D2C

D2C成功のカギは?徹底した世界観の追求にある!

D2Cは今や一般にも広く認知され、あらゆるジャンルのブランドが続々と誕生しています。

しかし、新しいブランドが増えるということは、ブランド間の競争も激しくなり、成功することは難しくなるのです。

このような状況の中で多くのD2Cブランドが取り組んでいるのがブランドの世界観を作り出すことです。

独自の世界観を打ち出し、他のブランドと差別化を図っているのです。

そこで今回の記事では、D2Cにおける世界観について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

現在のD2Cブランドに世界観が重要な理由

D2Cは、中間業者を介さず、商品の製造から販売までを自社で内製し、さらに販売に至っては、ECを活用することにより、実店舗にかかるコストを抑えることができる仕組みのビジネスモデルです。

その特徴により、従来よりもコストの削減が可能となるため、ブランドの立ち上げが容易となり、多くのスタートアップ企業がブランドを立ち上げています。

また、D2Cの特徴はこれだけではなく、最も特異な点として、ブランドのイメージや世界観を強く訴求するということが挙げられます。

従来では、商品を作り出し、消費者にその商品を届けるまでには、多くの中間業者を介していました。

商品の企画や製造をOEM、ODM企業に、商品の宣伝を広告代理店に、商品の販売を小売店に、商品の発送を物流業者にと言うような様々な形で専門業者に業務を委託していたのです。

こう言った事情により、従来のブランドはそのイメージや世界観を一貫して訴求することが困難となっていました。

一方、D2Cはすべての工程を自社で一貫して行う事が可能であり、ブランドが作り上げた世界観を消費者に強く訴求することができるのです。

D2Cでは、基本的にこの世界観の訴求は自社ECやSNSを通して行われます。そして、それによりこのブランドの世界観に共感する消費者を取り込んでいくのです。

しかし、ECやSNSなどインターネットを通して、ブランドの世界観を訴求していくには限界があります。

世界観を伝えるのに最も効果的な方法は、実際に商品を見て、触れて、体験することであり、インターネット上ではそれは不可能なのです。

D2Cと言うビジネスモデルが認知され始め、D2Cブランドがそれほど多くなかった当時であれば、インターネット上での世界観の訴求や体験だけでも、消費者を取り込むことは可能でした。

しかし、現在のD2C市場は拡大化し、数多くのブランドが誕生しているのです。

この多くのライバル中で、消費者を自社のブランドに惹きつけるためには、世界観のさらなる追求が必要であり、他のブランドとの明確な差別化が必要なのです。

そして、多くのD2Cブランドが目を付けたのが実店舗の運営です。

実店舗を出店し、そこで消費者に実際にブランドの世界観に触れてもらい、商品を体験してもらうことで、消費者を取り込もうと考えたのです。

ただし、この場合の実店舗とは、従来の販売を目的とした店舗とは異なります。

D2Cブランドが出店する目的は、世界観の追及であり、商品を実際に消費者に体験してもらうことにあります。

そのため、販売は基本的に自社ECで行い、実店舗は商品を体験するショールームのような役割を持たされているのです。

実店舗で世界観を追求する!

この実店舗において世界観を追求した実例として、アメリカのマットレスブランド「Casper」が挙げられます。

アメリカはD2Cが誕生した国であり、日本の何倍も先を行くD2C先進国です。

D2Cブランドの数も多く、その規模は日本のD2Cブランドとはスケールが違います。そのアメリカのD2C市場において、Casperは存在感を示すために、実店舗の運営に乗り出したのです。

Casperの実店舗の注目すべき点は、実際に、徹底してブランドの世界観を追求しているところです。

マットレスとは人間が眠るためのものであり、その良し悪しを判断するには実際に眠ることが一番であると考え、実店舗内に自社のマットレスを使用した仮眠室を設けたのです。

この仮眠室を利用するには、事前にオンライン予約が必要です。

その後店舗を訪れ、貸出されているパジャマに着替え、洗顔を済ませたのち、商品のマットレスで45分間の睡眠をとることができます。

マットレスや寝具類を扱っているD2Cブランドは他にもありますが、ここまでのユニークな体験をさせてくれるブランドはそうはありません。

マットレスを売るには実際に眠ってもらうのが一番と分かってはいても、ここまでやりきることはなかなかできないのです。

これは、類似商品を取り扱うブランドとの明確な差別化となる好事例と言えます。

この良質でユニークな商品体験により、Casperはブランドの世界観を消費者に強く印象付け、多くの消費者を取り込むことに成功しています。

日本のD2Cブランドがこのような取り組みをするのは難しいことではありますが、実店舗において世界観を伝え、良質な商品体験をしてもらうと言う点においては、参考にすべき事例です。

まとめ

現在のD2Cでは、この実店舗における世界観の追求が重要となっています。

そして、この実店舗において作り上げられた世界観をインターネット上にフィードバックし、ブランドの価値を高めていくのです。

つまり、実店舗で世界観を体験してもらい、インターネットを利用してそれを購入してもらうのです。

そして、商品を購入した消費者は、実生活においてその商品を体験し、それをSNSを利用して他者と共有するのです。

これにより、D2Cブランドは、さらに多くの消費者を取り込むことが可能となるのです。

まずは気軽に問合せ