Cビジネスモデルは、国内でも続々と新しいブランドが登場しています。

特にスタートアップ企業が多く、D2Cビジネス開始後急激な成長を見せる事例も多くなってきました。

そこで今回は、D2Cビジネスはなぜスタートアップ企業が多いのか、国内スタートアップ成功事例を併せてお話していきたいと思います。

今後D2Cビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cはなぜスタートアップ企業が多いのか

D2Cビジネスモデルの特徴は、個々ブランドのコンセプトやビジョンなどの「世界観」を重視しているということでしょう。

SNSやAIなどのデジタル技術を存分に活用することで、スピード感を持ってビジネスを進めることができます。

このような特徴を持つD2Cを導入している企業を見ていると、「スタートアップ企業」がかなり多いことが分かります。

なぜスタートアップ企業が多いのか、それは自社内で商品の製造と開発を行いますので、従来まで必要であった仲介業者への手数料などを大幅に削減することができますよね。

さらに販売形態の軸をECにおくため、設備投資を最小限に抑えることができます。

これらは事業者からするとかなり魅力的なポイントになりますので、D2Cでスタートアップをする企業が多くなるのでしょう。

さらにマーケティングに関して、SNSやオウンドメディアを活用することで、広告宣伝コストを抑えることができますし、そのままブランドのファンを多く作ることができれば、SNSを用いて自然発生的にブランドの知名度を上げ、ビジネスの幅を拡大させることができます。

従来までのような大規模な宣伝活動を行わなくても、自社ブランドの世界観の教官が生まれれば、あっという間に人気ブランドの地位に上り詰めることができますので、このようなスピード感のあるビジネスを行うことができる点も、スタートアップ企業が多い要因でしょう。

国内スタートアップの成功事例

MEDULLA(メデュラ)

MEDULLAは、シャンプーやトリートメントなどのヘアケア商品を販売しているD2Cブランドです。

オンライン診断からユーザーの髪質や髪の状態、特徴などを細かく分析し、それぞれのユーザーの髪質の特徴に合わせて最適な成分が処方され、この処方をもとに自社ラボでオリジナルシャンプーが製造されるという仕組みです。

一人ひとり髪質が異なっているにも関わらず、今まではシャンプーやトリートメントなどのヘアケアは市販品を購入することが一般的でしたが、MEDULLAの新たな取り組みが始まって以降瞬く間に市場の人気を獲得し、D2Cスタートアップ企業への成長したのです。

・FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)

FABRIC TOKYOは、オーダーメイドスーツを提供しているD2Cブランドです。

まずユーザーが店舗にて自身のサイズを計測し、そのデータをクラウド上で管理することで、その後ユーザーはECサイト上でスーツの購入を行うことができる仕組みです。

わざわざ店舗に足を運ぶ必要がありませんし、スーツの生地やデザインも簡単に選定することができます。

FABRIC TOKYOはユーザーにスーツを購入する体験に「自由」を与えたことこそ、人気を集めた原因でしょう。

・COMP(コンプ)

COMPは、世界的に注目を集める完全バランス栄養食品を販売しているD2Cブランドです。

完全バランス栄養食品とは、人間が生きる上で必要な栄養素をすべて含んだ食品であり、本来自然界には存在しないものの、最新のテクノロジーを駆使して製造されています。

この完全バランス栄養食品は、世界的なトレンドの一つであり、パウダーやグミなど他裕しやすい工夫がされています。

特に検討意識の高いユーザーを中心に人気を集めているのです。

まとめ

以上、D2Cビジネスはなぜスタートアップ企業が多いのか、国内スタートアップの成功事例についてお話させていただきました。

従来までのビジネスモデルとは違い、コストを大幅に削減すること、そしてデジタル技術を有効活用することで、かなりスピーディーにビジネスを進めることができますので、国内でも続々とD2Cビジネス導入事例が多くなっていることでしょう。

今後D2Cでスタートアップを検討されている方は、ぜひこれらの成功事例を参考に、メリットを十分に活かしてD2Cビジネスを行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ